小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木2】少しでも次に

2019/09.7

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は木曜日後半レッスンの模様を報告します!

先生はあさみ先生。
では、あさみ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは。あさみ先生です。

私は今回、Mくん(小学5年生)を担当しました。

Mくんの今回の課題は、スクラッチで『マッチで火をおこす』と『紙ずもう』でした。

前回は、マッチ棒を擦ったら火が付くようにする処理の修正途中で終わっていたので、今回はその修正から行いました。

始まってから、少したち・・・

修正ができたというので確認したところ、まだうまく燃えるようにできていませんでした。
この確認をしているときに違う部分の処理もできていないことに気づき・・・

あ「今気づいたんだけど、マッチ箱をクリックしたら箱が開くのと同時にマッチ棒をカーソルに表示してるよね。」
M「うん。」
あ「でも問題って、箱が開いているときにクリックしたら、マッチ棒をカーソルに表示するようにしなくちゃいけないよね?」
M「あー、そっか!」

と修正箇所が増えてしまいましたが、嫌がらず修正に取り掛かってくれました。

マッチ箱が開いているときだけ、クリックするとマッチ棒を表示するようにするために、変数を使って「変数が偶数か奇数か」で箱が開いているか閉まっているかを判断するようにしていました。

箱を開け閉めするたびに変数を1増やし、マッチ箱をクリックしたとき「変数を2で割った余りが0」ならマッチ棒を表示する
という処理の流れになります。

次に、始めの修正箇所に戻り、再度「マッチを擦ったら火が付く」という処理に取り組みました。

前回同様、確認・修正を何度か繰り返しましたがうまくいかず、
右から左に擦ったときは火が付きましたが、左から右に擦ったときは火が付きませんでした。

なので、どこの処理がうまくできていないのか把握するために、処理の流れを紙に書きだして確認することにしました。

(この時は、擦る部分の右端と左端にしるしとして「|」このような線を置き、
「もし~なら」「マウスのポインターに触れた」「メッセージを送る・受け取る」というブロックを使い、線がマッチ棒に触れたらという形で両方の線に触れたら火がつくような処理になっています。)

右から左:線1が触れたら線2にメッセージ → 線2がメッセージを受け取ったらマッチが燃える → 5秒たったら火が消える
左から右:線3が触れたら線4にメッセージ → 線4がメッセージを受け取ったら5秒待って火をつける → 火を消す

という処理の流れになっていました。

左から右に擦ったときうまくいかなかった原因は、火をつける処理と火を消す処理の間に時間がなかったので、
一瞬で火が消え火が付いたようには見えなかったということを確認し、修正してもらいました。

出来たようなので再度確認しましたがうまく動きませんでした。
一緒に確認しましたが

あ「流れは同じそうだよね。」
M「同じです。」
M「…。」
M「あっ!これだ!」

とメッセージを変更していました。
ほとんど同じメッセージ名があり、送るメッセージを間違えていて出来なかったようです。私たちのお仕事でも名前を付けるのがすごく重要で、似たような名前にしてしまうと混乱してしまうため、適切な名前を付けるようよく言われます。
スクラッチでも思うがまま名前を付けてしまうと今回のMくんのように間違ってしまうことも。

さて、修正に時間がかかってしまいましたが、無事両方から擦っても火が付くようになり『『マッチで火をおこす』の課題が終了しました。

時間があと少ししかありませんでしたが

あ「あと少ししか時間ないけどどうする?」
あ「次の課題入る?」
M「はい。少しだけでも進めたい。」

とのことだったので、次の課題『紙ずもう』に入りました。

まず、キャラクターの画像二つと土俵の画像を用意してもらい、
スペースキーを押したら二つのキャラクターが土俵の上でランダムに前後に動くようにしてもらいます。

「スペースキーを押したら」という処理が抜けていましたが、ランダムはうまく組み合わせて動くようにしていました。
今回はここで時間が来てしまい終了となりました。

今回も集中して黙々と進めていました。
『紙ずもう』の課題も次回終わりそうなので、どんどん進めていきましょう!

今回の私の報告は以上になります。

あさみ先生ありがとうございました。
タブレットでのプログラミングでもキャラクターの名前を付けるのですが、そこも適切な名前をなるだけ考えてもらうようにしています。
Mくんも名前って重要なんだよってところに気付いてくれるとうれしいな。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)