荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】 赤、黄色、青、ん?その順番あってる?

2019/10.4

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は木曜日前半のレッスンを報告します!

先生は池ちゃん先生です。
生徒さんはTくん(2年生)、Yくん(2年生)、Hくん(2年生)、Hくん(中学2年生)と2年生(?)が4人でした。
では、レポートスタートです。

まずはTくん(2年生)
今回はScratchで九九を出題するプログラムを作ります。

2年生なので、まだ学校で九九を習っていないらしく、
Y「かけるって何?」

という話に。
でもお家でちょっと九九を覚えているようで
Y「いんいちがいちってヤツ?」
池「それそれ!」

九九のために、数字の画像と×と=の記号を用意します。
画像の用意が出来たら次は問題を出すためにプログラムを作ります。

池「乱数ってどうやって使う?」
T「らんすうって書いてあるのを使って、変数を使う」
池「おっ、覚えているじゃん」

乱数で1から9までの数値を変数に入れます。
ここまではいい感じだったのですが、問題を出すところが・・・

○×△=?

という文章が組み立てられず、先に進めない状況に。

池「前に「○○進むぜ~」ってプログラム作らなかった?」

そう、実は以前の練習問題で何度か作ったことがあったのです。
前に作ったプログラムを見ながら、無事問題を出すところが完成。

次回は答えを入力してもらって、答え合わせするところだね。頑張ってね。

次はYくん(2年生)

Yくんは、Scratchで信号機を作ります。

まずは信号機の画像の準備から。
青の信号、黄色の信号、赤の信号を集めて、信号の周りを綺麗に消し消し。

画像が用意できたところで、
Y「先生、用意できたけどどうするの?」
池「信号ってどんな順番で変わるの?」
Y「う~ん、赤、黄色、青」
池「ん?ホントに?信号機見てくる?」
Y「違った、青、黄色、赤だ」

Yくん大丈夫か?信号機の順番は道を歩くのに重要な気がするが・・・

Y「できた!」
池「それはダメじゃ無い?だって、早く変わりすぎて、ずっと黄色じゃん」
信号機がパタパタ切り替わるようにしてくれたのですが、すごい勢いで変わっていくので、同じ色がずっと見える感じに

Y「できた!」
池「今度はちゃんと見えるね。」

と無事1つの信号が完成。
今度は信号機を2つにして、交差点のように切り替えます。
ところが、

Y「できた」
池「これじゃ、交通事故だよ。両方とも信号黄色じゃん。」

それを見ていたHくん(2年生)が大ウケ。

Y「そんなのうまくいかないよ~」
池「何も変えてないじゃん。信号が青の時は何色?」

と順番に聞いていったのですが、ここでイライラがMAX
ガチャガチャとマウスやキーボードを操作して

Y「消えた。何もしていないのに~。先生戻してよ~」
池「消しちゃダメだよ。先生にも戻せないんだから。」
Y「えぇ~」

とせっかく出来ていたのに、やり直しに。

今回やったことを思い出せれば出来るよ。次回頑張れ!

次はHくん(2年生)
Scratchで磁石を作ります。
磁石と鉛筆や空き缶など、磁石にくっつくものと、くっつかないものの画像が用意できていたので、あとはくっつけるところ。

H「磁石をマウスに合わせて動かすってどうすればいいの?マウスが付いているブロックを出してみた。どれ使うの?」
池「いいところついたね。でもおしい。ここに無いな。マウスって書いていないんだけど、このブロック。ちょっと矢印を押してみて」
H「あっ、これ?」
池「そう。ほら、これをこうすると、マウスに磁石が移動するよ。」
H「移動した」
池「でもこれだと1回だけでしょ?ずっとくっつくにはどうしたらいい?」
H「ん~。ずっとを使えばいいのか。」

無事マウスと磁石が一体に。ここまで来れば後はくっつくものにプログラムを入れて行くだけ。
あっという間に磁石のプログラムは完成してしまいました。

時間がまだあったので、次の課題に。
今度はクレーンゲームを作ります。
そのための画像を用意しているところで、タイムアップ。
次回はプログラムが入って動くかな。

最後はHくん(中学2年生)
ファイルから数値を読み取って、奇数だけ別のファイルに保存するというプログラムを作ります。


以前やったことのある読み込みと書き込み、そして、奇数の判断を組み合わせて行きます。

H「出来たよ」
池「ちょっとプログラム見せて。うん、ちゃんと順番もあっているね。OK!」

かなりアプリを作り慣れてきて、以前作ったことがあるもの組み合わせが上手になっています。

これで次のランクに。

関数(手順を分ける感じ)の練習をしていたのですが、
H「なんで関数使うの?」
池「いろんなところで使えるようにだよ。今回の練習だと、プログラムを分けようって感じだったけど、もっと練習すると、一回作ったプログラムをコピーして使えるように関数が作れるようになるんだ。」
H「あぁ、そういうことか。分かった。」

さすがHくん。理解が早い。
次回も関数の練習頑張れ!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)