小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火2】やり方が見えている!

2020/06.26

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は火曜後半のレッスン模様を報告します!

本日の先生はささい先生。
参加してくれた生徒さんは、 Sくん(中1)でした。

では、ささい先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、ささい先生です。
さっそく報告をスタートしていきます。

ロジカルコースのSくん、本日は
前回に引続き「ルーレット」です。

前回は、アタリとハズレの2パターンで結果を出してくれました。

ラストは応用問題。
16コの数字で、コメントをそれぞれ変えていきます。

さ「今日は16個の数字ごとにコメントを変えていくようにしてみよう。」
S「はい。」
さ「ちなみに前回は、アタリとハズレをどうやったかな?」
S「えっと、色によってそれぞれの結果を変えてました。」
さ「そうだったね。今回は、16個の数字だけど、どうやってやろうと考えてるかな?」
S「これも、16色の色で分けて結果をだそうと思います。」
さ「お、すごくいいと思うよ。やってみようか!」

進め方が頭に浮かんでいる様子のSくん。

いいですね!
前回やったことが身についてるように感じます。

さっそくルーレットの色を16コにわけます。

とても綺麗に分けてくれました。

実は今日は一番ここが大変だったようで、
色分けが終わると「ふうー」と
ひと仕事終えたような様子でした。

地味だけど、意外と大変だったね。笑

ここまで出来たらあとは、色によって結果を分けます。

さ「よし、いよいよだね。一度、前回のルーレットが止まったあとを確認してみようか。」
S「はい。」

ルーレットが終わったあと、結果を送り…

それぞれメッセージを分けて結果を表示しました。

さ「うんうん、じゃあ今回はどうする?」
S「えーっと、結果のメッセージを受け取ったら、色ごとに条件分けて、それぞれにメッセージを渡して結果を出します。」
さ「お、これもいいね!進めてみよう!」

Sくん、やることが見えているようで、
とても順調に進めていきます。↓

このように、矢印が触れた色によって
渡すメッセージの種類を変える方法で進めるSくん。

しっかりと流れができています!

あとは残りの部分を完成させていき…
見事、課題クリアです!↓

しっかりと、数字ごとに結果を変えることができました。

今日は、今までやってきたことが
だんだんと身についているなぁと実感した教室でした。
この調子で「出来る!」を一つずつ増やしてみてくださいね。

次回の頑張りにも期待しています!

ささい先生ありがとうございました。
Sくんの挑戦していたルーレットの課題では、生徒さんによっていろいろなルーレットに仕上がります。
マウスを使ってルーレットの絵を描く生徒さんもいれば、ルーレットの画像をダウンロードして、綺麗に加工する生徒さんもいて、千差万別。
Sくんのルーレットは綺麗に仕上がりました。ぜひ動画を見てみてください。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加

   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)