小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】色でマッチに火をつけよう!

2020/07.7

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンの続きを報告します!

生徒はHちゃん(小4)、Tくん(小3)、Mちゃん(小3)、
Kくん(中1)、Aくん(小5)、Hくん(中2)です。

では、あさみ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは。あさみ先生です。
私は今回、Mちゃん(小学3年生)を担当しました。

Mちゃんは今回、スクラッチ問題集の「条件の付け方」の課題に取り組みました。

開始ボタンを押したら、「ボールを投げてね!どこに投げる?」と質問が表示され、答え(「右」か「左」)とスプライト(キャラクター)の位置によって2パターンの結果が表示されます。パターンは以下の通り。

1.答えが「右」でスプライトの位置が中央より右側にあるときと、答えが「左」でスプライトの位置が中央より左側にあるときは「キャッチ!」と表示
2.1以外のときは「失敗だあ・・・・・・」と表示


今回の課題では、質問のブロック、条件分岐のブロック、不等号のブロックなどを使う必要がありました。

質問のブロック、条件分岐のブロック、等号のブロックは大丈夫そうだったのですが、不等号のブロックはまだ難しい様子でした。

不等号のブロックはスプライトの位置を判断するために使用するので、

あ「左右の位置を変えるのはx座標だっけ? y座標だっけ?」
あ「真ん中は何のときだっけ?」

と一つずつ実際に動かしながら、先生と一緒に確認をして進めました。
「右」と入力し、スプライトが右側にあるときと間違っているときの表示まで終了することが出来ました。

久しぶりだったのでなかなかスムーズに進まず疲れてしまったみたいでしたが、「左」のときの条件を追加したら終了ですので、次回も復習しながら少しずつ進めていきましょう!

あさみ先生ありがとうございました。Mちゃんは現在の位置(座標)とユーザーの入力が一致したら「キャッチする」キャッチボールアプリに挑戦。
座標ともしブロックの組み合わせなので、難しいところなのですが、先生と確認しながら組み立てて、残りわずかのところまで出来ました。あと少しなので、この調子で進めていこうね。

次はまなちゃん先生です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは、まなちゃん先生です!
今回はHちゃん(小4)とTくん(小3)を担当しました。

まずはTくんから!
前回に引き続き、3本先取のジャンケンゲームを作る課題です。

キャラクターがどの手を出すかランダムで決めるところまで完成していたので、
今回はTくんがどの手を出すのか入力し、勝ち負けを判定するところからです。

キャラクターがグーを出した場合に入力した手が
グーならあいこ
チョキなら負け
パーなら勝ち

キャラクターがチョキを出した場合に入力した手が
グーなら勝ち
チョキならあいこ
パーなら負け……

という具合に、「もしも」の文をたくさん使います。
すべての選択肢を網羅することと、「もしも」の文の中にさらに「もしも」の文を入れ込むところが今回のヤマです。


「今日は、ジャンケンゲームができるようにしよう!」
と伝えると、漠然としていてどこから着手していいかわからない様子のTくん。

上に書いたような、
「もしも」相手がグーを出した場合に「もしも」こちらがパーを出したら…
という説明をすると、
「こうかな?」
と、もしもの文同士を組み合わせることに気付いてくれました。

その後も、次はなにがしたいのかを明確にすると、
しっかり考えて処理を組み合わせ、一歩一歩着実に進めることができました。

キャラクターがグーを出した場合の処理が完璧になったところでタイムアップ!

残りはチョキとパーの場合ですが、
グーの場合と考え方は同じなので、次回でジャンケンゲームができるようになるのではないでしょうか。

今回のTくん、楽しみながら問題に取り組んでくれた様子が印象的でした!
次回もこの調子で頑張ろう!

お次はHちゃんです。

久しぶりに参加したHちゃん。かなり前になりますが、前回に引き続き、マッチに火をつける課題です。
「マッチ箱の側面をマッチで素早く擦ったら、マッチが燃えるようにしましょう」
というのが問題文です。ここが結構難関なのです…

Hちゃんが前回までに作ってくれた作品を見ると、
マッチ箱の側面を塗っている「赤色」にマッチが触れたら燃えるという処理になっていました。
色も条件として使えるなんて、面白いですよね。

しかしこれでは、「素早く擦ると」の部分を達成できていません。
マッチの側面は赤一色なので、このまま色で条件付けをすると、
「素早く」「擦る(側面を一定距離移動する)」という行動の判定がなかなかに難しいです。

「この方法じゃダメだー」
と何通りも試し、試行錯誤した末に出来上がった絵がこちら。

マッチ箱の側面の、右端、中心、左端の赤色がそれぞれ少しずつ違うことがわかるでしょうか。

マッチが左端の色に触れてから、2秒以内に右端の色に触れた場合に火がつくようにして、
「素早く擦ると火がつく」状態を作り上げることができました。

Hちゃん、行き詰まりながらも、めげずに最後まで頑張ってくれました!

時間が来たので、今回はここまで。
残るは「しばらく時間が経つと火が消える」部分です。

いちばん難しいところは今回クリアできたので、
次回でマッチの課題は終えられるはず!もう一息、がんばろう!

まなちゃん先生ありがとうございました。
Tくんのじゃんけんゲームはたくさんのもしブロックで大人でも混乱してしまう箇所です。人間が出した手とコンピューターの手の組み合わせを考えながら、進めてくれたTくんでしたが、この調子で完成まで進めていこうね。
久々のHちゃん。忘れてしまって、立ち上がりに時間がかかるかな?と思っていたのですが、ブランクを感じさせない良い発想からのプログラミングでした。マッチ棒最大の難関素早く擦ると火が付くが再現できたので、もう少しで課題も終わりかな。あっ、次回は右端から左端でも火が付くようにしてもらうところもあるね。忘れずに!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)