小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木2】変数の役割

2020/09.13

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜後半のレッスンを報告します!
本日の先生はのり先生、たくちゃん先生。
生徒さんはTくん(小3)、Kくん(小1)でした。
では、のり先生よろしくお願いいたします。

のり先生です。
ではまず、Tくん(小3)から。

繰り返しをテーマにした問題に取り組んでいたTくん。前回の続きからサクサク進んでいました。
キャラクターの位置を判定し、隅に近いか遠いかを答える問題では、キャラクターの見た目を変えるなどして遊びながらもきちんと問題を解いていて、さすがです。


テキストとそこに書いてあるヒントだけでスムーズに問題を解いてしまうTくん。1問につき10分ほどで「できました~!」と声をかけてくれます。
キャラクターの位置を繰り返し変える問題では、解き終わって確認する際に

T「まずこのボタンを押すでしょ、次にx座標を180にして右に行って…」

とプログラムの説明まで出来ていました!しっかり理解できているようですね(^^)

最後に取り掛かったのは繰り返しのブロックを組み合わせてずっとキャラクターを動かす問題。左右に動く範囲を決め、実行ボタンを押したらずっとその範囲内を行き来するプログラムです。これまでの問題より少し条件をつくるのが複雑になっています。
座標の条件などは前にやった問題の要領ですいすい設定できていました!
右に移動まではできたものの、左に戻るところで時間になってしまいました。
「もし~なら」の条件まではできていそうだったので、繰り返しブロックとどう組み合わせるかですぐできそうです。

集中力が素晴らしいTくん。次回もこの調子で進めていきましょう!

次はKくん。

今回は、変数を使った問題に取り組みました。

キャラクターに二つのランダムな数字と、その合計を言わせる問題では、乱数を作ったり、どの動きをさせるのかなどのブロックはスムーズに組み立てられていたものの、変数をどのように使うかが難しかったようでした。今まで数字を直接指定する問題だったので、なかなかイメージしづらいかもしれません。

K「わからない~」
の「もうすでに乱数は作れているね。この乱数をもう一度使うから、変数の中に保存しておこうか」
K「どうすればいいの?」
の「この『変数を作る』ってところで、名前をつけて変数を作って、この変数をさっき作った乱数とおいておくと保存するってことになるよ」
K「あとはこれくっつけるのかな?」

合計まで計算できて完成です。


なんとなくですが、変数を使うと保存されるということは知ってもらえたようです。

変数はこれからの問題でもよく出るものなので、何度も使ううちにどういうものか理解できると良いですね。真面目に問題に取り組めるKくんなので、すぐにつかめると思います!次もがんばろうね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)