小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】長さが違う?

2021/05.3

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
のり先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜のレッスンを報告します!
※2本立ての2本目です。

先生はたくちゃん先生とのり先生。
生徒はHちゃん(小5)とHくん(中3)、Rくん(小5)、Mちゃん(小4)、Hくん(中1)でした。

私はRくん(小5)、Mちゃん(小4)、Hくん(中1)を担当しました。
それではレポートスタートです。

まずはHくん(中1)です。

修了試験に入ったばかりのHくん。前回はほかの人のプログラムを見て、どういうプロジェクトにするのか参考にした様子。試験ではトランプを使ったゲームを作成するのですが、Hくんから提案が。

H「自分で考えたトランプゲームを作ってもいいですか?」
の「修了試験で必須な項目として『リストを使う』というのがあるんだけど…。」
H「リストも使う感じです。」

ひとまずどういうゲームかを整理することに。

H「最初はトランプでランダムな1枚を引いて、それによってキャラクターが技を出すか出さないかが決まるバトル要素のあるゲームにします。」

カードを引いた後は人間側のキャラクターが剣を振りかざすムーブを付けます。その後、再びカードを引いて出す技の強さを決めるようにするみたいです。
今まで問題集や個別課題で作ってきたものが使えそうですね。

作りながらだったので、序盤の動きを軽く組み立てて終了となりました。
オリジナルなので、途中で予定した動きと変更するなどがあります。今回はまだ手を付けられませんでしたが、リストをどう活かすか、ゲームに勝った時・負けた時の処理をどうするかなど、メモをしっかり取りながら進めていけるといいですね。

つづいてRくんです。
前半のタイピングでは、漢字などへの変換も含めたコースに挑戦。いい調子で進められていました。

スクラッチでは修了試験のババ抜きに取り組みました。
前回、カードを配った動きに修正があったということでその続きをやりました。

R「捨て札のリストと持ち札のリストに同じカードがあるのに消えないんですが…。」

ということで、カードを削除する処理を見てみました。繰り返しの中で、「『持ち札リストのA番目』と『捨て札リストのB番目』が同じなら」で比較をしているのですが…。

の「この変数Aには捨て札リストの長さ(リストの要素数)、Bには持ち札リストの長さが入っているんだよね。例えば、捨て札リストの長さが5で持ち札リストの長さが3だったとき、何かおかしくないかな?」
R「う~ん…。」

スクラッチ上には、リストの中身が表示されるのでそちらを比べてみると…。

R「あ、要素が3しかない持ち札リストの5番目を見ても何もないのかな」

その通りです!リストと変数がたくさんあるので気づきにくいですが、よく見てみるとつじつまが合わないですよね。その後は変数やメッセージを作る際はその名前に気を付けて(何のための変数、メッセージかを考えて)名付けていました。

大まかにできたところでタイムアップ!次回は捨て札リストを作ったときの処理を見直して、不具合の原因を探ってみましょう。

最後はMちゃん。

スクラッチの問題集の最終問題に突入しました!

今回ポイントになったのは座標を使った移動です。
まず、矢印キーを押したときに自分のキャラクターをその矢印方向に動くようにします。

の「まったく同じプログラムを前に作ったことがあるけど覚えているかな?」
M「う~ん…。」

復習がてら軽く座標の説明をしたあと、イベントブロックと合わせて動きをつくりました。
続いて、敵の動きです。画面右端にまず1体用意し、数秒ごとにクローンを作りランダムな縦の位置に表示させます。

の「さっき『y座標を○ずつ変える』のブロックで、キャラクターを上下に動かしたよね。今度は『y座標を○にする』のブロックを使うよ。」

すると、○部分を毎回入力して位置を動かすようにしていました。

の「1~10から、適当な1個を選ぶときってどのブロック使ったかな?」
M「乱数?」
の「そうそう!さっきのブロックの○部分にその乱数を当てはめると、毎回バラバラな位置に敵が現れるようになるよ。」

その後、敵を左端(自分のキャラクターがいる方向)に向かって動くようにすると敵の動きの基本ができました!座標やマイナスの数字を使うので、少し難しかった様子ですが、乱数の調整などをすることでなんとなくわかったかも?

次回も座標を使うので、覚えていてね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)