小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【日】前回の内容をうまく使えたよ!

2021/09.4

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
たくちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は日曜日のレッスンを報告します!

生徒はRくん(中1)とHくん(小4)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはRくんの報告から。


Rくんはアドバンスコース。
今回もUnityの使い方の勉強を進めていきます。


今回の内容は、前回のブログの最後にもお伝えしたように、
『当たり判定』について勉強します。


Scratchでは、「クレーンゲーム」を作成するときに、
当たり判定用の画像を使用しましたが、
Unityでは当たり判定用のオブジェクトなどは用意せず、
リアリティを出すために各オブジェクトに当たり判定をつけます。

Scratchのときに使った当たり判定


とは言っても、Scratchのように新しくオブジェクトを用意するのではなく、
オブジェクト同士がぶつかったときに発生する『OnCollisionEnter』というイベントがあるので、
そのイベントをプログラムに追加します。


今回はこの当たり判定を使って、
オブジェクトがぶつかったときに色が変化するようにしました。


その後は、当たり判定を使った応用問題に挑戦します。
先ほどの内容ではオブジェクトがぶつかると1色にしか変化しませんでしたが、
応用問題ではぶつかった回数に応じてさまざまな色に変化するようにします。


一見、難しそうに見える内容ですが、Rくんはすでにこの方法を知っています。
というのも、前回作成したプログラムも今回と同じように色を変化させるという内容でした。
そのため、前回のプログラムを参考にして、ぶつかった回数を数える変数を使う方法や、
変数に応じて色を変える方法を真似して見事作成することが出来ました!


次回はUnityの使い方の最後の内容の『演出の付け方』について勉強していきます。

つぎはHくんの報告です。


Hくんはロジカルコース。
現在は『リスト』の勉強を進めています。
前回のレッスンで、Hくんから「変数の復習をしたい」という要望があったので、
今回は変数の復習を行いました。


復習では、キーボードで入力した数字を変数に入れて、
2つ入力を終えた後に足し算やかけ算の答えを表示するという内容や、
くり返しと合わせて使ってかけ算九九を表示したりしました。


くり返しと合わせて使う方法に少し戸惑っていたHくんですが、
説明を聞きながら作成をしてくれました。


最後にはロジカルコース最初の課題の『車』を作成しました。
基本的な矢印キーを押すと車が移動するという部分では
変数を使う機会はないのですが、応用問題の
「だんだんと移動するスピードが速くなる」
という機能で変数を使用します。


今回のレッスンでは応用問題までできませんでしたが、
矢印キーを押すと一定の速度で移動するという機能はすぐに作り終えることが出来ました。
次回は車の応用問題に挑戦します!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)