小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】拍手!!

2021/10.30

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
あさみ先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は木曜前半のレッスンを報告します!

生徒はHくん(高1)、Rくん(小5)、Mちゃん(小4)、Yくん(小3)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはHくん。
Hくんは前回に引き続き、Visual Studioの『成績管理システム』に取り組んでもらいました。

Hくんは前回、登録・更新・削除の作成まで完成していたと思ったのですが、今回動かしてみると更新がうまくいかず、登録の処理も削除をした後だとうまくいかないようでした。

登録機能がうまく動かない原因は、登録の際にDELETEDの指定をしていないことでした。
エラー内容にもDELETEDが原因と出ていたのですが、Hくんは最初のほうはウトウトしていて、先生が他の子のところにいると睡魔に負けてしまっていました。
何度も声をかけて何とか原因を把握して修正することが出来ました。

もう1つの更新機能がうまく動かない原因は、更新の際の条件にDBのIDではなくlistViewで選択された行の番号を使っていることでした。
この間違いはたくさんの人が間違える部分なのですが、ホワイトボードを使ってDB、listView、Listそれぞれのデータと関連を把握して修正に取り組んでもらいました。

修正をした後に動作確認をしてみると、今度は削除もうまくいかなくなってしまいました。

レッスンの時間も残りわずかだったので、いったん削除機能だけ確認をし、どこがうまくいっていない原因なのかを共有しました。
うまくいっていない原因としては、DBの削除フラグを更新する際の条件をIDではなく名前にしてしまっていることと、DBを更新し終わった後の表示のし直しの際にListViewのデータだけを更新していてListの更新が出来ていないことでした。
今回は、ここで時間がきてしまい終了となりました。

Hくんは後半のレッスンにも参加しているので、後半の報告も確認してみてください。
うまく動くようになったかな?
Hくんはどこに何を書いてあったのかを探すのに時間がかかってしまうのでコメントを書くようにすると良いと思います。

次はRくん。
Rくんは前回に引き続き、Unityの『ドミノ倒し』に取り組んでもらいました。

今回もブロックを増やして並べていく作業です。

R「今いくつ並べたんだろー。これ数えるのめんどくさいよね。」
R「この後どうしようかなー。」

といろいろと悩みながら少しずつ取り組んでくれていました。

まず、前回の続きをどうつなげていくかを考えていました。
続きにずーっと直線でつなげていくと、床から落ちてしまいます。

あ「その続きはどうするの?」
R「うーん。直線がいいけど限界があるからなー。」
あ「そうだね。どっかで曲がらないと。」
R「でもカーブはめんどくさいんだよね。」

と渋々カーブを作成していました。

R「先生。出来たよー。」
あ「どれ?」
(確認中)
あ「おっ!スムーズに倒れてるね。完璧!」

と綺麗にカーブしており、動作確認を見ていた他の子も拍手をしていました。
その後は、途中途中スクラッチを挟んで休憩をしながら直線とカーブを作成していきました。

最後に作成したカーブは始め、先生に見せてくれたときにはうまく倒れていなかったのですが、修正をしてしっかり最後まで倒れるように出来ていました。
最後は自分でも拍手をしていました。

次回も、ブロックの配置です。
次回は直線とカーブ以外に何か作るかな?

次はMちゃん。
Mちゃんは今回、スクラッチの使い方の新しい部分『繰り返しのやり方』に取り組んでもらいました。

Mちゃんは始めなかなかやる気が湧いてこなかったようで、スクラッチの他の課題で遊んでいましたが、遊んでいる間に少しずつ

あ「今回は、新しく繰り返しのブロックを覚えていこう!まず1つ目は「ずっと」!」
M(「ずっと」の繰り返しと「どこかの場所へ行く」のブロックを組み合わせて実行)
あ「お!そうだね。ずっとの中に置いたブロックを何度も行うんだよね。」
あ「「ずっと」は使ったことあるの?」
M(他の課題を開いて見せてくれる。)
あ「おー!たくさん使ってるね!」
M「アハハハハ。」

といろいろなどうぶつがいろいろな所に飛ばされているプロジェクトを楽しそうに見せてくれました。
他の「〇回繰り返す」「〇まで繰り返す」は使ったことがなかったようだったので、その2つについて説明をして、下記のようにそれぞれのブロックを使って動きの確認をしました。

Mちゃんはやる気が出なかったときなどに、いろいろなブロックを使って遊んでいたので、繰り返しの使い方はスムーズに覚えてくれました。
今回はそれぞれのブロックの使い方を説明し、使ってみたところで終了となりました。

次回は実際に繰り返しのブロックを使う課題に取り組んでいきましょう!

最後はYくん。
Yくんは今回、スクラッチ問題集の『条件の付け方』に取り組んでもらいました。
今回の課題は、スプライトがx座標, y座標それぞれ指定の範囲内にあるときと、それ以外のときで表示内容を変えるというものです。

あ「まず問題を確認しよ。」
Y「…。(確認中)難しそう。」
あ「じゃあ、先に表示のブロックを用意しちゃう?」
Y「うん。」
(用意中)
Y「先生。出来たよー。」
あ「おっ!もしブロックも用意できてるね。あってるよ!じゃあ、どっちの表示がどっちに入るかな?」
Y「これがこっち!」
あ「ほんとに?」
Y「うん。あってるよ。」
あ「そうだね。あってる!準備完了だね!」

と「もし〇〇なら~でなければ~」のブロックの使い方をしっかり覚えてくれていました!

あ「あとは条件に何を入れるかだけど、問題にはx座標とy座標の2つの範囲が書かれてたけど、まずはx座標から考えていこうか。」
Y「はーい。」

と条件に入れるブロックに「=」を選んできてくれたのですが、今回はどこからどこまでの間なので「>」もしくは「<」を使う必要があります。
それぞれのブロックの使い方の復習をしながら組み立てていき、今回の課題を完成させることが出来ました!

完成したものがこちらになります。

次回もまた新しい課題です。
少しずつ覚えてきたブロックも増えてきているので、この調子で進めていきましょう!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)