小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】どうして『Y』なの?

2021/12.1

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
たくちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンを報告します!
※2本立ての2本目です。

先生はのり先生とたくちゃん先生
生徒はRくん(小5)とOくん(小6)、Tくん(小4)、Hくん(小4)、Hちゃん(小5)、Hくん(中2)でした。

私はHくん(小4)、Hちゃん、Hくん(中2)を担当しました。

それでは、レポートスタートです。


まずはHくん(小4)の報告です。


Hくんはロジカルコース。
前回に引き続き『シューティングゲーム』を作成します。
今回は、前回作成していた、文字のスプライト「T」が右から左に移動するプログラムを作成し、
キーボードのzが押されたときに「T」を撃ち落とす弾を発射するようにします。


まずは「T」が移動するようにプログラムを変更します。
移動するために必要なブロックはすでにそろえられていたので、
あとはどこまで移動させるのかを決めてこれまで学習してきた内容を使って実装したり、
移動が終わったら消すにはどうやるのかということを覚えながら作っていきました。


「T」の移動ができた後は、「T」を撃ち落とすための弾を用意します。
今回Hくんが用意した弾は「Y」という文字のスプライトでした。
なぜ「Y」にしたのか理由を聞いてみると、
「YはTに似ていたから。」
とのことでした。
たしかにスクラッチの「T」と「Y」は似ている気がしますね。笑


こちらもこれまで習ってきた内容や、「T」の時に使い方を覚えた『クローン』を使って
キーボードの「z」を押したときの動きを作ることができました!


そして、本日完成したものがこちら!


あとは「T」と「Y」がぶつかったときに消すことができれば完成だったのですが、
今回はここまでで終了してしまいました。


つぎはHちゃんの報告です。


Hちゃんはアドバンスコース。
現在はUnityを使用して『ピンボール』を作成しています。


今回は、キーボードの「スペースキー」を押して離すと、
玉が上向きに発射されるようにプログラミングしていきます。
こちらのプログラムはテキストに書いてあるので、
まずはテキストのプログラムを写します。
その後、解説を読んでどのようなプログラムが書いてあったかを理解し、
実際に動かして確認します。


H「あれ?発射されない・・・。」
た「ほんとだね。プログラムは間違えてないかな?」
H「ないと思います。」
た「そうだね。じゃあ、プログラムが反映されてないとか?」
H「反映されています。」
た「・・・あ!玉に重力がついてないよ!」
H「あ!なるほど。」


これで、玉が発射できるようになったので、
今度は玉の下にあるバネがスペースキーを押している間は一定の大きさまで縮むようにして、
スペースキーを離すと元の大きさに戻るようにします。


こちらは先ほどとは異なり、プログラムを自分で考えて作成します。
しかし、スペースキーを押したときに処理をする方法や、
大きさを変える方法はこれまでに習ってきているので、
過去の内容を見返しながら作成していきます。


今回はこちらのプログラムを作成したところで終了しました。
次回はバネの大きさ変えた時にちょっとした問題が発生するので、
こちらを解消していきます。


最後はHくん(中2)の報告です。


Hくんもアドバンスコース。
こちらも現在はUnityを使用して『ピンボール』を作成しています。


今回は、前回の最後に作成を進めていた、
バネの位置を調整するプログラムを作成します。


H「うまくいかないなぁ・・・。」
た「ちゃんと大きさを変更した分だけ移動させてる?」
H「はい。上下の大きさを0.1小さくしているので下方向に0.05ずつ移動させてます。」
た「0.1じゃなくて?」
H「はい。上下どちらも大きさが変わるので、0.05ずつ変わってると思うのですが・・・。」
た「たしかに、そうなりそうだけど、Unityでは上下どちらとも0.1ずつ変わるようになっているんだよね。」
H「そうなんですか!?」
(プログラムを修正する)
H「本当だ。できました!」


Hくんの言うように、上下どちらも大きさが変わるのであれば
0.1小さくすると0.05ずつ小さくなりそうですが、
Unityの仕様ではどちらも0.1ずつ小さくなります。
これについては調べてもなかなか出てこなかったので、
今回はこのプログラムに少し時間がかかってしまい、
バネの調整が完成して少ししたらレッスン終了の時間になってしまいました。


次回はボールを打ち返すフリッパーを作成していきます。
新しい要素が出てくるので、しっかり使いこなせるようになっていこうね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加

   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)