小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【日】ネットの情報にご注意!

2021/12.15

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
たくちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は日曜日のレッスンを報告します!

生徒はHくん(小4)とHちゃん(小4)、Rくん(中1)でした。
それでは、レポートスタートです。


まずはHくんの報告から。


Hくんはロジカルコース。
今回も前回に引き続き修了試験の『神経衰弱』を作成していきます。


今回は、カードを2枚めくった後の処理を作成します。
どのような処理かというと、めくったカードの数字が揃ったはそのままにしておき、
めくったカードの数字が異なるときは、めくったカードだけを裏返すようにします。


現在は、めくったカードの数字が揃ったときには裏返らないのですが、
その後にめくったカードの数字が揃わなかったときに、
それまで表向きだったカードも裏返ってしまうようになっています。


た「2枚めくって数字が揃った後の処理はどうする?」
H「数字がそろってたら、表リストに追加するかな。」
た「そうだね。その後はどうなるかな?」
H「また次のカードをめくる?」
た「そう。じゃあ、そのカードが揃わなかったときはどうなるかな?」
H「めくったカードだけが裏返る・・・あれ?」
た「全部裏返っちゃったね。」
H「なんでだろ・・・?」
た「めくったカードが揃っていないときにメッセージを送ってない?」
H「あー!全部のカードに裏返すメッセージを送っちゃってる!」
た「そうだね。じゃあ、どうしたらいいかな?」
H「表リストに入ってたら裏返さない?」
た「正解!じゃあ、作ってみようか。」


ということで、プログラムを少し変更していきます。
Hくんは紙に先ほど話していた処理の流れを書いて、
頭の中を整理してからプログラミングをし始めました。
そして、揃っているカードが裏返らないようにすることができました。


その後、ゲーム開始時にカードをシャッフルして配置する機能を作成していたところで、
レッスン終了の時間になりました。
シャッフルも少し難しい内容ですが、次回で頑張って完成させようね!


つぎはHちゃんの報告です。


Hちゃんはアドバンスコース。
今回は、前回のレッスンで途中まで作成していた『ピンボール』の枠組みの作成からスタートしました。
前回のレッスンである程度作成していたため、今回のレッスンでは不足しているオブジェクトを用意したり、
隙間を埋めたりと微調整をするだけで終了しました。


枠組み作成の後は、ボールがピンボール台の一番下まで落ちてしまったときの処理を作成します。


ボールがピンボール台の一番下まで落ちてしまったときは、
発射台に移動させてもう一度ゲームを開始できるようにします。
ボールを移動させる方法は、前々回のレッスンでバネを下方向に移動させる方法を真似して作成します。


た「移動させる方法は覚えてる?」
H「あまり覚えてないです・・・。」
た「じゃあ、もう一回説明するから、それを参考に作ってみようか。」
H「はい。」
(説明中)
た「どう?できそう?」
H「多分大丈夫です。」


すると、Hちゃんは少し悩むところがありましたが、
無事作成することができました!


その後はオリジナル機能で障害物をたくさん増やしていきます。
今回はこの途中でレッスン終了となりました。


次回は障害物をさらに増やしたり、ピンボール台の左側からもボールを打てるようにしていきます!


最後はRくんの報告です。


Rくんはアドバンスコース。
今回も『ドミノ倒し』を作成します。


前回のレッスンでは、ドミノをうまく倒すことができなかったので、
今回は位置を調整してしっかりとドミノが全て倒れるようにします。
現在の状態は、ドミノ同士の距離が近すぎるため、
次のドミノにうまく力が伝わらずに止まってしまっています。
ですので、並べる→動作確認→並べる→動作確認→・・・
をくり返して、うまく倒れる力を伝えられる距離を探していきます。


ドミノの数がかなり多く、調整に40分ほどかかりましたが、
なんとかすべてのドミノが倒れるようになりました!


その後は、キーボードの矢印キーでカメラを思い通りに動かせるようにします。
Rくんは少しでも手間を減らすために、ネットで見つけたプログラムをそのまま使って動かそうとしていました。
しかし、Rくんがネットで見つけてきたプログラムだと、うまく動かすことができませんでした。


R「先生。これだと動きません!」
た「ほんとだ。エラーが出ちゃってるね。」
R「なんだか、いろいろなキーを使用して動かすプログラムらしく、プログラムを読んでもよく分かりません・・・。」
た「そうだね。これは難しそうだね。」
R「もしかして、自分で作ったほうが早いですか?」
た「そう思うよ。」


ということで、自分でプログラムを書くことにしたRくん。
過去の問題やネットの情報をヒントにしながら作成していましたが、
今回は途中でレッスン終了時間となってしまいました。


次回はこのプログラム作成の続きを行い、
オリジナル機能の作成に入ります!
お楽しみに!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)