荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

小さいうちから自然に「チームワーク」の考え方。

2018/12.29

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
アシスタントのさっちゃんです!

 

前回、マイルールの話をしました。

その続きです~。

 

 

単独行動に見えがちのプログラミングですが、

実は複数人で分業することがほとんど。

分業しているうちの一人が自分勝手な作り方をしてしまうと、

周りの人に大変な迷惑をかけることもあります。

 

具体的にどういうことかと言いますと

たとえばこんな感じ。

 

 

登場人物:うっかりAさん、クールなBさん、まとめ役Cさん

 

A「このコードの書き方、基本と違うけど、まあ動くしいっか♪

(えいやっとプログラムを仕上げる)Bさんできましたよ~♪」

 

B「よーし、待ってたぜ!」

(Aさんのプログラムの続きを見て目が点になるBさん)

 

B「・・・あれ?バグってる。直さなきゃ・・・。

ちょ、Aさん、こんなのここで書いちゃってたら俺の担当のとこで

バグが出そうだって想像しないのかよ。しょうがないな・・・。

(さかのぼってAさんのプログラムを確認する)」

 

B「げ!これ、どう修正したらいいんだ?

ルール無視し過ぎで何が書いてあるかわかんないよ(怒)」

 

C「ねえ、Bさんのとこ、まだできてないの?そこできてないと

先、進めないんだけど~。

 

(Bさんに言われ、現状把握)

 

C「うお、Aさんのとこコードぐちゃぐちゃ。

これじゃ最初から組んだ方が早いよ。Aさん何やってんだよ、もう・・・」

 

(Aさんに戻す)

 

A「すんません!すんません!」

(平謝りしつつやり直し・・・)

 

まあ、これは例え話ですが、

 

Aさんの問題点はやっぱり、

自分が楽だから

という理由でコードを書いてしまい

他の人が見ることを考えていなかったところにあります。

 

「こう書いたら、他の人、わかりにくいかな」

「この書き方だと、修正するとき大変になっちゃうかな」

 

などなど、

自分だけでなく他の人がプログラムを触ることを想定して

プログラミングすることは基本中の基本。

 

そう!

「思いやり」「想像力」が大事ってことなんです!

 

プログラミングって一人で黙々と!のイメージで見られがちですが、

共同作業で進めていくチームワークなんですね。

 

この記事でも同じようなことを書いてましたね、私(笑)。

 

「相手の立場に立って考えなさい」

と子どもに教える場面は多々あると思いますが

小さいうちからその考え方が身に付いていると

大人になってもチームワークが自然に発揮できますよね^^。

 

イフキッズのプロフェッショナルコースでは

見る人がわかりやすいと感じられるプログラム、

つまり相手の立場に立ったプログラムを作ること

(スキルが無いとそれが出来ない)を教えています。

 

知識や技術だけはなく、心も育てられるイフキッズ!

 

 

さて、さっちゃんちの大掃除は

どうなったでしょ~~うか。

 

・・・頑張ります!!

 

 

無料体験授業実施中!

お申込みは、こちらから。
 

LINE@にお友だち登録すると、特典いっぱい!!

友
だち追加

 

お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)