荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

Scratchで簡単なゲームを作ってみよう

2019/03.31

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です。

さて、今回は普段生徒さんがレッスンを受けているScratchについてのお話です。

今回はScratchで作る簡単なゲーム、「ボタン連打競争ゲーム」の作り方をご紹介します。ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。

ゲームのルールはこれだけ。

 ①2人で対戦する。
 ②ボタンを連打して、先にゴールに着いた方が勝ち。
 
まず、①のルールについて。

対戦なので、キャラクターがふたつ必要ですね。

キャラクターは自分で書いてもいいのですが、今回はScratchに最初から用意されているものを使います。 キャラクターを選ぶのには「スプライトを選ぶ」を選択し、好きなキャラクターを選びます。

さて次は、②のルールについて考えます。

「ボタン連打」というのがポイント。
ボタンをずっと押しっぱなしではなくて、1回押すたびに少しずつ動かないといけません。つまり、「ボタンを離さないと次にいかない」となるようにプログラミングします。

「ボタンを離す」というのは、「ボタンを押していない」ということなので…

こんな風に、「ではない」のブロックを使います!

あとはゴール。
「どちらかが画面の端(ゴール)に着いたらその場でストップする!」ようにします。 そうすると端に着いている方が勝ち。端に着いているかどうかを調べるには、「端に触れた」のブロックを使いましょう。

端に触れたらみんなその場に止まらないといけないので、「すべてを止める」のブロックをつなげます。

さあ、これで完成です。
実行してみましょう!

あれ?おかしいですね。
「すべてを止める」としたのに、まだキャラクターが動いてしまいます。
これではどっちが勝ったのか分かりにくいですね。
なぜ「すべてを止める」としているのに動いてしまうのでしょうか?

実は「スペースキーを押されたとき」のブロックを使っているからなんです。
「プログラムを開始するには、緑の旗ブロックを使う。」と覚えている人も多いと思いますが、実は「イベント」にあるブロックは「プログラムを開始する」為のブロックなんです。

「スペースキーが押されたとき」のブロックを使っているので、いったん「すべてを止める」ブロックでプログラムを停止させた後にまたスペースキーを押すと、また新しくプログラムが始まるのでずっと動き続けてしまうんです。


「すべてを止める」でピタっと止めたい場合はこんな風に「調べる」にある「スペースキーが押された」のブロックを使って作ります。

こうするとちゃんとピタッと止まってくれます。


と、ここで見慣れない紫色のブロック「次のコスチュームにする」が出てきましたね。これがあると、キャラクターが走っているように動かすことができます。

詳しくはまた別の回でご説明しますね。

これ、同じようなブロックが2種類あるな、なぜかな?思いませんでした?
使い分けがあるんですね。

さて、完成した作品がこちら。

良かったら一度遊んでみてください!

https://scratch.mit.edu/projects/290717294/editor/

子ども達が大好きな対戦ゲーム。
単純なゲームほど盛り上がりますよね。
ぜひおうちでも一緒に作って、対戦して盛り上がってください!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)