荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

習い事で生まれる親子の新しい関係

2018/12.7

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
広報担当すみれです。

 

みなさん「子どもの習い事」って

親としては見守り応援するってイメージではないですか?

 

わたしも息子が少年野球をやっているのですが

練習や試合があればお弁当作って、励まし応援して…

いちサポート役のような気でいました!

 

 

でも先日そんな私の考えを一新させる話を聞いたので

ぜひご紹介させてください!

 

 

その日はママ友と話をしていたんですが、

そのママは、3人の息子さんがいて

一番上のお子さんは中学2年生なんですが

小さい頃から少林寺を習っていたようです。

 

そして息子さんと同時に初心者のお父さんも一緒に

2人で習い始めて通い詰めた教室。

 

でも中学に入り、「少林寺辞めたい。」と言い

通わなくなってしまったそう。

そんな息子さんを説得するでもなく

理由を聞くこともせず、お父さんはただ

自分ひとりで習い続けたそうです。

 

 

そしてついにお父さんは黒帯を取得しました。

 

 

それを聞いた息子さんは自分より先に

父親が黒帯を取ったことで闘争心に火が付いたのか

また通いだしたそうです!!

(なぜ行かなくなったのかは不明なまま(笑))

 

「おやじには負けない!」なんて言ったそうですよ^^

一緒に通う友人のような、ライバルのような

そんな関係の親子ってなんか素敵ですよね。

 

 

思春期って個人差はあるけど、ほとんどの子が通る成長過程ですよね。

なにかに反抗したくなる。全てを否定したくなる。

すんなり受け入れたくなくなる。

 

親子の関係もひとそれぞれですが、

今回の例は、「習い事」が親子の絆を強くしたのだと

感じたエピソードでした。

 

親が子どもに教えてあげられることって

実はあまりないような気がします。

第一子の年齢=親歴 ですからね。

 

だからこそ親も子供と一緒に一から始めてみるのは

すごくワクワクすることかもしれません。

子どものおかげで今まで知らなかった

新しい世界を見るのは、自分にとっても価値のあることですよね。

 

 

イフキッズにはおとなクラスもあります!

もし子どもと一緒に始めてみたいなと

興味があるかたはぜひ一度親子で体験教室に

いらしてくださいね!

 

 

無料体験授業実施中!

お申込みは、こちらから。
 

LINE@にお友だち登録すると、特典いっぱい!!

友
だち追加

 

お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)