小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火2】繰り返し使う?

2020/12.17

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は火曜後半のレッスン模様を報告します!
※二本立ての一本目です。

先生は前半に続いて、よしだ先生とのり先生。

生徒さんはKちゃん(小3)、Gくん(小5)、Jくん(中1)、Sくん(中1)、Mちゃん(小4)でした。

それでは一本目、よしだ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、よしだ先生です。

今回私はKちゃん(小3)、Gくん(小5)、Jくん(中1)を担当しました。

それでは早速スタートです。

まずはKちゃん。

ロジカルコースのKちゃん、前回に引き続き掛け算九九の問題を進めていきます。
前回ランダムな問題を作るために乱数を使って数字を二つ表示させたKちゃん。しかし二つの数字が同じ位置に表示されてしまいました。

今回は二つの数字を正しく表示させて問題の表示が出来るようにしましょう!

まずは一緒にプログラムを見直していきます。
表示する数字を決める乱数を何度を使ってしまっている部分を前回直したのですが、いくつか修正が終わっていませんでした。
乱数は最初に表示する数字を決める時だけ使って後は消してしまいましょう!

さて、肝心の数字の表示位置が同じになってしまう問題は、数字をクローンして表示する際に座標を指定しているのですが、その時に二つ目の座標を指定していなかったのが原因のようです。

Kちゃんにはもう一つの座標を指定して表示するブロックを作ってもらいました。

これで数字を別々の座標に表示できるようになります。

あとは乱数で用意した数字ごとに絵を呼び出すブロックを作って完成です!

これで問題を作ることが出来ましたね。

しかし、Kちゃんは今回の処理を上手く理解できなかったようです。
作業の量が多く、説明が少し駆け足になってしまったのが原因ですね。
ごめんなさい。今回作ってくれた部分は次回もう一度詳しく説明させてください。

今回はここまでです。
次回は今回の復習から始めていきますのでよろしくお願いします!

次はGくん。

Gくんは今回から新しく紙相撲の作成課題に取り組んでもらいます。
まずは画像を用意して二人の力士をランダムに動かせるようにしましょう!

Gくんはなんと力士の画像ではなく戦車の画像を用意してくれました。
この画像で今回の課題に取り組むようです。

画像が用意出来たらブロックの組み立てに入ります。

Gくんは課題の指定どうりスペースキーを押した時に二つの戦車がランダムに前後に動くようにしてくれました。
さらに、土俵から出たらストップとメッセージを表示するようにブロックが組まれています。

土俵の端にある赤い二つの点を用意して、この点に戦車が触れたら場外ということですね。

画像の用意と基本的な動きを作ったところで今回はタイムアップ。
次回は勝敗を判定できるようにして課題を進めていきましょう。

次回もよろしくお願いします。

最後はJくん。

プロフェッショナルコースのJくん、前回に引き続きソート(並び替え)と表示の問題を進めていきます。

前回、一つの科目の成績順にデータを並び替えて表示させることが出来たJくん。
今回は国語、数学、英語の三つの成績ごとにそれぞれ並び替えて表示する問題です。

前回のプログラムを参考に国語の並び替えをするプログラムを作成するJくんですが、最後の一人だけ並び替えが適用されませんでした。

Jくんは並べ替えの実行回数を一回減らしてもう一度確認。
今度は二人のデータが並び替えられませんでした。

J「つまり回数を逆に増やせばいいのかな?」

二回の並べ替え失敗の結果からそう予想するJくん。
実際に回数を増やしてもう一度挑戦!
今度は上手く全員のデータが成績順になっていました。

少ないテストで問題個所に予想を付けて、見事修正できましたね。
この調子で残り二つの科目も並び替えて表示したいところ。
しかし、また似たようなプログラムを書くのは面倒です。

そんな時はプログラムを「メソッド」にして繰り返し使えるようにしましょう!
今作ったプログラムをコピーしてメソッドにしようとしたところで今回はタイムアップ!
続きは次回やりましょう。

問題もどんどん複雑になってきましたね。そんな時こそメソッドを活用してプログラムの量を減らしていきましょう。
今回はここまで!お疲れ様でした。

よしだ先生ありがとうございました。
まずはKちゃん。前回から挑戦しているのは九九の問題が出るプログラム。
クローン(プログラムの実行中にコピーしているようなもの)と言われているプログラムを使って組み立てていたのですが、難しくて、よく分からなくなってしまったようです。今回先生と組み立てたものを次回のレッスンで復習してみましょう。いきなりの理解は難しいと思うので、どんな感じでプログラムにしたのかもう一度組み立ててみましょうね。
次はGくん。紙相撲のお題に挑戦です。相撲なのですが、関取以外で作るということで、こういうアレンジは子どもたちによって違うので、どんな感じ出来上がるのか楽しみです。次回で完成させられるかな?!
最後はJくん。Jくんは前回に続いてプログラムでデータを並び替える問題に挑戦中。どんどん難しくなってきていて、今回は教科毎に並び替えます。国語を作るところまででタイムアップとなってしまいましたが、次回はスマートな書き方で完成するはず!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)