荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

空気入れ貸してください!

2018/04.4

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」の
池ちゃん先生です。

 

昨日は火曜日と言うことで、レッスンの日。

お題はこちら!

 

「以下の三つの動きは必ず使って、好きな絵本やゲームを作りましょう」

でした。

 

1)消える
2)大きくなる
3)元の大きさに戻る
 
子どもたちがどんな作品を作ったかをご紹介する前に
当教室で子どもたちがプログラミングの勉強をしている
アプリを紹介しますね。(クリエイティブコース)
 
「Codeable Crafts」
というベネッセコーポレーション社が公開しているタブレット用アプリです。
お試ししたい方はタブレットで「Codeable Crafts」と検索してみてください。
スマートフォンにはインストールできないのでご注意ください。)
 
このアプリは「動く絵本を作成する」アプリです。
このような画面で絵を描きます。
絵を描くこともできるのですが、基本塗り絵です。
いろいろなキャラクター(犬、鳥、魚、クジラなど)が用意されているので、
好きな物を選んで、クレヨンで色を塗ったり、飾り付けをしたりできます。
絵が好きな子どもはキャラクターを使わず、自分で描いたりしますね。
 
絵を描いたら、次は動きを付けます。
この動きを付けるのが、プログラミングです。
 
パネルのようなものが動きのパーツになっていて、
それを組み合わせていくことで、キャラクターがいろいろな動きをします。
この部分がプログラミングなのです。
ここでは、風船の膨らんだり、しぼんだりという動きをパネルを組み合わせて実現しています。
 
子どもたちはどのように動かしたいか考え、
パネルを組み合わせることで動きを実現しているんです。
かなりすごいでしょ!
私がすごいわけでないですが、子どもたちがすごいことを実現してくれると
思わず、自慢したくなりますね。
 

さてさて、今回受講したのはSくん(新5年生)。

アイデア出しにかなり苦戦。

池「難しいかな?」

S「う~~~~ん」(かなり考え込んでる様子)

池「何か大きくなっていく物ないかなぁ・・・」

S「あっ・・・」

※Sくんはかなりの人見知りなので、台詞少なめです。

 

ということで、書いてくれたアイデアを横からパシャ!
 
 

風船を空気入れで膨らませて、膨らんだら、ロボットが近づいていって

ロボットがあたったら風船がしぼんでいき、消えるというような

シナリオを考えてくれました。

 

ということで、お絵かきギャラリー。

1つめが風船。

雰囲気出てますね。これが膨らんだり、しぼんだりします。

 

2つめが空気入れ。

 

飾りにプロペラが付いています。空気入れっぽいですよね。

 

できた~と、Sくんに見せてもらったのですが、

何か足りない・・・

そう、元の大きさに戻ってない。

 

池「できたねぇ。でも、元の大きさに戻ってないね。戻せる?」

S「戻すの?できるよ。」

 

ということで、完成版は以下になりました。

ちゃんとお題通りできてますよね?

これ、1時間で作ったんですよ!すごい。

 

ということで、今回はここまで。

次回もまたよろしくお願いしま~す。

 

 

無料体験授業実施中!

お申込みは、こちらから。
 

LINE@にお友だち登録すると、特典いっぱい!!

友だち追加

 

お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)