小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木2】初めて勉強!

2021/01.30

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜後半のレッスンの模様を報告します。

来てくれた生徒さんは、Mくん(小6)、Hくん(中3)。
先生はえりちゃん先生です。

それでは、えりちゃん先生よろしくお願いします!

こんにちは、えりちゃん先生です。
それでは報告を始めます。

まずはプロフェッショナルコースのMくん(小6)から。

前回に引き続き、Visual Studioを使ってアプリケーションを作成します。

今回はサイコロアプリをつくります。
サイコロが六面体か十二面体かを選んで、そのサイコロの目を表示します。

サイコロの数をランダムに決めて、それを表示する処理を考えます。

M「ラベルに表示するっていうのが分からないです。」
え「ラベルのテキストにランダムで決めた数を入れるって考えてみて。」
M「んー…。」
え「そしたらまずラベルをプログラムで書く時はどうしてる?」
M「this.labelって書いてます。あ、そのテキストだからhis.label.Text?」
え「そうそう。ランダムな数はなんて名前の入れ物にいれた?」
M「numberです。」
え「そしたらそれをラベルのテキストに代入しよう。」

できたプログラムがこちら。↓


これでサイコロの数字が表示できるようになりました。

続いてその数が偶数か奇数かを表示する処理を考えます。

え「もし”表示する”にチェックが入っていたら、入っていなかったらっていうのをまず書いてみよう。」
M「もし、だから…。」
え「うんうん、いいね。そのあとはどうしようか。」
M「丁半かを判断したいけど…。えっと…。」
え「丁って偶数だけど、偶数ってどんな数字?」
M「割り切れる数字?」
え「そうだね、割り切れるってどういう風に書いたらいいかな?」
M「えーと…。」

ヒントをもとに式を考えていきます。
考えてくれた式がこちら。↓

”もし表示されている数字を2で割ったときに余りが出なければ偶数、あまりが出たら奇数”という式を作ってくれました。

ここまでできたところで今日はタイムアップ。
今回何面体かを調べるために使ったラジオボタンが初めてだったので少し使い方に悩んでいましたが、今後もラジオボタンはたくさん出てくるのでしっかり使い方を覚えていきましょうね!

続いては、同じくプロフェッショナルコースのHくん(中3)。

前回に引き続き、Visual Studioを使ってプログラムを書いていきます。

今回は猫の種類がたくさん書かれたデータを読み込んで画面に表示するという問題に挑戦します。

読み込んで表示する問題は今までもやってきたと思いますが、今回はルールが1つ決められています。
それは「エラーになった時、エラーの内容を表示する」というものです。↓

読み込むものがなかった場合はこのようにエラーを表示するようにします。

この処理は初めて習うものなのでしっかり解説を読んでいきます。

H「いまいちcatchとfinallyの違いがわかんないんですよね。」
え「そっか。catchは書いた処理の実行に失敗したらその失敗の理由をキャッチしてくれて、finallyは処理の最後に必ずfinallyの中に書いた処理をやるよっていう違いがあるんだ。」
H「なるほど。」

まだ少し慣れないようでしたが、完成させることができました。

H「終わりました。」
え「OK、そしたらこれから違う問題集に入ります。」

この後の準中級問題集でSQLという言語を使った問題が出てくるので、まずは「SQLって何?」というのを学んで使い方を覚えていきます。

え「SQLではデータベースっていうのを使うんだけどデータベースって聞いたことある?」
H「んーあんまり。」
え「そうなのね。例えば洋服ダンスを思い浮かべてみてほしいんだけど、引き出しがいっぱいあったら一段目はトップス、二段目はパンツとかって決めたりするじゃない?」
H「はい。」
え「そうやって引き出し一段一段をテーブルっていうのね。働いてる人の情報が入ってるとか、お客さんの情報が入ってるとか。」
H「なるほど。」
え「で、このテーブルの表の中には細かくいろいろ書いてあるよね。これは引き出しで言ったら、トップスが入ってる引き出しの中にTシャツとか長袖とかいろんな種類のトップスが入ってるっていうのに似てるんだ。働いてる人の情報が入っているテーブルには社員名とか住所とか配属先とかが入ってるんだよね。」
H「あー、確かに。」
え「SQLっていうのは、こういうテーブルの中から必要な情報を抜き出して表示しすることができるようなものなんだ。まず一問目をやってみよう。」

実際に問題を解いていきます。

H「エラーになっちゃった。」
え「今回は何テーブルからどんな情報を抜き出すの?」
H「顧客テーブルから顧客名?」
え「そうだね。英語をよく見てほしいんだけど、FROMっていうのは”から”って意味だからテーブル名をかいて、SELECTは”選ぶ”って意味だから抜き出す情報を書くんだ。」
H「あ、なるほど、じゃあ逆か。」
え「そうだね。直してみよう。」

書き直した式がこちら↓

これで正しく表示ができました。

問題を順調に説いているところで今日はタイムアップ。
構造を理解したらどんどん手が進んでいたHくん。気が向いたら家でもやってみようかなーとも言ってくれました。興味を持ってくれてうれしいです!
この調子で次回もSQLを勉強していきましょう!

えりちゃん先生ありがとうございました。
Mくんは、サイコロを使ったゲームを作成してくれました。Scratchのときに覚えたことをしっかり思い出せれば組み立てられる内容です。時間はかかってもいいので、もしブロックのことをイメージしつつ組み立ててみて。
最後はHくん。HくんはSQLの勉強に入りました。SQLとは、データベースを操作するための言語です。いろいろなシステムやゲームで使われているので、覚えるといいですよ。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)