荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火2】欲しいものは自分で作る

2020/01.23

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は火曜日後半のレッスン模様を報告します!

先生はたくちゃん先生
では、たくちゃん先生レポートよろしくお願いいたします。

こんにちは!たくちゃん先生です。
今回はSくん(小6)、Tくん(小5)、Jくん(小6)がやってきてくれました。

最初はSくんの報告から。

Sくんは今回ロジカルコースの課題「シャボン玉」を作成します。

集めてきてもらった画像はこんな感じです。
パイプからシャボン玉が出てくるおしゃれな感じにしてくれました。


画像が集まった後はプログラミングをしていきます。

今回は
①スペースキーを押している間はシャボン玉が大きくなる。
②スペースキーを離すとシャボン玉が上へと飛んでいく。
③上まで飛んでいくとシャボン玉が消える。
の3つを作成します。

①と③は簡単に作成できたのですが、
②は「スペースキーを離したとき」というブロックがないので
簡単にはできない問題でした。

S「う~ん、わかんないなぁ・・・」
た「じゃあヒント。
  イベントではなくて、もしブロックや繰り返しのブロックの条件に使えるブロックの
  『スペースキーが押された』っていうブロックを使うとうまくいくよ。」
S「でも、今回は押されていないときの動きだよね?」
た「そうだね。じゃあ、このブロックを「押されていない」に変えるにはどうしたらいいかな?」
S「う~ん・・・あっ!『○○ではない』を使えばいいんだ!」

正解です!
これで②も作成をすることができてシャボン玉完成。

複数のブロックを使って欲しいブロックを作るのはすごく難しいことですが、
この先の問題でも必要な力になってくるので少しずつできるようになっていこうね!

次回は応用課題に挑戦します。

つぎはJくん。

プロフェッショナルコースのJくんは今回「csvファイル」の読み込みに挑戦しました。

「csvファイル」というのは、「Comma Separated Value」の略で、
値をカンマ(,)で区切って書いたテキストファイルのことです。

難しそうに感じますが、
以前、空白スペースで区切られたテキストファイルの読み込みをしているので
それを参考にカンマで区切られた値を読み込むようにしました。

その後は、読み込んだデータをリストビューに表示するのですが、
「え~と・・・表示の仕方どうだったっけ??」
とリストビューへの表示方法を忘れてしまっていました。

しかし、完全に忘れている訳ではなかったため、
覚えていることをインターネットで検索しながらなんとか表示ができるようになりました!


次は表示したデータを整形して書き込むようにするのですが、
新しい内容や表示に時間がかかってしまいここでタイムアップ。

次回も頑張ろうね!

最後はTくんです。

Tくんはアドバンスコース。
今回のレッスンで作るゲームは「ブロック崩し」です。

ステージやボールの配置、色の設定はだんだん慣れてきたみたいで
すぐに終わらせてプログラミングにとりかかります。

今回入力するプログラムは、
スペースキーを押したときにボールが画面の左下に移動するプログラムです。
新しい内容も含まれているのでテキストに書いてあるプログラムを打ち込んでいきます。

今回のプログラムには、前にもやったことがある内容も含まれているので、
確認もかねて画面の右下に移動するようにしてもらいました。

た「これ、右下に移動するにはどこを変更したらいいと思う?」
T「えっ、うーん・・・ここかなぁ」
た「お!正解!」

Tくんはすぐにボールが移動する方向を指定している座標を変更すると気づきました。

た「じゃあ、そこをどう変えようか?」
T「x座標を正の数字にする?」
た「やってみて。」
T「できた!」

ばっちりです!
座標についてしっかりと覚えていました!

その後、自分で操作するブロックとボールを当てて消していくブロックを配置して時間切れ。
次回は自分で操作するブロックと
ボールを当てて消していくブロックのプログラムを入力していきます。

たくちゃん先生ありがとうございました。
Sくんが気付いてくれた「スペースキーが離されたら」ですが、Scratchでは難しい内容になります。先生のヒントがありましたが、ちゃんとそれをいかして動くところまでプログラミング出来たので、すごくよかったです。
あとは、これを覚えていてくれるといいなぁ。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)