小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】走ってきたんだけど・・・

2020/04.13

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンを報告します!

先生ははしもと先生と池ちゃん先生。
生徒さんはTくん(小3)、Hくん(小3)です。
では、はしもと先生よろしくお願いいたします。

こんにちは!
はしもと先生です。

今回、僕が担当したのはTくん(小3)です。

Tくんにはスクラッチ問題集を進めてもらいました。
前回解いてもらった問題にも出てきた「座標」と
「条件分岐」を組み合わせた一段階難しい問題にチャレンジしました。

今日の問題は猫のキャラクターが「どっちにボールを投げる?」と質問するので
「右」か「左」かを答えます。
たとえば「右」と答えたとき、猫が中央より右にいれば「キャッチ!」、
中央より左側にいると「失敗」となります。
「左」と答えた場合は反対に中央より左にいると「キャッチ!」、
中央より右側にいると「失敗」となります。

このように今日の問題では「答えは何か?」と「X座標はどこか?」という
2つの判定を1つの条件文にまとめるブロックが必要になります。
Tくんも条件分岐が難しいようで、失敗する場合の条件を追加したときに
「なんで2つ増やすの?」とうまく呑み込めていないようでしたが、
「右にいるときに左に投げるパターンと、
 左にいるときに右に投げるパターンがあるから、失敗は2つあるよ」と教えると
「あ、そういうことか!」と納得してくれたようでした。

前回までは条件分岐は1つの条件だけだったので、
ここが一段階難しくなったところですね。
今日の感想に「難しかった」とありましたが、
難しいところは今後も必要になる大事な部分なので、
しっかりと覚えてもらえると嬉しいです。

では、今日できた課題をご覧ください!

猫が右にいるパターン
猫が左にいるパターン

はしもと先生ありがとうございました。

では、池ちゃん先生からHくんのレポートです。
HくんはScratchの練習問題に挑戦中。
でも今朝はなかなか登場しません。

H「走ってきた」
と起きたばかりというような感じで登場したHくん。

H「6時には起きたんだけど」
池「はやっ」

まぁ、しょうが無いです。
席についたら早速練習スタートです。
今回は変数ともしブロックの練習。
乱数で変数に入れる数を決めて、その数によって、セリフが変わります。
変数の準備と変数に乱数を入れるところまではスムーズにいったのですが、
変数の中身が10よりも大きいか、10以下かでセリフを変えるところに少々時間がかかってしまいました。

ですが、ちゃんと完成。こんな感じでできあがりました。

Hくん、次回はレッスン開始と同時にスタートしようね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)