小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】蝶になる!成長する!

2020/04.28

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜のレッスン模様をお届けします!

今日の先生はだいご先生、ささい先生。
来てくれた生徒さんは、Oくん(小5)、Hくん(中2)、
Tくん(小3)、Hくん(小3)です。

それでは、ささい先生、報告願いします!

こんにちは、ささい先生です!
今回担当したのは、OくんとHくんです。

まずはOくんから。

クリエイティブコースのOくん、
現在、修了試験に挑戦中です。

完成まであと一歩。
残るは、用意してくれたキャラクターへの
プログラミング仕上げ!

頑張っていきましょう!

しばらくすると、
Oくんからお声がかかります。

O「先生、なんかキャラクターが出なくなっちゃった?」
さ「お、わかった。ちょっと見てみるね。」

見てみると、たまにキャラクターが
どこかにいっちゃう現象が発生…!

ごめんね…。

このあと、キャラクターを戻して
続きに入ってもらいました。

そのあとも真剣な表情でどんどんと進めるOくん。
途中経過を見ていましたが、期待大の予感・・・!

残り10分…ついに完成しました!
その作品がコチラ↓

素晴らしいですね!

Oくんの作品は、
プログラムが動くタイミングや、
ストーリーの作り込みがよく考えられているのが印象的です。

よく頑張りました!

次回からは、スクラッチに突入します。
持ち前の力を発揮して頑張っていきましょう!

続いて、Hくん。

アドバンスコースのHくん、
現在Unityでビリヤードゲームを作りながら
Unityの使い方をマスターしています。

本日は、ビリヤードが玉に当たった時の
当たり判定からスタート。

頑張っていきましょう!

しばらくすると、Hくんからお声が。

H「この前、動かなくなった部分が動くようになったよ。」
さ「お、よかった!今日は順調にいけそうだね!」

以前、プログラムコードを記述した部分で
思ったように動かなかったところが
しっかりと解決できてるようです。

いいですね!その調子で進めていきましょう。


しばらくすると、お声がかかります。

H「色が変わるはずなんだけど…変わらない。合ってると思うんだけどなぁ…。」

どうやら、
半透明の四角いブロックに球体が通過すると
黄色から緑に色が変わる部分がうまく動いていなかった模様。

さ「そかそか、じゃあ一緒にテキストと書いたプログラムと設定を見直してみよう。」

ということで、
一緒に原因探しをスタートしていきます。

見直しを進めていると、
ある原因が浮かび上がりました。

それは”間違い探し”です。

さ「お、これは間違い探しかもしれないね。ここのテキストのコードと自分の書いたプログラムコードを見比べてみようか。」
H「これも何回か見たけどなぁ。。」
さ「もう1回、よーく見てみよう!」

Hくん、真剣な表情でテキストと自分のコードを見直していきます。

すると、
H「あ、”cilinder”か。」

そうです!
Hくん、しっかりと見つけてくれました。

この赤い部分。
はじめは”collision”という単語になっていました。
今回の場合、”cilinder”という単語が適切です。

ざっくりいうと、
どんなモノ・現象に対してプログラムのお願いをするか
というイメージになります。

今回は、お願いする対象が
違う箇所になっていたのが原因だったということですね!

間違い探しの経験は、
プログラムを作成する上で、大切な経験ですので
ぜひ今後に生かしてみてくださいね!


その後は順調に1つ1つの課題を解決していき…、
ビリヤードゲームとその先の課題を見事クリア!

Unityの使い方を全てクリアしてくれました。
よく頑張りました!

次回は、新しい課題に挑戦です!
楽しみながら進めてみてくださいね。

ささい先生ありがとうございました。
Oくん、無事合格おめでとう!素晴らしい作品でした。いつもすごいなぁと思います。今後も楽しみにしています。
Hくん、よく間違いに気づけたね。打ち込んだ本人は繰り返し見てもなかなか見つけられないんだけど、発見できてよかったです。

では、続けて、だいご先生。
よろしくお願いいたします。

こんにちは! だいご先生です!
今回は、TくんとHくんを担当させていただきました。

まずはTくんから。
スクラッチで、キャラクターが画面の端と端を交互に移動するプログラムをつくりました!

このプログラムをつくるには「座標」の概念を活用する必要があります。
最初は難しそうにしていたTくんですが、とりあえず手動でキャラクターを動かして、どんなプログラムになるかを確認しました。
すると、Tくんはあることに気付きます。

T「キャラクターを動かすと、このブロックの中の数字が変わってる!」
だ「よく気付いたね。これが問題文にあった座標だよ」

それを理解した後のTくんはすぐに問題をクリアし、そのまま二問目、三問目とどんどん進んで行きました。

結果、今回だけで合計三問もの問題をクリアしたのです! Tくん、すごい!

お次はHくん。

今回は、合言葉を入れると正解か不正解かを判定してくれるプログラムを作成しました。

どうやって正解不正解を判定しようか悩んでいるようだったので、さりげなくヒントを言ってみることに。

だ「もし合言葉が合っていたら正解、そうでなければ不正解、と言うようにするには?」
H「そうか! もし~でなければブロックだ」

そこがわかれば後はクリアまで一直線。すぐにプログラムを組み立てました。
そして、さらにすごいのは組み立てた後。Hくんは、いろんな合言葉を時間いっぱいまで試していました。

プログラムが間違っていないかをテストするのは本当に大事。Hくんはそれをとっても良く理解していて、すごいと思います!

だいご先生ありがとうございました。
Tくんも、Hくんも、しっかり基礎を少しずつ覚えてくれていますね。次回も頑張ろうね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)