小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火2】モノの使い方を応用

2020/07.10

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は火曜後半のレッスン模様をお届けします!

本日の先生は、ささい先生。
生徒はJくん(中1)、Sくん(中1)です。

では、ささい先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、ささい先生です。
それでは始めていきます。

まずはJくんから。

プロフェッショナルコースのJくん、
本日は久しぶりのプログラミングです。

「久しぶりなので、出来るかどうか…」
とコメントしていたJくんでしたが、
しっかりと思い出しながら取り組んでくれました。

まず最初に取り組んでくれた課題は、
「九九の結果を表示しよう」です。

プログラム内で掛け算九九の計算を行い、
計算結果を段ごとに改行して表示させていきます。

この課題でJくんの壁となったのが、
“1段ごとの掛け算の方法”と”改行”でした。

J「なんっっっとなくやりたいことが、頭に浮かんではいるんだけど…やり方が…」
さ「全然オッケーだよ!まずはさ、やり方は置いといて、頭の中ではどんなふうにしようとしてるの?」
J「まずは、1から9の段までfor文で回して(繰り返して)、その段ごとに1~9のfor文を回す?のかなぁーって。」
さ「あれ、それ行けると思うよ?一回書いてみない?」
J「なるほど!わかりました!」

Jくん、悩むことありません。(笑
バッチリです!

そしてもう1つのカベ、”改行”です。

こちらは
「あー、これやったことあるんだなー。確か\とかだったかな?」
という少し覚えている様子で、
インターネットで調べてやり方をピックアップ。

そして、
「各段の最後は”,”付けないで改行するんだ。これどうしよう?」
と悩んでいた部分は、

さ「これ、規則性あるんじゃないかな?」
J「んー、なんかわかるような…」
さ「一緒に見てみよう。今、1~8の計算の後は”,”付いてるけど、9の計算の後はないよね?ということは、これパターン分け出来たりしないかな。」
J「パターン分け…。あ!if文か!(条件で処理を分ける)」

そうです!
よく思い出してくれました。

今回、久しぶりに書くコードでしたが、
プログラムの書き方を丁寧に思い出しつつ、
しっかりと課題がクリアできました!

テキストを見返したり、ネットで調べたり…

こういった調査を自然にできるところ、
素晴らしいと思います!


本日は、その他にも
「これ、前似た問題やったことあるなー」と

九九の掛け算と似た問題や…

「これ、簡単だ!5分でできる!」と、
有言実行で「入力された文字を繋げて表示させる」お題もクリア!


久しぶりのプログラミングでも、
しっかりと身についたことが発揮できましたね!
グッジョブです!

本日は、3つクリアしたところでタイムアップ。

次の課題もやったことを思い出しながら、
頑張っていきましょう!

続いてSくん。

ロジカルコースのSくん、本日のお題は
「マッチ棒に火をつけよう」です。

本日はSくんは、マッチ箱の開け閉めまで
完成させることができましたが、
意外にも一番頭を悩ませたのは、スプライト選びでした。

S「マッチ箱がたくさんありすぎる…。」
さ「確かにそうだねぇ。好きなものでいいよ?」
S「なかなかいいと思うのが…。」

マッチ箱の検索結果の数は膨大。
ここで1つを絞るのは結構大変だったようです。

そして、もう1つ。
悩みの原因となっていたのが、
“マッチ箱の側面が見えること”でした。

実は、問題を進めていくと
箱の側面を素早くする部分が登場します。

そこでSくんは、
側面が表示されている部分かつ、
加工処理が効率的に出来そうな画像が必要だと考えてくれたのです。

Sくんは、たくさん悩んで選んでくれました。

そんなSくんの様子をみて、
・先の作業を見据えること
・作業効率を考えること

こんなことが、
自然に考えられていたように感じ、素晴らしく思いました。

作業中の場面では、
マッチ箱画像の不要部分を消す方法でも効率化を実現。

多くの生徒さんは、一般的に
消しゴム機能を使って不要部分を削除していきます。

しかしSくんが今回とった方法は、
「切り取りと回転」でした。

本来の機能を別のケースで
うまく利用したことで広範囲を一気に削除。

さらには、斜めになっている部分も
回転させることでキレイにカット。

一気に作業を進めることができました。
グッジョブです!


本日は加工完了後に、
箱の開け閉め機能を作成してタイプアップ。

次回は、マッチを素早く擦って
火をつけるところまでクリアできるよう
頑張っていきましょう!

ささい先生ありがとうございました。
久々のJくんでしたが、さすがJくん。体(頭?)に染みこんでいるのか、2ヶ月ちょっとブランクがあったのにも関わらず、スラスラと・・・
難しいところも、考え方がちゃんと分かっているので、先生のヒントだけで、作れてしまいます。このペースだとあっという間に終わりまで行きそうだな・・・

Sくんはマッチ棒に挑戦中。今回は大半が画像の準備で終わってしまいましたが、次からは本格的にプログラミング。課題をクリアする毎に少しずつ覚えてくれているSくんなので、次で完成までいけるといいな。次回も頑張ってね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)