小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木2】どんどん進もう!

2020/07.19

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜後半のレッスン模様を報告します!

本日の先生はささい先生。
来てくれた生徒さんは、Tくん(小4)、Kくん(小2)でした。

では、ささい先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、ささい先生です。
それでは始めていきます。

まずはTくんから。

ロジカルコースのTくん、本日は
「どんどん歩幅を広げよう」からスタートです。

この問題では、緑の旗ボタンを押すたびに
スプライト(キャラクター)の進む歩幅が増えていきますが、
それには”変数”を利用していきます。

Tくんは始め、変数を4つ用意してくれました。

変数はデータを入れる箱。
一度入れたら、二度と入れられないということではなく
ドンドン、数字や文字などを入れることができます。

ということは…

さ「お、変数を用意してくれたんだね。でも今4つあるねぇ。うーん、ここでヒントを1つ言うと、変数は1つで大丈夫だよ。」
T「あ、そうなんですね!」
さ「うんうん。1つでもスタートする度に数字を変えることが出来るよ!」
T「う~ん、でも何か難しいです。」
さ「そっかそっか。そしたらこういう時は、何かルールないかなぁって探すといいよ!」

さ「こーやって書くと…どんなルールがあるかな?」
T「全部10ずつ増えてます。」
さ「そうそう、これって全部10足し…」
T「あ、そういうことか!」

実際に書いてみて、Tくん何か閃いた様子です。
そして出来上がったのがこの部分。

よく気づきました!

これは、スタートしてから変数に
どんどん足し算していくと上手くいく問題だったんです。


本日はこの後も2問、問題をクリア!

とくにグッジョブだったのが、
“~と聞いて待つ”という調べるブロックを使った問題。

ここでは新しく”~と聞いて待つ”ブロックが登場します。

このブロックは、
入力された答えを使ってプログラミングが出来る優れものです。

最初Tくんは、初めてでてきたブロックに、
T「う~~ん、難しいなぁ。」と悩んでいました。

しかし、
「ヒントを見てみよう!」
「一回動かしてみない?」
など、ちょっと背中を押してみると、

T「あ、こういうことか!」
と、少しずつ使い方を自分の力で学んでいってくれました。
素晴らしいです!

加えて、「あれ、正解入力してるのに…。」と
正しく動かず悩んでいた部分。

ここでは紙を使いながら、

“AとBが同じ”という文は、
“A=B”と一緒だということを確認し、
「あ!ということは、こうか!」と、
正しく動かない原因を見つけ出し修正。

新しくでてきたブロックの使い方も、
条件の正しい付け方も、
見事自分の力でやりきってくれました!

グッジョブです!

本日は、この問題をクリアしたところでタイムアップ。

変数や条件は、壁になりやすいところです。
しかし、たくさん実験をしてみると
「あ!こういうことなんだ!」が、増えてくると思います。

たくさん使って、ぜひお友達になってくださいね。
次回の頑張りも期待しています!

続いてKくん。

ロジカルコースのKくん、現在は
使い方テキストの問題を進行中です。

テキストでは、ブロックの使い方や、
プログラミングで必要な考え方・要素を
例題だけでなく、実際に作りながら覚えていきます。

Kくん、さっそく
「四隅にスプライトを移動し続けよう」に挑戦。

まずは自分なりに挑戦してみますが、
う~んと中々お困りの様子。

さ「お、今どこで悩んでるかな?」
K「スプライトが移動したときって、どうやるかわからない。」
さ「そっかそっか。そしたら…(前やった問題を見せながら…)この問題で、スプライトが移動した時の位置を知る方法やらなかったかな?」

スプライトの移動先の座標をどうやったら取得できるか。

この疑問、実は
Kくん、前回同じことが壁になっていました!

そこで問題を見せたのですが、
Kくん「あっ。」っと何か思い出した様子。

さ「お、思い出した?2つステップがあったね?まずは…」

Kくん、先生が言うよりも先に
スプライトを移動したい位置へとドラッグで移動します。

さ「そうそう!すると、移動先の住所(XY座標の位置)がブロックに出てくるからステップ2は…」

ここもKくん、どうしたら良いか思い出した様子。

このブロックに注目してくれました。

バッチリです!
このブロックは、
X座標とY座標の位置を取得するのにとても便利なんです。

しっかりと覚えていてくれました。


要領を得たKくんは、
そのまま4か所の座標位置を取得し、
問題クリアに向け、ブロックを繋げていきます。

そして…、最後はしっかり完成です!

今回の問題のポイントは、
“移動し続ける”ということです。

Kくんは、しっかりと「移動し続ける」を実現させることができました。
グッジョブです。

本日は、サクサクと進み、
使い方テキストのラスト問題も難なくクリア。

そのまま問題集へステップアップします。

Kくんは最後のコメントで
「かんたんだった。」と教えてくれたとおり
問題集もサクサク進み本日は4問ほどクリア。

いいですね!順調です。

本日は、そこまでクリアしたところでタイムアップ。

これからレベルアップする問題も出てきますが、
前、やったこと使えないかなー?と
考えながら進めていけると良いと思います!

それでは次回も頑張っていきましょう!

ささい先生ありがとうございました。
Tくんはここまでスムーズに来ていたのですが、今回変数に詰まってしまいました。
でも先生の助けも受けつつ、試行錯誤をしながら変数の使い方を掴んでくれたようです。次も変数が出てくるので、今回掴んだことをうまく使ってね。
KくんはScratchの操作に慣れてくれたかな?ちょっと難しいところはクリアして、基本から練習に入ったことで、簡単!って感じてくれたようでよかったです。
難しいことが続いてしまうと気持ちが続かなくなってしまいますからね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)