小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】どうなっていたら正解?

2020/09.8

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

引き続き、土曜日のレッスンを報告していきます。
それでは2本目、えりちゃん先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、えりちゃん先生です。
今回わたしは、Mちゃん(小3)・Hくん(小6)・Hちゃん(小4)を担当しました。

それでは始めて行きます!

まずはロジカルコースのMちゃんから!
今日はネコさんを横に移動させる、という問題に挑戦してくれました。

この問題のポイントは「横方向だけに動かすにはどうしたらよいか」を考えること。
はじめは悩んでいたMちゃんでしたが、一つ一つ説明すると問題を自力で解くことができました!

え「今左にいるネコさんは次にどこにいけばいいかな?」
M「右。」
え「そうだね。そしたら、横に動かせるのはXとYのどっちかな?」
M「X?」
え「そうそう!じゃあこの問題(X座標が書かれています)を読んで、右にネコさんを動かすには数字を何にしたらよさそう?」
M「180?」
え「正解!ブロックに数字を入れてみよう!」

ネコさんのX座標を変えられるブロックを自分で選べたMちゃん。その座標に180という数字を入れました。
するとネコさんは右へ移動!無事に移動ができました!

その後、左に戻ってくる動きも同じように作ることができました。
素晴らしいです!

一番悩んだのはY座標の数値について。
Y座標の数値もX座標と同じにしていたので、左右だけではなく上下にも移動してしまいました。
本来なら左右にだけ動いてほしい…。

え「上と下に動いちゃうのはなんでかな。」
M「Y?」
え「そうだね、Yが関係してるかも。それぞれネコさんのY座標を見てみようか。数字はどうなってるかな?」
M「変わってる。」
え「そうだね、そこが原因なんだ。同じ数字にしたらどうかな?」
M「できた」

この調子で問題を解き切り、なんともう一問も解いてくれました!
すごく頑張りました!

座標はまだ難しいところもあるかもしれないけど、今日のようにひとつづつイメージを掴んでいろんな所に動かせるようになっていきましょう!

続いては同じくロジカルコースのHくん。
今日は引き続き「光の反射」の修正を頑張ってくれました!

光の反射には法則があるのですが、覚えていますでしょうか?
入射角=反射角
これが光の反射のルールでした。

Hくんの作ってくれたものを動かしてみるとどうやら、反射角が入射角と等しくないようです。

H「あれ?なんでかな。」
え「反射するのを決めているのはどの部分かな?」
H「この部分です。」
え「そうだね、じゃあそこに原因が隠れているのかも」

少しのヒントだけで自力で原因を見つけて解決していくHくん。
集中力と観察力が素晴らしいです!

反射した際の角度が間違っていたと気づけたことで作品が修正できました!

続けて「光の反射」に少しアレンジを加えたものを作る課題に取り組んでくれました。

二つ目の課題に取り組んでいるところで今日はタイムアップ。

今日はバグの修正をたくさん頑張ってくれました。
どこが原因で、何をすればいいか、が分からないと直すことが難しいバグ。
今回のように一つ一つ見ていくことできっと解決できます。

次回以降も今回のように集中力と観察力を発揮して素敵な作品を作っていきましょうね!

最後は同じくロジカルコースのHちゃんです。
今日は前回に引き続きリストを使ったクイズを作ってくれました。

前回、問題を表示させる所までできていたので、今日はその続きからやっていきます。

答えを入力してみますが、あっている答えを入力しても「はずれ」といわれてしまいます。

問題のリストの1番目と、答えのリストの1番目が対応しているように作ってくれたHちゃん。
答えが正解か不正解かを判断するには、その問題がリストの何番なのかがわかれば、答えのリストの何番目が正解かわかります。

前回ランダムに問題の番号を決められていたHちゃん。

え「この問題の番号はどこで決めてるのかな?」
H「乱数」
え「そうだね、その番号をずっとどこかに残しておきたいんだけど、何か使えるのはあるかな」
H「変数」
え「そうだね、じゃあ変数に乱数を入れてみようか」

その変数を使って問題を表示することができました。

そして答えの正解不正解判別ですが、ここがとっても難関で、たくさん悩んで頑張ってくれました。

入力した答え=答えリストの変数番目
このようになれば正解、違っていたら不正解にしたいのですが、この式を考えるのが難しかったようです。

え「もし問題が1番目だったら答えはリストの何番目?」
H「1。」
え「そうだよね、じゃあ問題が6番だったら答えはリストの何番目?」
H「6。」
え「うん。そうだね。今までの質問っていつも問題と答えが同じ数字になってるんだけど、それは気づいた?」
H「(うん。)」
え「じゃあ 問題が1番目だったら答えリストの1番目と入力した答えが同じなら正解って言えそうじゃない?」
H「(うん。)」
え「そしたらその条件を表せるブロックを組み立ててみようか」

試行錯誤の末、正しいブロックを組み立てることができました!
とっても頑張りました!すばらしい!


ここに至るまで様々なブロックを組み立てて実験してくれました。
リストや変数はやっているうちにややこしくなって、こんがらがってしまいがち。頭の中を整理するために紙に書き出すのもいいかもしれませんね。

次回はこの続きから。
もう少しで完成できそうなので頑張っていきましょうね!

えりちゃん先生ありがとうございました。
Mちゃんは座標を使った移動でしたが、以前やっていた座標での移動覚えていてくれていたようです。右左と繰り返し行ったり来たりと移動する練習だったのですが、上手に出来てよかったね。横の移動はX。縦の移動はY。縦も横も移動したいときはXとYの両方を使うから、次のレッスンの時も使ってみてね。
Hくんは複雑なプログラムに挑戦しているので、ちょっとしたことが、バグ(プログラムの間違い)になってしまいます。でもこのバグを修正することでもプログラミング力は付いていきますので、動作がおかしくなったら、何がおかしいのか、しっかり分析して直していこうね。
最後はHちゃん。Hちゃんはリストを使った難しい問題に挑戦中。
えりちゃん先生も書いてくれていますが、どういうことだったかというと

この図のように問題と答えが何番目か?同じ番目を取り扱う必要があったんですね。Hちゃんはそれをちゃんと理解して、うまく修正してくれました。
次回のレッスンで完成までいけるかな?


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)