小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】パワー!!

2021/08.2

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
えりちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は木曜前半のレッスンを報告します!

来てくれた生徒はTくん(小4)とRくん(小5)とHくん(高1)でした。
それではレポートスタートです!

まずはロジカルコースのTくん(小4)。
前回に引き続き、おみくじの課題に挑戦です。

T「先生、おみくじのくじの中に文字入れたいんだけど、うまくできないんだ。どうしたらいい?」
え「くじがすごい細いから、ちょっと大きくして文字を入れてみたら?」
T「でも文字が横になっちゃうよ。縦にしたいの。」
え「そっか。そしたら、大吉って打った後に、大のあとでエンターキーを押してごらん。」
T「…。できた!これをここら辺に置いて…。」

くじを「大吉」「吉」「凶」の三つ用意しました。
色にもこだわって、おみくじの入れ物が茶色なので、くじも茶色にしました。

え「いいのができたね。じゃあ用意したくじが出せるように、おみくじを3回振るプログラムを作ってみよう!」

おみくじを振る方向は上下に決めました。
3回振るということは、上下に動く処理を「3回繰り返す」ということです。
そのヒントだけ伝えて、自力でプログラムを考えてもらいました。
少し苦戦していましたが、何とか完成!↓

3回では物足りなかったようで、振る回数を5回に増やしました。

ちゃんと「○○回繰り返す」が使えましたね!

その後、背景を自分の好きなホラーゲームの画像にしたり、お賽銭箱を用意したりといろいろ見た目を調整しているところで今日はタイムアップ。

ちょっと途中、ほかのところに興味が行ってしまい手が止まった時間もありましたが、自力でプログラムを考えることができましたね。
動かせたときの嬉しそうな顔が輝いていました!その調子で完成まで頑張っていきましょう!

続いては同じくロジカルコースのRくん。
前回に引き続き、紙ずもうの課題に挑戦です。

え「この前スペースキーを押したらお相撲さんが動く、ってしたよね。」
R「うん。」
え「今日はお相撲さん同士がぶつかった時の処理を考えていこう!」

お相撲さん同士がふれあった時、押す力が強いほうが押し勝って、弱いほうが押し負けて後退するという処理を作ってみます。
まずは、押す力を入れておく箱を用意します。

え「それぞれのお相撲さんのパワーを入れる箱が必要だから、2つ用意だね。」
R「んー名前どうしようかな。」

ちょっと悩んでいましたが、何とか決まりました。

え「パワーはランダムで決めたいんだけど、ランダムってなに使うんだっけ?」
R「乱数かなー。」

もう乱数はお手の物のようですぐに入れ物にパワーの数を入れることができました。↓

その後、どっちのパワーが大きいのかを調べる処理を作っているところで今日はタイムアップ。

今日はちょっとお疲れだったようであんまり乗り気ではなかった様子でした。
でも「○○って何使うの?」と聞くとすぐにどのブロックを使えばいいのかがわかっているので、次回は完成をイメージして気分を上げてやっていきましょうね!

続いてはプロフェッショナルコースのHくん(高1)。
前回に引き続き、SQLドリルを解いていきます。

え「前回は新しい単元の例題を解いたんだよね。」
H「はい。」
え「内容は大丈夫そう?わかんないなーってところはある?」
H「うーん、とりあえずやってみる。わかんなかったら聞きます。」
え「OK!じゃあ頑張ってやってみよう。」

1問目は無事自力で解けました!素晴らしいです!

2問目は苦戦している様子だったので一緒に考えました。

え「どこら辺がわかんなかった?」
H「更新の部分はわかったんだけど、副問い合わせの部分がわかんないです。」
え「なるほど。EXISTSは何だったか覚えてる?」
H「1行以上データがあったらtrueを返してくれるやつ…?」
え「そうそう。副問い合わせの部分でEXISTSなので、そこの中身が存在しているか、っていうのを見ているんだよね。」
H「なるほど…。」

その後も副問い合わせの部分の説明をしてどういう構造なのかを理解していきました。

その後2問目の正解を目指しているところでタイムアップ。
副問い合わせの部分はとても難しいですが、じっくり考えればちゃんと解けているので今後も頑張っていきましょう!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)