小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火1】メッセージを分けて出しても

2022/01.6

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
のり先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は火曜前半のレッスンを報告します!

先生はのり先生。
生徒はTくん(小2)とKくん(小4)とSくん(小3)です。
レポートスタートです。

まずはTくん。

前回に引き続き、個別課題の「うそつき探し」を進めました。

司会者が促すと3人のキャラクターに発言してもらい、だれが嘘をついているか当てられるようにします。
こちらから「うそつき探し」の登場人物がどんな発言をするか説明したのですが、Tくんは「プリンを食べた犯人を当てる」という風にオリジナリティを加えました。

一人でプログラムを考えていたところ質問が。

T「先生、なんかうまくいかないよー!」

一人目のセリフが終わった後メッセージを送り、そのメッセージを受け取った次の人が喋りだすようにしたいらしいのですが、実行すると3人一斉に喋っていました。

の「みんなそれぞれメッセージ1~3を送っているけど、みんな『メッセージ1を受け取ったら』その次の処理をするようになっているよ。」
T「あ、そっか~!」

実は、基本の問題では3人一斉に喋っても良いのですが(応用問題で順番に喋らせるようにするため)、せっかくなのでそのまま直してもらいました。
その後、キャラクターを押したら答え合わせができるようにしてレッスン終了となりました。

Tくんがイベントブロックを使いこなせていることがよく分かりました。次回は応用問題。犯人を当てるのに制限時間を付けます。この調子で解いていこうね!

つづいてKくん。
Kくんは問題集も終盤に迫っています。

課題は、キャラクターを動かしランダムに登場する敵をよけながらゴールを目指すゲームです。
今回は敵にぶつかると「ゲームオーバー」という処理を作ってもらいました。

の「今だとぶつかったままでも進んじゃうから、『もしぶつかったら』、つまり敵に触れたら『ゲームオーバー』というふうにしてほしいな。」
K「どうやってやるの~。」
の「『もし』のときはどんなブロック使うんだっけ?」

「もし」ブロックを用意したものの、そこから条件が思いつかない様子。
この問題では敵がランダムな位置に出現するため、座標なども使えません。そういう場合、「○○に触れたら」というブロックを使うことで、キャラクターのスプライトが敵であるスプライト(画像)に触れた時の処理を作ることができます。そこにゲームオーバー時のセリフを言わせるブロックをくっつけるとできました!
ですが…。

K「あれっ、敵にぶつかってもセリフを言わないよ。」

Kくんのプロジェクトでは敵のスプライトを6つ作っているので、敵1~6にぶつかったとき全てにその処理を付けないといけません。
「めんどくさ~い」と言いつつもなんとか全部の敵にぶつかったとき、セリフが表示されるようになりました!

次回のレッスンで、ゲームオーバー時にプログラムを止める処理を考えていきましょうね。

最後にSくんの報告です。

SくんはTくんと個別課題の進捗を競っているようで、やる気いっぱいで来てくれました。

まずは前回も取り組んだ花火の問題からです。
今回は応用として、打ちあがった花火が1秒ごとに色を変えるようにしました。

S「『1秒待つ』と繰り返しを使うのは分かったけど、色はどうやって変えればいいんだろう?」
の「『見た目』を変えるブロックによさそうなものがないかな?」

スクラッチの便利な機能の一つに、スプライトの色のみを変えるブロックがあります。こちらだとコスチュームを変えたり複数のスプライトを必要としないということもあり簡単なので、今回はこちらで作ってもらいました。

S「色が変わらないよ~!」
の「作った色を変えるブロックの塊を、スプライトを隠した後の処理につけているよ。」

これだと、花火が見えなくなってから色が変わっていることになります。それを直して完成です!

その後、時間が余っていたため「雷の音と距離」の問題もやりました。
雷が光ってから音が鳴るまでの時間から、落雷点との距離を割り出すものです。初めて使う音ブロックに楽しそうでした。
レッスン終了までに終わらせたい!というS君の希望からやや粗削りなプログラムとなりました(汗)
ですが、1日で2つ問題を終わらせたのは初めて!おうちに帰ったら褒められる~と嬉しそうなSくんでした。

次の問題は「磁石」です。今回とはまた変わった感じの問題となるので、じっくり考えながらやってみよう!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)