荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

「ダメなものはダメ」という姿勢

2018/05.16

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」の
池ちゃん先生です。

 

小さなお子さんをお持ちのお父さんやお母さん、

「子どもって賢いなぁ」「本当に悪知恵働くなぁ」

と思ったことありませんか?

 

一度やったことを繰り返すのはいいことでもあり、

悪いことでもあり…笑

 

しかも一生懸命教えていることはなかなか覚えないのに、
大人のやることはよく見ていて、

覚えてほしくないことは覚えている。

 

「どこでこんなこと覚えたの…あせる?」

 

というような経験誰でも一度はあるのではないでしょうか。


最近では、のびのびとした成長を促すために、

「叱らない育児」「何でも許す育児」

を推奨している育児本やメディアなども多くあります。

 

ですが、0歳から2歳ごろの子どもだから許されることでも

だんだん大きくなると、
「しつけがなっていない子ども」

と見られることがあるのも事実。



そうなってから注意をしても子どもにとっては
「どうして急に怒られるの?」

「今までは許してもらっていたのに」

と混乱してしまいます。

のびのびと成長させることはもちろん大切です。
ですが、ダメなものはダメと、

時には「叱る」ことで教えることも大切だと思います。

 

好奇心旺盛な子どもは

遊びの延長で、悪さをしているという実感がない事が多いです。

ですがその線引きを教えるのは親の役目。

 

まだ言葉での意思疎通が難しい年齢でも

しっかり伝えることは出来ます。
ただ「叱る」のではなく、子どもに向き合い

正しいこと・してはいけないことを伝えれば

0歳でも1歳、2歳でも伝わると思います。


正解がないのが育児ですから(笑)、

私も日々2人の娘と格闘しながら子育てをしています。

子どもの年齢が、親歴なのですよね。

 

日々模索し悩みながら

子どもと一緒にお父さんやお母さんも

楽しく成長できるのが一番ですね!

 

 

無料体験授業実施中!

お申込みは、こちらから。
 

LINE@にお友だち登録すると、特典いっぱい!!

友
だち追加

 

お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)