小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】クローンってなんだっけ?

2020/12.29

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜のレッスンを報告します!

本日の先生はあさみ先生、よしだ先生。
生徒はHちゃん(小4)、Tくん(小3)、Oくん(小5)、Hくん(中1)でした。

では、あさみ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは。あさみ先生です。
私は今回、Hちゃん(小4)、Tくん(小3)を担当しました。

まずはHちゃん。
Hちゃんの今回の課題は、前回に引き続きスクラッチの『修了試験』でした。
修了試験ではコンピューターと対戦型の神経衰弱を作成しています。

前回、自分が2枚引いたときに外れていても、当たっていても「はずれ」と表示されてしまっていたため、条件を使って処理を分けること、全体のブロックの組み合わせ方を整理することを行っている途中でした。
なので今回はその続きから行いました。

終始集中して取り組んでくれていて、しっかりいろいろなことを試してくれていました。
ただ、なかなか当たりはずれの判定方法がうまくいかない様子で、今回は自分が2枚引いたときに外れていても当たっていても「あたり」と表示されてしまっていました。

前回アドバイスした、当たりか外れかによって処理を分けるというのは「もし~なら、でなければ」ブロックを使って分けることは出来ていましたが、「~」に入る条件をどうすればいいのかわからないようだったので、「変数とかを使ってどのカードがめくられたのか番号を入れておくといいよ!」とアドバイスをし取り組んでもらいました。
今回はその修正をしている途中で時間が来てしまい終了となりました。

修了試験は先生からはアドバイスしかできないので、時間がかかってしまいますが、焦らず一つずつ完成させていきましょう。
次回こそ、当たり外れの判定をできるように頑張りましょうね!

次はTくん。
Tくんは今回、スクラッチの『シューティングゲーム』に取り組みました。

今回は
①実行ボタンを押したときに自機のスプライトを指定の場所に表示する
②押された矢印キーに合わせて自機を移動させる
③1~1.5秒ごとに、画面右端のランダムな位置に敵を出現させ、敵はを左に向かって移動させる
の3つを行いました。

①は「x座標を〇にする」「y座標を〇にする」ブロックを使う、②は「x座標を〇ずつ変える」「y座標を〇ずつ変える」ブロックを使うということをしっかり覚えていて、どちらもスムーズに進めることができました。

今回苦戦したのは③で、敵をランダムに右端に表示させることと、左に進むようにすることは順調に出来たのですが、敵を1~1.5秒ごとに何度も表示させる部分がなかなか出来ませんでした。

敵はゲームオーバーになるまで繰り返し表示されるようにしなければならないので、スプライトを複数用意するのではなくクローン(複製)させる必要があります。
以前の課題で使用していましたが、

あ「クローンって覚えてる?」
T「うーん…」

と覚えていない様子だったので、以前の課題を見返しながら一緒に復習をして取り組みました。
増えるということを思い出してもらい、敵を増やすして終了となりました。

今回はこのような形まで作ることができました。

次回は、弾が発射するようにしていきましょうね!
クローンは難しいですが、使いながら覚えていきましょうね。

あさみ先生ありがとうございました。
Hちゃんは修了試験中なので、先生も見守るしかないのですが、こうしたらどう?って言いそうになりますね。判定するところが神経衰弱のプログラムの鍵ですから、頑張って欲しいです。
次はTくん。シューティングゲームに挑戦です。クローンという、簡単に言うとプログラムで行うコピーを使ってプログラムを作っていくのですが、なかなか難しくて、一度クローンの問題を解いてはいるのですが、Tくんは覚えていなかったようで・・・。次回、弾の発射ができる?!かな。

次はよしだ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは!よしだ先生です。
今回私は、Oくん(小5)、Hくん(中1)を担当しました。

まずはOくん。
今回も引き続き問題集を進めていきます。

今回は同じ絵をいくつも表示する「クローン」という機能を使っていきます。

よ「クローンの使い方は覚えてる?」
O「なんとなく覚えてるよ」

Oくんはクローンの使い方をしっかり覚えていたようで、ブロックを組み上げていきます。
しかし、クローンを作って動かすところまでは上手くいったのですが、クローンを上手く削除できません。

O「上手く消せない」
よ「ちょっと見せてね。…うーんクローンを削除するのはクローンした後だよね」
O「うん」
よ「じゃあクローンの削除は「クローンされた時」のブロックに付けてみよう」

Oくんは先生の言いたいことに気が付いたようですぐ修正してくれました。
完成したのがこちら↓

ランダムなY座標から1秒ごとにクローンを右に移動させるプログラムです!

画面端に付いたらしっかりクローンが削除されるようになっていますね。
この問題の後、もう一問クローンを使う問題を解いて今回はタイムアップ!

次回は問題集最後の問題です。
最後の問題でもクローンは使うので今回のクローンの使い方と削除の仕方はしっかり覚えておきましょう!

次はHくん。

Hくんにはロジカルコースの問題集を進めてもらいます。
今回からレッスンをスタートしたHくんですが、基本的な使い方は知っているようで、移動、座標、計算といった初歩的な問題はドンドン解いてくれました。

Hくんが今回少しだけ躓いてしまったのは「もし~」のブロックで「~ではない」を使う問題でした。

問題では指定された文字以外を入力した場合の処理が必要なのですが、中々上手くブロックが組めません。
「かつ」のブロックで「~ではない」を繋げても良いですが、ブロックが大きくなってしまい見づらいどこかでブロックのつなぎ方を間違えてしまったようですね。

そこでHくんは「もし~」ブロックを繋げて「かつ」ブロックの代わりにしてくれました。

完成したのがこちら↓

縦に「もし~」ブロックを並べて指定された文字以外を判別していますね。
「かつ」、「または」ブロックの使い方もしっかり確認して次の問題に進みます。

今回は30問ある問題集のうち20問まで終わらせてくれました。
次回からはじゃんけんゲームの作成などドンドン複雑な問題になっていくので引き続き頑張っていきましょう!

よしだ先生ありがとうございました。
OくんはTくんと同じくクローンを使ったプログラムですね。クローンを使う際に気をつけないといけないのは、「クローンを消す」こと。消さないとドンドンスクラッチが重たくなってしまいます。無事Oくんは消すことができましたが、この後もクローンの問題が続くので消すタイミング覚えておこうね。
最後はHくん。今回からレッスンに参加してくれました。スクラッチを勉強したことがあるということだったので、問題集で基礎を固めてもらいました。なので、ペースが速い!1回で2/3終わってしまいました。残りは複雑な物もあるので、次で終わりということはないと思いますが、このまま進められれば、Unityのコース(Hくんはこのコースに行きたいそうです)にたどり着くのも、あっという間かも。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)