小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火1】切っても切れない〇〇

2020/10.23

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は火曜前半のレッスンを報告します!
※ 2本立て

本日の先生はささい先生、えりちゃん先生。
来てくれた生徒さんは、Tくん(小3)、Yくん(小3)、
Kくん(小3)、Tくん(小6)でした。

それでは1本目、ささい先生よろしくお願いいたします!

こんにちは、ささい先生です。
本日担当した生徒さんは、Tくん(小3)、Yくん(小3)です。

それでは始めていきます。

まずはTくんから。

ロジカルコースのTくん、本日は問題集と「ルーレット」を作ろうに挑戦してくれました。

問題集では、スタートボタンを押すたびに、
・2ずつ増えた数字をメッセージで教える問題
・10ずつ増えた数字分、スプライトを右に進ませる問題
の2問に挑戦しどちらもクリアすることが出来ました!

どちらの問題でもクリアのカギとなる要素は”変数”でした。

問題文では、1行ごとにヒントが詰まっていましたが、ヒントを見逃さないように1節ずつ確認しながら進めていくことが出来た点はとても勉強になりましたね!


続いてテーマ別問題「ルーレット」に挑戦です。

ルーレットは、回転するルーレットを徐々に止めたり、また、止まった時に指定された絵柄を判定し、それを結果として伝えるところが大きなポイントとなる問題です。

さてそんな問題に挑戦してくれたTくん、本日は、スペースを押した際に徐々に止まる部分を研究するところまで進めることが出来ました!

とくに本日素晴らしかった閃きは、回転する数字は”変数”を使ったほうがいいことに気づけた部分です。

T「先生、ずっとクルクル回るようになったよ。でも、スペース押したら、徐々に遅くなって止まるってどうやればいいのー?」
さ「まずは自分でルーレットを回転させることが出来たね!よく頑張った!」

さ「では、お悩みのだんだん遅くなって止まる部分だけど…、実は今日の問題集の問題でやった考え方がすごく参考になるんだよねー。」
T「そうなの?」
さ「うん、今日問題集では、スタートを押すたびに、増えた数字をメッセージで表示したり、進ませたりしたよね?」
T「うん。」
さ「数字を増やすときどうやった?」
T「えーっと、変数に足し算した。」

さ「うんうん、変数に足し算して、数を増やしていった。じゃあ、反対に引き算だって出来そうじゃない?」

Tくん、ここで何か閃いたようで、
T「あ、そっか。どんどん引き算すればいいんだ!じゃあ、変数使うんだ!」

その通りです!
Tくんは、現在ルーレットを回すために15度ずつ回転させることを繰り返してプログラムをしています。
これを一定間隔(15度)で進む幅に対し、少しずつ引き算していき最終的に0を目指していくと…、どんどんと回転速度が遅くなり0に達した時点で回転は止まる、こんな仕組みをつくることが可能になります!

そこを何となく掴んでくれたTくんは、
1.徐々に遅くするため引き算が必要。
2.引き算するためには、変数が必要。
3.変数の数字を回転する数字にすればいいんだ。
こんなことを発想することが出来ました!

とてもいい流れの発想です!

本日は、色々とわかったことをブロックで実現したところでタイムアップ。

いいですね、よく頑張りました!

次回はこの続きで、あたりとハズレの判定を作成していきます。
どのように判定を作るのでしょうか?!楽しみです。

それでは、次回の発想と頑張りを期待しています!

続いてYくん。

ロジカルコースのYくん、本日は問題集と引き続き「クレーンゲーム」を作ろうに挑戦してくれました。

問題集では、ランダムな2つの数字を足し算し、その結果をメッセージで伝える内容に挑戦し、無事クリアすることが出来ました!

プログラムを学習する上で切っても切れないのが”変数”。
この課題でも変数をふんだんに利用し、また1つ変数に慣れることができたと思います。
今回の問題集でとくに素晴らしかったのが「文字と変数を一緒にメッセージに表示させる」方法を自らの力で導きだせた部分です!

出来てしまえば簡単だったなぁと感じる部分ですが、この「文字や数字・変数の連結」部分は、意外と忘れられがち…。
そんな中で、「う~ん、どれだったけなぁ」と悩みながら思い出せたところは成長だと思います!


続いて、今Yくんが全力で頑張ってくれているテーマ別問題「クレーンゲーム」を作ろうに突入です。

本日Yくんは解決すべき課題を1つ残し、応用問題も含めすべての機能を作ることが出来ました…!
ここまでたくさん悩んで頑張ってきたYくん。ゴールが見えてきましたね!

Yくんが残る1つとして頑張っているのが、景品を離した後のメッセージです。

さ「いいね、ゴールがいよいよ見えてきたよ!よく頑張った!」
Y「あともう少しだー!」
さ「あと1つだけ!」
Y「え、何かあるの?」
さ「今、片方の景品が取れたときに、取れた方は「おめでとう」というけれど、取れていないほうは「ざんねん」ってメッセージが出ちゃってるじゃない?これは、出ないようにしてあげた方がいいんじゃない?」
Y「えー、そっかー。どうやるのー!?」
さ「あと少しだよ、頑張って!」

今、Yくんとの間で問題となっているのがこの現象です。

Yくんは、残る1つのピースを、しばらく真剣に取り組んでくれました。
しばらくして様子を見てみると、いろんな要素が組み合わさっているクレーンゲームに頭を抱えている様子です。

そこで最後にヒントをひとつだし、本日はタイムアップとなりました。

さ「今2つの景品が取れたときに、実はある変数に違いがあるんだよ。動かすからよく見ててね。」
Y「うん。」

さ「”ロボットあたる”の変数を見てごらん。取れた景品によって数字が違うよね?」
Y「本当だ!水色ロボットの時は1で、赤ロボットの時は2だ!」
さ「うんうん、この数字の違いを”条件”に利用すると、きっとうまくいくはずだよ。次回、コレ忘れずにやってみて!」

Yくん、次回はこのヒントを参考に、最後クリアに向けて頑張ってね!
(忘れちゃだめだよ!(笑))

それでは、次回の頑張りにも期待しています!

ささい先生ありがとうございました。
Tくんは事前に変数の練習をしたのもあって、ルーレットの課題に挑戦するときに変数をうまく使うことが出来たようです。練習したことを活用できると自信にも繋がっているようですね。次回も楽しみです。
Yくんはちょっとずつちょっとずつクレーンゲームを組み立てていっています。ようやくゴールが見えてきました。以前はクレーンゲームをどうしたら出来るのか、よく分からないという感じだったのですが、復習時間を設けてからは分かることが増えてきたようで、この調子で分かることを増やしていけたらと思います。次回完成させようね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加

   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)