小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】分かるまで頑張る!

2021/01.25

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜前半のレッスンの模様を報告します。

先生はえりちゃん先生、
来てくれた生徒さんは、Tくん(小1)、Hくん(小3)、Hくん(中3)です。

それでは、えりちゃん先生よろしくお願いいたします!

こんにちは、えりちゃん先生です。
それでは報告を始めていきます!

まずはロジカルコースのTくん(小1)。
前回に引き続き、スクラッチの問題集を解いていきます。

じゃんけんの勝ち負けを判別するためにメッセージを送った後、「〇勝〇敗」というようにしていたのですが、待っていてもそれを言ってくれません。

T「なんでかなー。」
え「これ、メッセージを送るっていうブロックを使ってるけど、その後ここに戻ってくる?」
T「ん-、いったら戻らないよ。」
え「そうだよね、でも何勝何敗って言うには戻ってこないとだめじゃない?」
T「たしかに!」
え「戻ってこれるブロックがあるから探してみよう。」

探すと”メッセージを送って待つ”というブロックが見つかりました。

T「あったよ。」
え「そしたらそのブロックに入れ替えよう!」

入れ替えたのがこちら↓

勝ち負けを判別した後で、何勝何敗といえるようになりました!

もう一度実行してみると、あいこの時の処理がうまくいきません。

え「あいこになったらどうするんだっけ?」
T「またじゃんけんするよ。」
え「そうだよね、でもそうなるブロックってある?」
T「んーない。」
え「じゃあそのブロックを準備しよう。」

あいこになったときにもう一度じゃんけんができるように処理を考えているところで今日はタイムアップ。

ちょっと今日はほかのことにも興味が行ってしまって、なかなか進みませんでしたが、もう少しで完成なので頑張っていきましょう!

続いては同じくロジカルコースのHくん(小3)。
前回に引き続き、スクラッチの問題集を解いていきます。

一通りじゃんけんができていたので、今回は繰り返す回数を考えていきます。

え「このゲームはHくんが何回勝ったらおしまい?」
H「3回。」
え「そうだね、じゃあ逆に何回負けたらおしまい?」
H「それも3回。」
え「そうだね、じゃあその”両方の条件を”っていうのはどんなブロック使うかな?」
H「えー…。”または”ブロック?」
え「そうだね。じゃあそれを準備しよう。」

”またはブロック”を用意して、そこに入れる2つの条件を考えます。
条件は
①勝った回数が3になったら
②負けた回数が3になったら
この2つです。
作ったブロックがこちら↓

「変数」には負けた回数、南陽舞鯛には勝った回数が記録されています。

繰り返す回数が考えられました。

あいこになったときにもう一度じゃんけんをしてほしいのですが、その処理がまだできていなかったので考えていきます。
今日はそこでタイムアップ。

今日はちょっと眠かったようですが、頑張ってくれました。
もう少しで完成できそうなので次回も頑張りましょう!

続いてはプロフェッショナルコースのHくん(中3)。
前回に引き続き、VisualStudioを使ってプログラムを作っていきます。

今回挑戦した問題はこちら↓

入力ボタンを押すと
名前と年齢を入力する画面が表示されます
OKボタンを押すと最初の画面に入力した文字が表示されます

H「入力ボタン押しても別の画面が出てこないです。」
え「別の画面を使うよっていうのは言ってる?」
H「あー、してない、どうやるんだっけ…。」
え「Listって前に習ったよね、それを使うっていうときと同じだよ。あと別画面を出すよっていう命令も足りないかも。」

ヒントを出すと思い出して、必要なプログラムを書いてくれました。↓


必要なものがかけたので実行してみると、名前のところに数字を入力しても問題なく最初の画面に表示されてしまいました。

え「名前のところに数字が出ないようにしたいね。」
H「どうすればいいんですか?」
え「もし名前を入力するところに数字が入力されたらっていうのを調べたいよね。」
H「はい。」
え「入力された文字を数字に変換できたとしたら、入力されたのは数字と名前どっちかな。」
H「数字?」
え「そうだよね、変換ができちゃったらダメってことだね。文字を数字に変換できるか試すっていうプログラムがあったと思うんだけどなんだっけ?」
H「あー、なんだっけ…。」

思い出して書いてくれたのがこちら↓

TryParseというのを使うことで入力された文字が数字に変換できるかを試してくれます。
これを書いたことで”もし入力された文字が数字に変換できた場合”にエラーメッセージを表示されるようになりました。

完成したところで今日はタイムアップ。
この問題の肝である”プロパティ”という部分がとても難しく、なかなか大変だったと思うのですが、理解しようと頑張ってくれました。完成お疲れ様でした!
次回からはまた違う種類の問題になるので、頑張っていきましょう!

えりちゃん先生ありがとうございました。
Tくん、HくんともにScratchでじゃんけんゲームを作ってくれました。
イフキッズでは個別に指導しているのもあって、あまり生徒さん同士で同じ課題や問題に取り組んでいるレッスンになることがないのですが、偶然二人ともじゃんけんでした。
じゃんけんは普段気軽にすると思うのですが、これをコンピューターとやろうとすると、思いのほか複雑です。(慣れたらスグできるとは思いますが。)
残りは二人ともあいこの処理ということで、次回には完成!ですかね。
最後はプロフェッショナルコースのHくん。試験に合格後、難易度の上がった課題に取り組んでいるHくんですが、今回も新しいこと、今まで出てきたことを組み合わせて完成させることができました。今後も同じような感じで進めていこうね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)