荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【日】 夢に出そうな・・・

2019/06.5

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は日曜日のレッスンを報告します!

先生は池ちゃん先生
参加者はYくん(中学1年生)とSくん(小学1年生)の一回り違うコンビでした。

まずはYくんから。
Yくんのお題はサッカーゲーム。
ボールを用意して、シュートする選手を用意して、という流れのはずが・・・

池「今日のお題はサッカーね。」
Y「じゃあ、まずは青鬼を作る!」
池「ボールはどうするの?」
Y「ボールかぁ。鬼なので生首かなぁ。」

おいおい。(苦笑
鬼さんもそんな不気味なものでサッカーしたくないのでは?
と思って聞いていたのですが、プログラム部分は余り詰まることもなく
無事完成。
しかもちゃんとサッカーしている雰囲気もあり、これはこれでありかなと思いました。
できあがりはこちら。

蹴った瞬間に「ぎゃ~~」と言われそうですが、サッカーに見えませんか?

この作品を作る重要なポイントはお手紙ですね。
ブログにも何度も登場していますが、キャラ同士で連携するときにはかかせません。次回以降もお手紙を使う場面が出てくるかと思うので、そこでうまく使えるといいなと思います。

次はSくん。
Sくんのお題は、動物さんのご飯です。
動物が食べ物を食べて、大きくなるシーンを再現します。食べられた食べ物もだんだん小さくなって最後には消えてしまうようにするお話になります。

池「どうしたら、食べているように見えるかなぁ?」
S「(前に移動するブロックを指して)これ」
池「じゃあ、それでやってみよう!」

S「できた」
池「ん?これ食べたように見える?リンゴ(今回食べ物はリンゴとなりました)とあたったようには見えるんだけど」
S「確かに」

S「じゃ、小さくなって消えたら見える?」
池「おっ、見えるねぇ。でもこれだとだんだん小さくはならないなぁ。」
S「だんだんが分からない」

つぶらな瞳で先生わからないよ~と訴えてきます。
じゃ、先生と一緒にやろうか。とSくんと一緒に作っていきました。
ここも実はお手紙が重要なポイント。
なので、食べ物を食べたら、動物から、食べ物へ「食べたよ~」ってお手紙を出すんですね。

お手紙をうまく使って、無事作品は完成!
いつもなんですが、Sくんはニコニコでプログラミングをしています。
分からないときは困った~って顔に変わるので、先生も「しょうがないなあ」とお手伝いしています。Sくん、先生はSくんの可愛さにやられている気がするぞ(笑

今回年の差コンビだったのですが、仲良く楽しそうにレッスンが実施できてよかったです。こういう年の差で一緒に何かすることがあまりないため、よい機会になったように見えました。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)