小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】そんな使い方があったの?

2019/10.24

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンを報告です!

先生は池ちゃん先生とはしもと先生とだいご先生
前回はだいご先生だったので、今回ははしもと先生です。

はしもと先生よろしくお願いいたします。

こんにちは!
はしもと先生です。
今回僕が担当したのはRくん(5年生)、Hくん(5年生)、Hくん(中学1年生)の3人です。

まずはRくん(5年生)から。

Rくんの課題は「おにくやき」です。
お肉を火にかけて時間経過で画像を変化させ、どんどん焼けていくように
表示する課題です。

前回からの続きなので今日は応用課題の「お肉と火が揺れる」と
「焼き加減ごとのメッセージを表示する」からでした。
この応用課題は難しくなかったようで、すぐ完了となりました。

次の課題は「花火」です。
花火が1秒ごとに高く昇ってから開くように表示する課題です。

まずは画像集めから、ということで目を離していたのですが、
ふと見ると何やら勢いよく頭を左右に振っています。
どうしたんだろうかと見に行くと、Scratchの背景にPCのカメラの映像が
映っていて、見たことのないブロックが画面に置かれていました。

Rくんの話を聞くと、カメラが撮っている映像のなかで早く動くものに
反応して処理を開始できるのだそうです。
これは僕も知らない使い方でした。

次の花火や他の課題の開始の合図として使ってもらいたいですね。
ぜひどこかで使ってもらいましょう!

2人目はHくん(5年生)です。

Hくんの課題は「信号機」です。
ライトが「青→黄→赤→青…」と切り替わっていく信号機を作っていきます。
1つ目の信号機ができたら、2つ目の信号機を増やしたり、
信号機が青の時だけ車(前回の課題ですね)が走るようにしたりと
応用課題が多い課題です。

この課題で難しいのは「信号が青の時だけ車が走る」という応用課題です。
問題文だと簡潔に書いてありますが、「青に変わったら走る」
「黄色に変わったら走れない」という信号の切り替えによって
メッセージを送ったりフラグを立てることが必要になり、
そのために信号の切り替え処理にもちょっと一手間加えないと
いけなかったりと、問題文に直接書かれていない部分で
考えないといけないことが多くあります。
そこがこの課題で一番難しいポイントじゃないかと思います。

Hくんは今日この条件分岐やフラグやメッセージのところで
ちょっと詰まってしまいましたが、今後も必要になる処理なので
ここでいっぱい悩んで覚えて行って欲しいです。

最後はHくん(中学1年)です。

Hくんの今日の課題は「レジ打ち」です。
レジのスキャナーで色んな商品のバーコードを読み取って
合計金額を計算します。

Hくんは問題とScratchの理解度が高いのでサクサク進みます。
今日は1時間程度で「先生できたよ~」と声が上がりました。
特に詰まる所はなかったようで、今日の課題は無事完了です。

今日の終了間際、Hくんから「先生、ちょっとこれやってみて」と
声をかけてくれました。
画面を見てみるとScratchのタイピングゲームが表示されています。
なんだろう?と思っていると
「難易度がノーマルとハードとベリーハードがある」
「大人がやると難易度設定どうなのか見てほしい」とHくんから説明が。
どうやらHくんの個人アカウントでタイピングゲームを
自作したようで、テストプレイをやって欲しいとのこと。
このゲームはプレイヤーとCPUとでかけっこし、ゴールを競うようになっていて、
タイピングに正解すると進み、間違えると戻るというゲームになっていました。
相手も時々間違える人間らしい動作をするようになっている工夫が
されているのが良いと思います。

自発的にプログラミングに取り組んで覚えていくのは
大人にも当てはまる学習方法なので、Hくんが簡単に課題を終わらせられる
理由はこういったゲーム作成で色々覚えていったからかもしれませんね。
謎が1個解けた気がします。
ぜひもっとたくさん作っていってもらいたいなと思います!

はしもと先生ありがとうございました。
自分で作りたいなぁと思った物を作るのが一番スキルアップするのですが、
作りたい物が見つからないと挫折につながって・・・
と悪い方向にいってしまうことも。
そんなときは無理に作りたい物を探さず、普段見ている物を再現するとか
イメージしやすい物をお題にプログラミングすることをお勧めします。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)