荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】正しい名前

2019/11.26

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンを報告します!

先生はなべ先生とにしなみ先生
今回はにしなみ先生のレポートです。

よろしくお願いいたします。

こんにちは!にしなみ先生です。

最近自宅で使用しているマウスの調子が悪くなってきたので、再購入を検討したりしています。
今までと同じモデルにするか、見た目のカッコいいゲーミング用マウス(高機能・高価格)にするかで迷っております。
わたしはあまりマウスを使わずに作業する人間なので、1000円くらいのやすーいマウスでも事足りちゃったりするのですが…。
なんとなく、自分が使うガジェットには見た目や機能優先でお金をかけたくなっちゃいます(とはいえ桁が変わってくるので要検討ですが)。
みなさんはマウスやキーボードにどれくらいお金をかけられるタイプですか?

さて、レポートに入りましょう。
本日わたしが担当したのは、ロジカルコースのRさん、Gくん、Hちゃんです。

最初にRさん。
前回に引き続き、花火を打ち上げる課題の作成中…なのですが、開始直後にアクシデント。
どうやら前回作成したプロジェクトが残っていないようなのです。ちゃんと保存できてなかったのかな…?
わたしは普段作業を終えたあと、『保存したものが再度開ける』ことを確認してから終了しています。ちょっと面倒ですけどね。
何か大掛かりな作業をしたあとはこれくらいしつこく確認する手間を割いてもいいかもしれませんね。

それはさておき、一から作成し直しになってしまったRさん。
しかし前回詰まっていた『毎秒花火の色を変える』部分にも特に躓くことなく、課題を完了させてしまいました!
ちょっと詰まってわからなくなってしまったところは、時間をおいて再チャレンジすると別の角度からの考えが生まれたりしてサクッと解決できたりしますよね。

Rさんの次のお題は『雷が落ちた場所までの距離を音から計算する』というもの。
渡したファイルには難しいことが書いていますが、実際に書く処理自体は今まで学んできたものとそう変わりません。
Rさんならきっとサクッと解けちゃうでしょう。

続いてGくん。
Scratchの使い方を学ぶテキストを進行中ですが、まだ変数の概念をうまくイメージできていない様子。
変数というのは『箱』であり、『変化するもの』を覚えておいてくれるものです。
繰り返し伝えることでようやくなんとなーく使い方を習得できてきたようなので、このまま課題を進めてしっかりと理解していきたいですね。

また、変数を扱う上で重要なのは『名前』です。
変数には自由に名前をつけることができるのですが、『何を覚えさせたいのか』『何のために使うのか』に適した名前をつけるべきです。
わたしも日頃から常に意識していますが、これをしないと後で見返したときに

『あれ、この変数には何が入っているんだっけ?』
『この変数はここで使ってもいいんだっけ?』

と混乱する原因になってしまいます。
Scratchで作っている間は作っている本人がわかればそれでよいですが、お仕事では自分以外の人がプログラムを見ることが多々あります。
そのときによくわからない名前をつけていると、処理を解読するのに時間がかかったり、間違って処理を理解してしまったり…と、トラブルが発生しやすいです。

早めに正しい名前をつけることを習慣づけておくことで、後々もっと楽をしよう、ということです。
これも合わせてしっかり身につけていきましょうね!

最後にHちゃん。
Hちゃんは現在『クレーンゲーム』の作成中。
お金を入れ、アームを動かす処理を作っている最中で、前回はアームを横に動かす処理は作れたようです。
今回はそのアームを下に動かし、景品をつかめるようにするところから。

しかしどうやらうまくアームが下に動いてくれない様子。
降下ボタンを押すと少しだけ下に動くのですが、景品があるところまでは下がってくれていないようです。

画面をよく見てみると、『下に動く』という処理が実行されるのが1回きりになっています。確かにこれでは一瞬下がるだけで処理が終わってしまいます。
そのことを指摘すると、Hちゃんはすぐに気づいて『繰り返し』ブロックを使い、しっかり下まで動くように変更できました!

このまま続けて、『景品を掴んでアームを元の位置に戻す』処理を作っていくことになります。

クレーンゲームの課題は書かなければならない処理がかなり多いので長丁場になりますが、少しずつ前進していきましょうね。

にしなみ先生ありがとうございました。
Gくんの変数の名前のお話は池ちゃん先生も同じような事を書いていましたが、
エンジニアに取ってすごく重要なポイントなので、Gくんだけでなく、みんなにはちゃんと名前を付けてもらいたいなぁ~。(大半の生徒さんが「面倒くさい」って言うんですよね~。)


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)