荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【日】アニメーションできた!

2019/12.26

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は日曜日のレッスン模様を報告します!

先生は池ちゃん先生です。
生徒さんはYくん(中1)、Kくん(小6)、Gくん(小4)、Hちゃん(小3)、Kちゃん(小2)でした。
では、Yくんのレポートから行きましょう。

Yくんは前回、タブレットでのプログラミングを修了し、今回からScratchです。

Scratch自体やったことがないということでしたので、使い方から覚えていきます。
座標や計算は中学生ということもあり、スムースにいったのですが、
もしブロックで躓いてしまいました。

これがもしブロックです。このブロックと座標と組み合わせて、キャラクターが右にいたら「右」、左にいたら「左」と教えてくれるプログラムを作るという課題だったのですが、

Y「よく分からないなぁ」
池「真ん中はどこだっけ?Xはいくつだと真ん中?」
Y「0」
池「じゃあ、0より大きいなら右?左?」
Y「右」

とヒントを出してあげると、少しずつできました。
右が完成したので、次は左ですが、また左で詰まってしまいます。

池「右が出来ているから、右は残しておくんだよ。左は続きに作ってみて」
Y「あぁ。」

ということで、左に関しても作ることが出来ました。
今日やったことはこのあともよく出てくるから覚えておこうね。

次はKくんです。
KくんはScratchでルーレットを作成するお題です。

今回あたりとはずれが交互に来るようなルーレットを用意して、ルーレットを回すのですが、まずはルーレットを回すところで難関が・・・
実はScratch。絵を真ん中にするのが難しい。
でもそこはKくん。ちゃんと分かっています。

池「真ん中に持って行けそう?」
K「真ん中に目印ありますよね。それに合わせました。」

素晴らしい。目印に合わせることをちゃんとやっていました。
でもそんなKくんも困ったのが、ルーレットを回した後、だんだん遅くなって止める動き。

なかなかだんだん遅くすることが出来ず、苦戦をしていましたが、なんとか完成。
あとはあたり、はずれの判定を組み込んで・・・

と無事完成しました。

白いところに止まれば、あたり、黒ならはずれになっています。
次は数字のルーレットに挑戦です。

次はGくん
今回GくんはScratchで信号機を作成します。

信号機は青信号、黄信号、赤信号の画像を用意し、
青⇒黄⇒赤
と画像をプログラムで切り替えていきます。

ヒントとして、「表示する」ブロックと「隠す」ブロックを使おうとなっていたので、Gくんもそれを使って実現しようとしました。

ところが・・・
G「先生、青信号が表示されない」
池「どれどれ、見せて。あぁ、これかぁ。」
池「黄色の信号に変える前に、ちょっと待ってあげて。待たずに次々やらせてしまうと青信号が見える前に黄信号に変わってしまうよ。」

そう、青信号から黄信号に変わるところまで一気に動いてしまい、
青信号が見えない状態に。

青信号から黄信号が表示されるようになったので、次は黄信号から赤信号に切り替えるプログラムを作ります。

またまた、困ったご様子。
池「今度はどうしたの?」
G「黄信号が出たままに・・・」
池「黄信号と赤信号が同時に見えているねぇ。これか。メッセージの名前一緒になっていない?」
G「なってる」
池「それだよ」

どういうことかいいますと、青信号から黄信号に変わる際、メッセージを送って、切り替えたのですが、黄信号から赤信号に変えるときも同じメッセージを使ってしまっていました。そのため、黄信号から黄信号に切り替われ!って指示をしてしまい、本来黄信号は消えないといけないところ、ずっと表示し続けていたのです。

池「青信号から黄信号に変わるよう、メッセージを作るでしょ?次は赤信号に変わるメッセージを作ってみて。そのとき、ちゃんと名前を付けないと後苦労するから、ちゃんと付けてみようか。」

ちゃんと黄信号に変わるメッセージと赤信号に変わるメッセージを用意して、青信号から黄信号に切り替わるときと、黄信号から赤信号に変わるときに呼ぶようにしました。

時間ギリギリでしたが、一回分信号が切り替わるように出来ました。
赤信号から、青信号に戻るところは間に合わなかったので次回だね。

次はHちゃん
Hちゃんは今回から、Scratchでシュートゲームに挑戦。

このお題はバスケットボールのシュートをゲームにしてみようと言う内容。
まずはボールと、ゴールと、シュートのときの力加減を表すバーを用意します。

画像はいつもながらの手書き。Hちゃん、上手なんですよね。
で、用意が出来たのでバーが動くようプログラミングしていくのですが・・・

最初コスチュームの切り替えで作成しようと作り始めたのですが、スペースキーで止められず・・・

池「あぁ、そのやり方だとうまくいかないかも。x座標を~ずつ変えるを使って、動かした方がいいよ。」

とヒントを渡すとヒントに合わせて作り替えていきます。
バーが左から右に動くようになったのですが、今度は折り返して、左に動かないといけません。
それとスペースキーを押したら止める部分もあったので、ミックスして作ってしまい、思い通りに動かない状況。

そこで
池「まず、バーだけ作ろうか。それが出来てから止める部分を作ろう。バーが移動するんだけど、変数も使って、変数分だけ移動するようにしてみて。それで、もしバーが右端についたら、変数をマイナスの数値に変えてみて。」

どういうことかといいますと、左から右に動くときは「10ずつ」x座標を移動し、右から左には「-10ずつ」x座標を移動させたかったのです。

折り返しに挑戦しているところでタイムアップ。
次は折り返せるように調整しようね。

最後はKちゃん。
KちゃんはScratchの問題集に挑戦中。

Kちゃん、得意なのか、Scratchをいい感じで覚えて行っています。
今回は7個も問題をクリアー。

その中でもアニメーションをさせながらジャンプをさせる問題は上手に出来ました。
Scratchではコスチュームをいうものがあり、それを切り替えることでアニメーションが出来るようになっているのですが、そのコスチュームの切り替えとキャラクターの移動をうまく組み合わせて、ジャンプしているように見せるのですが・・・

池「コスチュームを変えるのはこのブロックで出来るからね。あとはうまく動かしながらコスチュームを切り替えてみて。」
K「うん。」

見事です。この調子で、どんどん覚えていって欲しいな。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)