小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】うまく焼けたよ!

2020/02.4

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンを報告します!

先生はなべ先生とはしもと先生とたくちゃん先生とだいご先生。
まずはだいご先生からレポートです。

では、だいご先生よろしくお願いいたします。

こんにちは! だいご先生です!
今回はHくん(小5)とMちゃん(小2)を担当しました。

前回の課題「うそつきさがし」の続きからスタートしたHくんは、開始数分ですぐに課題をクリアしてしまいました。

時間がまだまだあったので、次の課題「おにくやき」に取り組みました。

「おにくやき」の課題は時間経過と共にお肉の画像が切り替わっていき、スペースキーを押すとお肉の状態を表示する、というものですが、それでは満足できない様子のHくん。

「お肉を綺麗に焼けたら成功、生だったり焦げていたりしたらゲームオーバーにしたい」

そう言ってHくんは、プログラムを改良しはじめました。
その結果、丁度良いタイミングで矢印キーを押すと背景に「せいこう」の文字が、タイミングを誤ると「ゲームオーバー」の文字が出るように。

その「せいこう」のタイミングがとってもシビア。おかげで難易度が高く、よりゲーム性のあるプログラムとなりました。

その後、Hくんは、自主的に作っているゲームを見せてくれました。まだ制作途中みたいだけど、結構作り込まれていてびっくり。完成したらぜひまた見せてほしいな。

Mちゃんは、Scratch問題集に挑戦中。

今回は2、4、6、8……と、2ずつ増えていく数字をキャラクターに言わせる問題でした。

その問題を見たMちゃんは最初、
「わかんない……」
と首を傾げていました。

そこで、
「「~を~ずつ変える」を使ってみたらどうかな?」
と提案してみました。

その後、Mちゃんはしばらくの間じっと考え込んでいましたが、そこでひらめきが!

「わかった!」

そう言って、さきほどの「~を~ずつ変える」と「へんすう」「と言う」をくみあわせ、無事問題をクリアしました。

しかも、それでコツを掴んだのか、Mちゃんは次の問題もかなりの速度で解き終えました。すごい成長速度だね!次回も頑張ってね。

だいご先生ありがとうございました。

Hくんの課題をアレンジしてゲームのようにしてくれるのはすごくよかったです。発想力の豊かな子どもたちとはいえ、0から1の発想をするのは難しいのですが、すでに1となっているものに、ちょっとしたアイデアを付けて、違う物を作ることは結構スムースに出来ます。そういう意味でも、お肉焼きの課題をゲーム風にしたのはすごくよかったです。

Mちゃんもコツを掴めたのがよかった。へんすうとへんすうの中身を変える方法はこの後も出てくるので、次回も覚えておいて、うまく使ってくれるとうれしいな。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)