小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】実は、この機能で出来ちゃう!?

2020/02.26

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

土曜日のレッスンの続きです!

先生はささい先生、はしもと先生、だいご先生、池ちゃん先生です。

今回はささい先生の担当したMちゃん(小2)、Hくん(小3)、Hちゃん(小3)の様子をお届けします。

では、ささい先生よろしくお願いします!

こんにちは、ささい先生です。
それではレポートを始めていきます!

まずはMちゃんから。

Mちゃんの本日のお題は、
ロジカル問題集で「数字の大小判定」。

1~20の中からランダムで1つの数字を決め、
10より大きいか、10以下なのかを判定して、
スプライトのキャラクターが教えてくれるというもの。

まずは、ランダム。
スクラッチでは、緑色のゾーンにあります。
まずは、そこから乱数のブロックを取り出して、
今回どんな数字を入力したら良いか確認していきます。

さ「今回、どこからどこまでの数字の間だったかな?」
M「(1~20を指差す。)」
さ「そうだね。あとは”ランダムな数字”とも書いてあるね。」
M「うん。」
さ「ランダムは、サイコロみたいなイメージ!サイコロ振ったら数字が勝手に決まるでしょ?」
M「うん。」
さ「今回だと、そのサイコロの数字は1~20。ということは、緑のランダムブロックの丸い2つの空欄は、何を入力したらいいと思う?」

ここで、Mちゃんの手が動きました!
既にイメージできていたようで、
バッチリ左の○に1、右の○には20と入力。

ランダムで使うブロック、そして数字の範囲。
これをイメージ出来れば、ココはばっちりクリアです!


お次は「10より大きいか、10以下か」の判定部分。

まずは、”もし~”ブロックの使い方を
実際に動かしながら慣れていきます。

今回Mちゃんにとって、
もう1つポイントとなったのが不等号の部分でした。

問題にある”10以下”という条件。
(1~10の数字を指します。)

これを、不等号(”<”,”>”)で
「数字<10」と書いてしまうと、
10が含まれなくなってしまいますね。
(ここは、最初よく間違えるところだったりします。)

Mちゃんも、最初は条件を
“数字<10”と書いてしまいましたが、
先生と一緒に不等号について復習し、しっかりと修正。

条件部分はOKです!!!

ラストは、条件ごとに出るメッセージ。
タイピングもローマ字表を見ながら一歩ずつ頑張って入力します・・・!

ちょうどいい時間で・・・見事完成!
動作を確認するとしっかり動いてくれています。

複数の要素が出てきましたが、
復習しつつよく頑張ってくれました!

次回もがんばって取り組んでいきましょうね。

続いて、Hくん。

Hくんの現在の課題は、
前回に続いてロジカルで「光の屈折」。

今回はレーザーポインターから光が出るところ、
そして、鏡に当たったら反射させる部分からスタートです。

さ「今、光はどうやってやろうとしてるかな?」
H「レーザーの光は、この線だよー。」

見せてくれたのは、レーザー光が進んで、
反射後の光の動きも既に書いてあるスプライト。

ないものは作る!とてもいい発想です!

しかし・・・今回の場合、
さ「そっか、いいアイデアだね!だけど、今回は『鏡にぶつかったら光の進む方向が変えよう』と書いてあるね?ということは、ぶつかる前から光を曲げるのはいいのかな?」
H「えー。どうしたらいいかわからないよー。」

なかなか難しいですよね。
Hくん、お悩みの様子です。


そこでヒントを提案します。

さ「じゃあ、ヒントね。”ペン”って知ってる?」
H「ペン?知らないよー。」
さ「実は、スクラッチって出来ること( 機能ブロック )増やせるんだー。ココから…追加して…こんな感じで使えるよ~。」

と、ちょっとした使い方をサンプルで紹介してみます。

H「へー。こんなのあるんだ。」
さ「そうそう。じゃあ、このサンプルも参考にしながら、自分なりに光が進むプログラムを作ってみようか!」

Hくん、プログラミングに入ります。
しばらくすると、光が進むプログラムが出来上がった様子。

H「進むけど、なんか別のところから光が出てくる。(笑」
さ「本当だ。(笑)もしかしたら、スタート位置が違うのかもしれないね。見てみよう。」

さっそく見直しすると・・・、
どうやら、光のスプライトを複数用意していたことが原因のようでした。
ここは、ぱぱっと修正します。

原因がわかると、パパッと直せる適応力素晴らしいですね!

続けて、光が鏡にぶつかったら反射する部分に挑戦。
しばらくして、お声がかかります。

H「ぶつけたら曲がるって作ったけど・・・曲がらないよ~!」

良く見てみると、
反射部分は出来ている様子ですが、
邪魔しているプログラムがありました。

ここを発見してもらえば、反射が実現できるはずです!
が、今回はここでタイムアップ。

1つずつ確実に進んでいるので、
次回は、バッチリ発見して完成に向けて頑張りましょうね!

ラストは、Hちゃん。

Hちゃんの現在の課題は、
前回に続いてロジカルで「マッチ棒」。

Hちゃんは完成まであともう少し。
ある要素はまだ未完成でしたが、
マッチを側面で擦ると、火がつく様子はプログラミングできています。

では、未完成のある要素とは・・・?

さ「お、火がつくのは出来てるね。1つだけ!気になったのは、問題の”素早く”が抜けているみたいだよ。」

というのも、今のマッチは
時間をかけて擦っても火がつく状態だったのです。

さ「ちょっとココを考えてみよっか。」
H「うん。」

Hちゃん、さっそく試行錯誤を始めていきます。
しばらくプログラミングを続けてくれましたが、
なかなかお悩みの様子。


そこで、ヒントを提案します。

さ「じゃあさ、時間で考えてみるのはどう?”タイマー”って知っているかな?」
H「うん。」

と、すぐさまタイマーを見つけ、取り出してくれました。
以前使った経験を、思い出して使えることは素晴らしいですね!

さ「そうそう!このタイマーを使えば、速さって表せそうじゃないかな?」

またまた何か頭に浮かんだ様子で、
プログラミングを続けます。

さ「たとえば、〇秒以内に通ったら…とか…、そういう条件を付けるのも1つかもしれないね。」

色に注目する。変数を使ってみる。条件を作って考える。
Hちゃんは複数のことを試してくれました。

学んだことを、たくさん試してくれて嬉しいですね!

今回は、試行錯誤中というところでタイムアップ。
完成させることも素晴らしいことですが、
学んだことを思い出して使えることも大切なことです。

必要な材料は揃っている様子なので、
次回は、考えつつヒントももらいつつ
完成を目指して頑張っていきましょう!

ささい先生ありがとうございました。
Mちゃんは大きい小さいがちゃんと分かっていたので、後は書き方を覚えていって欲しいな。
Hくんはちゃんと分かっているんですよね~。道筋というか、流れが掴めれば出来てしまう感じ。なので、先生からいつも分からないから教えてと聞くんですが、そろそろ流れも考えて欲しいなぁ。よろしくね。
Hちゃんはマッチ棒最大の難関に挑戦中ですね。ここで解決方法を教えてもいいのですが、試行錯誤することが重要。ゴールに近づいているので、次回は解決策に気付いて欲しいな。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)