小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】僕、答え言いたい…!

2020/06.16

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜日のレッスン模様を報告します!

先生はだいご先生とささい先生。
来てくれた生徒さんは、
Kくん(中1)、Aくん(小5)、Hくん(小3)、
Oくん(小5)、Gくん(小5)、Kちゃん(小3)でした。

では、ささい先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、ささい先生です。
今回私が担当した生徒さんは、Kくん、Hくん、Oくんです。

まずはKくんから。

ロジカルコースのKくん、現在修了試験中です。
ゴールは、トランプゲームを1つ完成させること。

そのために、まずは課題をステップバイステップでクリアしていきます。

本日最も印象的だったのは、
<山札から使ったカードをどうやってもう一度使わないようにするか?>という部分です。

さ「山札は追加してくれたんだね!今、悩ましい顔しているけど…どうしたかな?」
K「はい。えっと、山札に今52枚カードがあって、実際のスプライトも52枚あって…。山札から引いたときに、どうやってそれぞれのカードに照らし合わせるか。あとは、一回引いたカードをもう一回出ないようにするには、どうしたらいいのか、結構難しいです。汗」

Kくん、お困りの部分が2点あるようです。

まずは1つめ、
データとして用意してある山札(山札リスト)、
そして、スプライトとして用意した52枚。

これをどの様にリンクさせたら良いか、というところです。

さ「そっかそっか、まずは1つめの悩みだね。今、山札で全てのカードにそれぞれ番号が付いている。これ使えそうじゃない?あとは、リストのある番号を表示させる~みたいなブロック、なかったかな?」
K「あ、今、山札リストにあるデータにはそれぞれ番号があるから、それを使って…、”〇〇の何番目”というブロックがあります!そっか、コレを使っていけばいいんですね!あとは、それを一枚一枚わかるようにすればいいのか。」

いいですね!
そのブロックを使うことで、特定のデータを指定することができます。

さ「あとは、もし本当にデータ取れてるかなー?って調べたい時は、”〇〇という”のブロックを使うといいよ!これは、プログラムをスタートさせたあと、目に見えないデータの中身を調べることができます!今だったら、”リストの〇〇番目”が本当に欲しいデータか分からないじゃない?ちょっと調べてごらん? 」
K「おー、こんなことができるんですね!(ブロックを当てはめて、スタート…)あ、本当だ!ちゃんとデータがとれてます!」
さ「うんうん、困ったらソレも使ってみてねー。」

ちょっとしたデータの調査方法をシェアしてみました。笑

実際のお仕事では、
デバッグという機能を使って調査など行いますが、
スクラッチでは、特別設けられていないのです。

なので、こういったやり方で調査をすることが出来るんですね。

そんなプチ情報をお伝えしつつ、続いて2つめの疑問へ。

さ「次だね。山札から引いて、使ったカードをもう一度出したくないという部分。コレは、この課題の前にクイズをやったじゃない?」
K「はい、やりました。」
さ「うんうん、その課題思い出すと、似てる部分があると思うんだ。これ参考にできるんじゃないかな?」
K「あ、確かに。ちょっと見てみます!」

“一度使ったカードを使わない”という課題は、
前回クイズで”一度出した問題は出さない”という条件と通ずる部分が大いにあります。

Kくんのお悩みポイント2は、
ここが大きなヒントになりそうです!

本日は、ヒントを見ながら試行錯誤しているところでタイムアップ。

修了試験をクリアすることも大切ですが、
それまでにたくさん悩んで思い出したこと・思い付くことが沢山あると思います。

そこがクリアと同じくらい大切な部分です。

焦らず、1つずつ進んでいきましょうね!
次回の頑張りも期待しています!

続いてHくん。

ロジカルコースのHくん、本日は引き続き
「スプライトに命令してみよう」に挑戦です。

前回までで”右と指示したら右に動く”という部分は完成させてくれました。
今日はその続きで、反対の左を作っていきます。

さ「前回、右に動く部分は完成出来てるね!これ参考に左も作れそうじゃない?!」
H「はい。あ、まずは、今のキャラクター変えたいです。」

現在のキャラクターは、
プロジェクトが新しく作られると
自動的に設定されている猫のスプライト。

ここがどうしても気になってしまった様子で、
新しいキャラクターを用意するタイムに突入しました。

慎重に厳選した結果、このキャラクターになりました。↓

「なんでこれにしたのー?」と聞いてみると、
「魚が好きなんです。」と、魚が好きなようで、
シーラカンスなどの深海魚にも興味津々とのこと。

納得です!笑

さて、そんなブレイクタイムを挟みつつ、
いよいよプログラミングへ。

さ「よし、じゃあ用意してくれた魚のスプライトに、前回作った右の処理をうつしてみよっか。復習だね!」
H「はい。」

ココでアクシデント発生!
別のスプライトに切り替えようとした瞬間、
ブロックを移す前に猫のスプライトが消失!!!

さ&H「あっ!」

頑張って戻そうとしましたが、
消えたスプライトは戻すことが出来なかったのです…。

さ「戻すのは難しそうだね…。思い出しながらもう一回書いてみよっか?」

残念に思うだろうなぁと思っていたのですが、意外と平気なHくん。

H「これ、クマノミっていうんです。他にも…」

色んな魚の豆知識をお話ししながら、
もう一度ブロックを繋げ直していきます。

先生も勉強になりました。ありがとうございます。笑

本日は右の条件を修正しているところでタイムアップ。
次回は、右の条件を思い出しながら、そのまま左も作れると良いかなと思います。

頑張っていきましょう!

ラストはOくん。

ロジカルコースのOくん、本日のお題は、
「スプライトを動かそう」というモノ。

Oくんは、本日サクサクと課題を進ませ、
5つ程クリアしてくれました。

素晴らしいです!!

そこで今回はハイライトをピックアップしていこうと思います。

まずは、最初のスプライトを動かす部分。
斜め移動や、横に移動して、縦に移動する部分は難なくクリア。

実はこの時、移動だけでなく、
スタートボタンを押した時に、
元の位置から開始できるように、
位置を戻すプログラムもくっつけてくれました。↓

処理を元に戻したり、クリアしたりする。
プログラマーの発想に近いです…!


続いて「どこにいても、ある場所へ!」に挑戦。

さ「次は、スプライトを画面のどこに動かしても、ある場所に移動するようにしてあげる問題だよ!」
O「うん!」
さ「問題のヒントもよく見てみてねー。」

問題集には、「動き」のブロックがポイントだとヒントがあります。

このヒントも上手く使い、
ここもスムーズにクリア!

こんな風に、スプライトの位置を
ランダムに移動させる指示もつけてくれました。
問題クリアを効率化しています…!


このあとも、課題を順調にクリアし…

いよいよラストの課題へ。
お題は「猫がジャンプするアニメを作ろう」というものです。

本日の一番のお悩みポイントは、ここだったかなという印象です。

O「う~ん。ジャンプした猫が後ろの方向に戻っちゃいます。」

現在、Oくんの猫は、
青線のように右上にジャンプしたあと、
そのまま左下に戻ってしまいます。

しかし、Oくんの実現したかったことは、
赤線のように右上にジャンプして右下に着地することでした。

さ「そっかそっか。ここは座標のこと、もう一回考えてみよっか!」
O「(うなずく。)」
さ「(座標の図を書いて…)右上というのは、まず2つの矢印の方向が重なってるわけだ。プラス方向の上とプラス方向の右矢印だったね?」
O「うん。」
さ「じゃあ、右下って、縦と横の矢印、それぞれどうなってるだろう?」
O「えっと、プラス方向の右と、マイナス方向の下。」
さ「うんうん。じゃあ、Oくんの今の縦のYと横のXそれぞれ、マイナスとプラスを…」

ここでOくん、ハッとします。
そして、キラキラした目で説明が終わらないかな?という顔をしています。笑

さ「お、もしかして、わかったかな?!」
O「はい!」

勢いよく返事し、すぐさまプログラムを修正。

確認してみると…しっかり修正できました!!
いいですね!

今回は、次の課題を覗いたところでタイムアップ。

いつも楽しそうに課題に取り組んでくれるOくん、
今日は、早いペースで課題を進めてくれました。

この調子で次回も頑張っていきましょう!

ささい先生ありがとうございました。
Kくんは修了試験なので、先生たちもどこまでサポートするかに四苦八苦。
教えすぎると試験にならないし、教えないと解決出来ないのでは?と思えるし。
次はヒントから形に出来るといいね。
Hくんは途中で消しちゃったのがイタタ・・・。よくあるんですよね。間違ってスプライト消してしまったこと。プログラムならまだ元に戻せたりするんだけど。スプライトだけはどうしようもなく。次からは気をつけようね。
最後Oくんは、プログラムを作っているのが楽しそうです。そういうOくんを見ていると先生たちも楽しくなってきます。次回も楽しんでプログラミングしてください。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)