小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火1】いつものモノでも新しい発見がある!

2020/07.3

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は火曜前半のレッスン模様をお届けします!

先生はささい先生。
生徒は Tくん(小3) 、Yくん(小3)でした。

では、ささい先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、ささい先生です。
それでは報告を始めていきます。

まずはTくんから。

ロジカルコースのTくん、
本日のお題は「光の屈折」です。

この課題では「鏡に反射させた光をLEDの光センサーにぶつけて点灯させる」というものを作っていきます。

とくにポイントになってくる部分は、
“光が鏡に当たった時の動き方”です。

中学校の理科でも登場する項目ですが、
“反射の法則”をプログラムで再現することがクリアのカギとなります。

※ 反射の法則
光が鏡に当たって反射すると、入る光の入射角と出ていく光の反射角が常に等しくなるというもの。


最初にTくん、画像用意からスタートしましたが、
今日は意外にも、この画像用意が壁となったようです。

T「あれ、光センサーってなにー?」
さ「簡単に言うと、レーザーの光が当たると、光らせるための道具かな。」
T「どんな画像がいいのかな?」
さ「光センサーって検索してみてごらん。」

他にも、

T「光ってなんだろう?」
さ「それは、レーザーポインターから出ていく光のことだよー。」
T「光?!どうやって用意したらいいんだろう。」
さ「う~ん、これはスプライトで描いて用意するのもいいかもねぇ。」

初めて言葉で知ることは中々イメージしずらいものです。
そんな中でも、インターネットを利用したり、
アイディアを膨らませて頑張って用意してくれました。

そのあとは、画像を加工していったのですが、
今回は、新たに色んな発見があったようです。

・一気に周りのいらない部分を消す方法
・スポイト機能
・直線や四角形を利用して効率よく絵を描く方法

などなど…

当たり前に使っている機能でも、
色んな使い方があることを知ってくれて嬉しいです!


本日は続きの問題、
「光を出してみよう」の部分について、
一緒にやり方を確認したところでタイムアップ。

次回は一緒に確認したところを思い出して、
カッコいい光を出してみよう!

続いてYくん。

ロジカルコースのYくん、
本日の課題は、引き続き「クレーンゲーム」です。

クレーンゲームでは、
キャッチャーを動かし景品を獲得していきますが、
獲得の可不可に応じた動きもコレから作り込んでいきます。

Tくんは前回までで、
クレーンゲームにお金を入れると、
キャッチャーが矢印キーで動くようにしてくれています。

本日はその続きで、
上下、そして元の位置戻る部分の動き。

Tくんは、色んなことを思い出しながら進めていきます。

さ「まずは、スペースが押されたら、クレーンが降りていくところだね。」
T「どうやるのー?」
さ「どうやると思う?(笑 まずは、スペースが押されたらだから…」
T「イベントにあるんでしょ?」

バッチリわかってますね!

さ「今度は、押されたら降りるところ。これはxとyどっちの動きかな?」
T「えーっと、Y!あ、じゃあこれくっつければいいんだ!」
さ「いい考えだと思うよ!まずはやってみようか!」

Tくん、キャッチャーが降りるように
繰り返しブロックと組合せ、動きを確認します。

すると…

T「コレ、ずっと降り続けちゃうよー!」
さ「そうだねぇ。本当はどんな風にしたかったの?」
T「ロボットに近づいたら止めたかった!」
さ「そっかそっか。そしたら”ロボット近くの位置にクレーンが近づいたら”ってやってあげる必要があるね。思い出してほしいんだけど、繰り返しブロックって何種類あったかな?」

繰り返しブロックには、

・ずっと繰り返す
・ある条件になるまで繰り返す
・ある回数繰り返す

と3種類あります。


Tくんには、やりたいことを確認してもらい
自分が利用するブロックがどれなのか
もう一度、想像してもらいました。

T「あ、じゃあコレかー!(ある条件になるまで繰り返す)」
さ「そうだね、それが一番良さそうだね。」

適切なブロックを選べました!

あとは条件を埋め込み、この考え方を参考にして、
上に上がる動きや元に戻る動きも頑張って作成し…

見事完成です!


今回は1つ1つ丁寧に確認しながら、
改めて発見することがたくさんあったと思います。

焦らず、発見を重ねながらクリアに向けて頑張っていきましょう!

次回の頑張りにも期待しています!

ささい先生ありがとうございました。
Tくんは、プログラムの部分では無く、画像の用意の部分で気づきがあったようですね。これで次回以降の作業も捗るといいですね。
Yくんは、クレーンゲームの中でも難しい、景品を掴むところに挑戦。
アームの上下移動がうまくいったようです。次回は掴めるかな?!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)