小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】余分を削除!

2020/09.20

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜前半のレッスンを報告します!

本日の先生はよしだ先生とのりちゃん先生。
来てくれた生徒さんはRくん(小4)、Rくん(小6)、Tくん(小1)、Yくん(小2)、Mちゃん(小3)でした。

では、よしだ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、よしだ先生です。
本日担当した生徒さんは Rくん(小4)、Rくん(小6)、Tくん(小1) でした。

それでは、始めていきます!

まずは Rくん(小4) 。

ロジカルコースのRくん、今回は前回作った車の課題に信号機を追加していきます。

赤→青→黄→赤…と次々に変わる信号機を交差点の背景に置き、信号が青の時は車が動くようにします。
この課題では信号機の色を変える繰り返しの処理に、信号が青の時だけ車を動かす処理を組み合わせる必要があります。
繰り返し処理も、スプライト(絵の事)の状態を調べる方法もバッチリ覚えているRくん。早速プログラムを作成しますが流石に時間がかかりそうです。

しばらく時間がたって何とか完成させてくれたRくん。
信号が順番に変わって車も信号に合わせて動いてくれたのですが、何か違和感を感じるとのこと。
先生と一緒に確認してみますが、なんと信号の色が 赤 →黄 →青→黄→赤→黄 →青…と信号の色が変わっていました。赤から青に変わるときに黄色を挟んでいたから違和感を感じたんですね。

信号機の色の順番以外には特に詰まらなかったので、次回信号機の調整からですね。作成中ですが、このような感じになっています。

交差点が完成に近づいていますね。
課題はどんどんと複雑に長くなっていくので、次回も頑張りましょう!

続いては Rくん(小6) 。

ロジカルコースのRくん、今回の課題はレジ打ちのプログラム作成です。
商品の絵ごとに値段を設定して合計金額を表示します。

ロジカルコースも終盤のRくん。もう先生にアドバイスを求めることはほとんどありませんでした。
手早く問題を片づけてしまいます。

そうして完成させたのがこちら。

レジの機械と商品がきちんと用意されていますね。
こだわった部分を聴いてみると、

R「変な風に動かないように絵の空白部分をちゃんと消した。あとブロックは少なくなるようにしてみた」

と、答えてくれました。
余分な部分を消すことにこだわってくれたみたいです。

今回は自分一人でドンドン進めてくれましたね。この調子ならあと少しでロジカルコースも終わりそうです。

次回も引き続き頑張りましょう!

最後は Tくん(小1) 。

ロジカルコースのTくん、今回も前回に引き続き問題集を進めていきます。
今回は主にコスチュームに関する問題。
スクラッチでは一つの絵に複数のコスチュームが用意されていて、任意に変えることが出来ます。
課題では足を開いているコスチュームと閉じているコスチュームを切り替えることが要求されます。

Tくんはまだコスチュームブロックを使ったことが無いのでどこに置かれているのかわかりませんね。
コスチュームを変えるには「見た目」の中にある紫色のブロックを使います。

絵が横に動いてるときは足を広げたコスチューム、ジャンプしている時は閉じているようにします。
Tくんも試行錯誤しながら作ってくれました。

完成したのがこちら↓

T「少し左下に寄っちゃった。直してもいい?」

無事完成させてくれたTくんですが端に絵が寄っているのが気になる様子。
クオリティアップをしてもらいたいところですが今回はここでタイムアップ。

続きは次回やりましょう!

よしだ先生ありがとうございました。
今回はRくんが二人居たので、まずはRくん(小4)からですが、信号機の順序がうまくいっていないようなので、そこが整理できたら、完成するよ。赤の時間はもう一つの信号の青と黄色の時間を足した分だけだよ。
次はもう一人のRくん(小6)。こちらのRくんは、スイスイ進んだようで、レジスターアプリを完成させられました。ここまで来たRくんにとっては優しかったかな。
最後はTくん。上手にジャンプするプログラムが作成できましたね。コスチュームの変更方法を覚えておいてね。

さて、次はのりちゃん先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、のりちゃん先生です。
今回担当した生徒さんはMちゃん(小3)、Yくん(小2)です。

それでは始めていきます!

まずはYくん。

最初にやったのはプログラミングカーです。

今回も、様々な条件や制限(『公園によってね』や『右に曲がるだけ使う』など)を考慮してゴールを目指す問題です。
問題や地図を見て動きのカードを組み立て、入念にシミュレーションした後、実際に動くと嬉しそう!

Y「えーっ!『前に進む』使っちゃいけないの?」

と、たまに苦戦しているところもあったけど残りのカードだけでしっかり完成させることができていました。問題数はまだまだありますが、一つ一つを解くスピードが速いのであっという間に終わりそうです。

次に取り組んだのはタブレットのプログラミングです。
何かの絵を一つ、ボタンを二つ用意し、ボタンを押すことで絵を上下にうごかす問題です。1つ目のボタンで絵が上に動き、2つ目のボタンで下に動くというのをそれぞれ作らければなりません。そのあとに、ボールが飛んできてそれをよけるゲームを作るのが最後の目標。

まずは絵とボタンを用意します。絵を描いている途中も、
Y「どれだけはみ出してもここ(土台となる範囲)にしかつかないよ」
と楽しそう。

Y「これ(問題文)どういうこと?」
の「ボタンごとにどういう動きをするかっていうのを付けるんじゃないかな?今までの問題でやったことはない?」
Y「え~」 

何度か一緒に考えたものの、ボタンを押すと別の絵が動くというのをどうすればいいのかわからない様子。なので、先にボールの動きを作ったところで今日はタイムアップ。

ボールが飛んできて、それにあたると絵が消えるまではできました。
途中タブレットが動かなくなってしまうハプニングもあったので、ちょっと時間がなかったのが残念です。
ですが、ゆっくり問題を読むと自分で考えてプログラムを作れるYくん。
次回また頑張っていきましょう!!

次はMちゃん。

タブレットのプログラミングをやっていきます。
本日の課題は『お話を作ろう』です。自由にお話を作ってもらうのですが、その中で『小さくなる』『スピードを速くする』『お手紙を出す』の3つを満たすことが条件となっています。

今回は気分が乗らなかったのか、なかなか進まず・・・。休憩をはさんだり、パソコンを使ったほかのゲームをする中で、ちょっとずつプログラミングしてくれました。

の「これでスピードを上げるってどうすればいいのかな?これかな?」

と聞くと、

M「ちがうよ、これ使うんだよ。」
の「あれ、動かない。」
M「じゃあここかな?」

と教えてくれました。わからないところにくると以前作ったプログラムを見て「こういうことか…」とやり方を思い出しながら考えてくれていました。
今回は『スピードアップ』と『小さくなる』まで作ってタイムアップ!お手紙の出し方もわかっていそうだったので次のレッスンでは完成させられるかな?!

また、今回、Yくんにプログラムを教えているときにYくんとわからないところを相談しあっていると、

M「どこやってるの?私もそこやったよ」
M「ほら、こうやって動くんだよ」

と以前作った自分のプログラムを見せてくれました!教えてれてこちらもYくんも助かりました!ありがとう(^^)

のりちゃん先生ありがとうございました。
Yくんは自分で考えながら進められているのはすごくいいですね。次のレッスンの時、もし分からなかったら、先生に聞いてみてね。
Mちゃんはプログラムを作るだけで無く、Yくんの手伝いもしてくれたのね。
ありがとう。次はMちゃんの課題も終わらせようね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)