小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】メッセージを送ると…

2020/10.13

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜の報告、第2弾になります。!
先生はたくちゃん先生とのり先生。
のり先生が担当した生徒さんはGくん(小5)、Kちゃん(小3)、Tくん(小3)です。
それではのり先生、よろしくお願いします。

こんにちは、のり先生です。
まずはGくん(小5)の報告から始めていきます。

Gくんはスクラッチのクレーンゲームのプログラムに取り組みました。
前回までは、右矢印キー・左矢印キーを押すとクレーンが動くところまでを作りました。今回はお金を入れたらクレーンが動くようにするのが課題です。

「〇〇に触れたら」を条件にしているのですが、そこからのプログラムに苦戦しているようでした。「キャッチャーを送る」というの指示まで作っていたので、それらの動きを確認するところから始めました。

の「この四角の絵(入金口)にお金が触れたらお金が消えて『キャッチャーを送る』んだね。この『キャッチャーを送る』はどこにいくのかな?」
G「ここ(クレーンの処理を指す)。」
の「『キャッチャーを受け取った時』の後、『右矢印キーが押された』ときだけ動くようにしてみよう」

今までは、「右矢印キーが押されたら」で動きを付けていたのですが、そこに条件を足すことでお金が入金口に入った時動くようにしました。

モザイクは大人の事情です

Gくんはお金を3つ用意しているので、ほかのお金にも同じ動きを用意すると、クレーンの動きは半分完成です。「キーが押されたら」のイベントだけでなく、メッセージを使うとイベントの幅が広がります。

Gくんは真面目に問題に向き合ってくれるのがすごく良いところなので、この調子で次回も頑張ってほしいです。

次はKちゃん(小3)。

Kちゃんは、スクラッチ問題集のシューティングゲームの作成中。
画面右から飛んでくる敵に、弾を当てて打ち消すゲームです。

今回は、弾が当たると敵を消すところを作りました。
敵をクローンで作っているのですが、前回は弾と敵が触れたときメッセージを送り、それを受け取ったら敵を削除するというように作っていました。

K「弾が当たったら敵は消えるんだけど、弾に当たった敵じゃなくて全部の敵が消えちゃう…」
の「本当だ!『クローンを削除』のブロックを使うと全部消えるってことになるのかな?」

たくちゃん先生に聞くと、クローンの動きを作ったところ(「クローンされたとき」のブロック下の処理)と別で「クローンを削除」のブロックを使うとすべてのクローンを消してしまうそうです。ということで、「クローンされたとき」のブロック下に前回作った「敵と弾が触れたとき」の処理をつけると…。

当たった敵だけ消えるようになりました!
クローンは一つ一つに名前がないので、削除するときにどれを消すか判別できないみたいです。そのため、そのクローンが作られたときのイベントの後に処理を書かないといけないんですね。

少し難しかったけど、あともう少しでゲームができそう。今度は敵が画面左端についたらゲームオーバーにする処理です。

次も一緒に頑張ろうね!

最後にTくん(小3)です。

Tくんも、スクラッチの問題集に取り組みました。

前回に引き続き、会話ゲームを作ります。
今回は、話しかけたらキャラクターがどうこたえるかを考えました。

キャラクターが「僕に何か用かい?」と話しかけてくる処理はできました。次に、人間側の返答によってキャラクターがさらにどう返事をするかを考えます。

T「相手の返事をどうやって分ければいいの?」
の「人間の答えが何だったら、コンピューターの答えは何になるかというように考えてみよう」

すると、「(キャラクターが)〇〇という」のブロックに人間側の答えを書いてしまいました。これでは、コンピューターの答えではないので、そのブロックにコンピューター側の返答を3つ書いてもらい、それらを使ってもう一度説明。

の「このプログラムでは、
・こちらの答え=『おはよう』 キャラクターが『いい朝だね』と返事
・こちらの答え=『こんにちは』 キャラクターが『日差しが気持ちいいね』と返事
・こちらの答え=それ以外 キャラクターが『何を言ってるか分からない』と返事
をするよね。もし〇〇だったらというのを前も使ったことない?」
T「この『もし~なら』のブロック?」
の「正解!じゃあ、質問に対しての自分の答えがどこに入ってるかな?」
T「この『答え』って書いてるやつ。」
の「そうそう!『答え』が〇〇のとき、今作った返事をいうとすればいいんじゃない?」
T「もし~ならのブロックとそれを組み合わせるのか」

それぞれの条件と「もし~なら」のブロックを作ったところで今日は時間となってしまいました。ひとつひとつの動きを考えると意外とシンプルなので、落ち着いて考えていこうね。次回も元気に頑張りましょう!

のり先生ありがとうございました。
Gくんはクレーンゲームのアームの基本動作が出来るようになりましたね。ちゃんとお金を入れないと動かないです。こういう組み合わせがプログラムの上達には欠かせません。次は景品を持ち上げるところですね。次回持ち上げられるかな?!
Kちゃんはシューティングゲームの作成中。前回はクローンを使って、敵を増やすことと弾を撃つところは出来ていたので、今回は当たったときのプログラムを作ってくれました。でも、難しいところなので、詰まってしまいましたが、先生のアドバイスを元に弾に当たったら敵が消えるようになりましたね。後はゲームオーバーの条件に合わせてプログラムを作るところです。次回も頑張ろうね。
最後はTくん。Tくんはコンピューターと会話するプログラムの作成。
人間がコンピューターに挨拶をしたら、コンピューターも答えてくれるプログラムを作ってくれました。最初はイメージがわかなかったようですが、先生と組み立てるうちに掴めてきたようです。次回は完成させられるかな?


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加


   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)