小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】うまくいかない原因はどこだろう?

2020/10.21

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンの1本目を報告します!
※2本立てになります。

先生はあさみ先生とえりちゃん先生とだいご先生。
生徒さんは、Aくん(小5)、Kくん(中1)、Hちゃん(小4)、Hくん(小5)、Hくん(小3)でした。

では、あさみ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは。あさみ先生です。
私は今回、Aくん(小5)とKくん(中1)を担当しました。

まずはAくん。
Aくんの今回の課題は、前回に引き続きスクラッチの修了試験でした。

神経衰弱を作成していて、前回は2枚めくった際に当たっていても外れたときと同様、裏向きに戻ってしまう状態だったので、今回は表向きのままになるように修正を行ってもらいました。

今回、Aくんはなかなか集中できず、目を離すとすぐ他のことを行ったりしてしまい、ほとんど進めることが出来ませんでした。

2枚めくって一致したときに表向きのままにするという修正も、途中で他のことをしてしまうため修正出来ているカードと出来ていないカードがあり、片方だけ表のままなど不思議な動きになってしまっています。

他にも、同じカードを2回めくってもあたりになってしまったりと、修正しなければならない箇所がいくつか見つかりました。

声をこまめにかけて課題を行ってもらったのですが、集中が続かなかったので、今回は次回見直しがしやすいように使っていないブロックの整理をしてもらい終了となってしまいました。

修了試験なのでこちらからはアドバイスなどしか出来ないので、何が出来ていないのかだけでも自力で探せるように頑張ってください。
次回は最後です。
完成できるよう集中して1つずつ解決していきましょうね!

次はKくん。
KくんもAくん同様、前回に引き続きスクラッチの修了試験で神経衰弱を作成しました。

Kくんは前回、カードを取ったときにリストに追加される数が正しくないところがあったので、今回はその修正から取り組みました。

Kくんは終始集中して取り組んでいて、何回か出来たと声をかけてくれました。
ただ、全部の組み合わせがそろうまで試してもらったところ、うまくいくところといかないところがありました。
Kくんはすべてのトランプに同じ処理を別でつけているので、うまくいっていないトランプとうまくいっているトランプの処理を比較してもらい修正をしてもらいました。

修正をして、何度か試したようですがうまくいかない様子でした。

K「比較して同じはずなのにうまくいかないです。」
あ「全角・半角の入力間違いは確認した?」

と半角で入力しなおしてもらったところうまく動きました!
半角で入力されているか全角で入力されているかは見た目じゃわからないので、うまく動かない原因としてよくある部分です。
その後、微調整をして無事完成しました!

やっと完成しましたね。お疲れ様でした!
Kくんも達成感があり嬉しそうだったのでよかったです。

あさみ先生ありがとうございました。
Kくんは無事神経衰弱が完成。修了試験合格おめでとうございます。たくさんのことを考えた修了試験だったと思いますが、この経験、忘れずに覚えておいて欲しいな。
Aくんは残念ながら、完成ならず。次回集中して完成させてしまおうね。

続いてえりちゃん先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、えりちゃん先生です。
今回私が担当したのはHちゃん(小4)でした。

それでは始めていきます!

Hちゃんは今回も引き続き修了試験に挑みました。
コンピューターキャラクター(以下CPU)と対戦形式で神経衰弱をする、というトランプゲームを作っています。

前回、CPUがトランプを選んでめくるところまで作成できていました。
ということで、今回はそのあたりはずれの判定をするところから取り組んでいきます!

修了試験なので多少のヒントを出す以外、先生はお手伝いができません。
後ろから見守っていましたが、黙々と手を動かして頑張ってくれていました!

途中、誤ってCPUに関する処理やスプライトをすべて消してしまうというハプニングが起き、復元に悩んでいました。

Hちゃん「前にどうやって作ったか思い出せない…。」
え「そっか。じゃあ一旦そこは置いといて、先に当たりはずれを判定する処理を作るのはどうかな?」
Hちゃん「うん。」

ということで、ショックな出来事でしたが切り替えて、当たりはずれの処理を考えることにしたHちゃん。
じっくり考えてくれましたが、「めくった2枚の数が一致しているかどうか」をどのように判定すればよいかがなかなか思いつきません。
「もし~なら」のブロックを使うということはひらめいたようなのですが、条件が分かりません。

だいぶ悩んでいたようなので少しヒントを。

え「神経衰弱で当たりな時ってどんな時かな?」
Hちゃん「めくったトランプが同じ数字だった時。」
え「そうだね。めくったそれぞれの数字を比べられたらいいよね。」
Hちゃん「うん。」
え「めくった時に、出た数をそれぞれどこかに入れて置ければ比べられそうなんだけど、何を使うか思いつく?」

何かひらめきそうな様子が見えたところでタイムアップ。
今回は残念ながら時間が来てしまいましたが、次回は当たりはずれの判定ができそうですね。
次回も頑張っていきましょう!

えりちゃん先生ありがとうございました。
Hちゃんも修了試験中。今回のレポートはみんな試験中でしたね。しかも神経衰弱のプログラム。決して先生が神経衰弱のプログラムを作ってねと依頼している訳ではないのですが、神経衰弱率が高いのです。(ちなみに神経衰弱のプログラムは易しい訳ではないです。)当たり外れのところは神経衰弱の肝の部分なので、しっかり考えて組み立てていって欲しいですね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)