小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】よーく見てみて!

2021/09.12

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
あさみ先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は木曜前半のレッスンを報告します!

生徒はHくん(高1)、Rくん(小5)、Yくん(小3)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはHくん。
Hくんは前回に引き続き、DBを扱う成績データ管理システムに取り組んでもらいました。
前回は更新機能を作成中だったので、その続きからです。
前回色々なことを忘れていることがわかったので、今回は以前使用したテキストを見ながら進めていってもらいました。

あ「前回は更新機能を作成中だったよ!」
H「どこだっけ?」
あ「一個前の課題に追加していってたと思うよ。」
H「あった!」

始めは自分でいろいろと試しながら進めていってくれていましたが、

H「うーん…。」
H「あー。」

と苦戦している様子でした。

あ「大丈夫?」
H「更新画面は表示されるけど、選択したデータが表示されない。」
あ「選択したデータは更新画面に渡してる?」
H「渡してます。」
あ「渡してはいるね。更新画面にデータを渡すタイミングって更新画面を表示する前?後?」
H「…?」
あ「更新画面が表示されたときにデータも表示するんだよね?ってことは?」
H「前。」
あ「そうだね。じゃあ、コード見てみて?表示の命令はどれだっけ?」
(確認中)
H「あー!」

と下記画像のように修正してくれました。

もう1つうまくいかなかった部分は更新をしたときに、選択したデータだけでなく全てのデータが新しいデータに変わってしまうというものでした。
原因としては、条件が足らずうまくいっていませんでした。
Hくん自身も条件が足りていないということまではわかったのですが、何を条件にするのかがわからない様子でした。
今回は条件を考えている途中で時間がきてしまい終了となりました。

次回、問題をよく見直して条件を考えていきましょう。

次はRくん。
Rくんは前回に引き続き、Unityの『ドミノ倒し』に取り組んでもらいました。
前回の課題を開くといきなりエラーが出てきてしまい、

R「先生、何かエラーが出てる。」
あ「うーんとね。前回途中だったから、そのエラーをなくせば解決すると思うよ。」
R「わかった。とりあえず書いていく。」

とコードの続きを書いていってくれていたのですが、なかなかエラーが消えず、

R「先生!これどこが間違ってるの?」
あ「よく確認した?」
(確認中)
R「あっ、待ってここだ。」

またしばらくして

R「先生、間違ってるところがわからない。」
(確認中)
あ「さっきと同じ間違いだよ。ここは「.」じゃなくて「,」だね。」
R「ほんとだ。」

「.」と「,」は問題が見ずらいこともあってRくんがよく間違える部分になります。
それ以外にも、今回は誤字のエラーなど自分で見つけるのは時間がかかる間違いだったので、倒す処理を完成させるまでに少し時間がかかってしまいました。
ですが、誤字を減らす方法など新しいことを覚えてもらうきっかけにもなりました。

Rくんは前回教えた、書き方のコツなどもどんどん使っていってくれるので、慣れてくればどんどん進んでいくと思います。

今回は一列だったドミノをカーブの形に変更している途中で時間がきてしまい終了となりました。
カーブに変更してからはうまく倒れなくなってしまっていましたが、一列のときにはしっかり倒れるように出来ていました。
次回、位置の調整をしていきましょう!

最後はYくん。
Yくんは今回、スクラッチ問題集の『条件の付け方』の課題に取り組んでもらいました。
今回の課題は、スプライトが右と左のどちらにいるかで表示内容を変える課題です。
まず、右と左を何で知ることが出来るかの確認を行いました。

あ「今回はまず、左側にいるってことを知りたいよね。左か右かって何でわかったっけ?」
Y「わかんなーい。」
あ「右・左・上・下の位置を決めるときには何を使ってたっけ?」
Y「わかんない。」
あ「じゃあ、xとyは覚えてる?」
Y「うん。」
あ「xとyで位置を決めていたよね。右・左はどっちで決められた?」
Y「x!」
あ「うん。xは左に行くとどうなっていくんだっけ?」
Y「えー…。(動かして確認中)わかんない。」
あ「今、動かしたときに左に動かすと「-」が付いたよね?左と下は「-」が付くから覚えておいてね!」
Y「うーん。」

Yくんは今回、やる気をどこかに置いてきてしまったようで、気持ちがいろんなところに行ったり来たりしていました。
座標について確認しているときにも他のブロックをいじったりと、それていってしまっていたので、いったん座標から離れて、「もし〇〇なら」ブロックに移りました。

あ「今回、右か左かで表示内容が変わるから、内容を変えるために分けたい!分けるのには「もし」を使うよ!前にやった問題を確認しながらおさらいしよう。」
Y「はーい。」
(おさらい中)
Y「もしは2つあるよ?」
あ「うん。今回はどっちがよさそう?」
Y「…。こっち(「もし〇〇なら~でなければ~」)!」
あ「そうだね!じゃあ、条件は何になる?」
Y「左」
あ「うん。左だったらなんて表示するんだっけ?表示を先に入れちゃおう!」

とそれぞれの表示のブロックを組み合わせ、最後に「もし」ブロックの条件を当てはめて完成となりました。
Yくんは、ブロックをいくつかに絞ってヒントを出してあげると、自分で組み立てることが出来ます。
完成したものがこちらになります。

次回はまた、新しい課題です。
『条件の付け方』の課題ではありますので、思い出しながら少しずつ進めていきましょう!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)