小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】微調整…。

2021/09.17

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
あさみ先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は木曜前半のレッスンを報告します!

生徒はHくん(高1)、Rくん(小5)、Mちゃん(小4)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはHくん。
Hくんは前回に引き続き、Visual StudioでDBを扱う成績データ管理システムに取り組んでもらいました。
前回は更新機能を作成中で、選択したデータのみではなく全てのデータが新しいデータに書き換わってしまった状態で終了しました。

あ「前回覚えてる?更新しようとしたら、選択したデータだけじゃなくて全部が変わっちゃってた。」
H「うん。条件を指定しようとしたけど何を指定するのかがわからなかった。」
あ「まず、問題をいったん最後まで目を通してみて!ヒントが書かれてるから。」
(確認中)
H「…?」
あ「ない?一番最後!ヒントというか答えなんだけどね。」
H「RESULT_ID!」
あ「うん。問題はしっかり確認しようね。」

実は問題の最後に、「更新・削除をするときにはRESULT_IDを条件に」と書かれていました。
これで条件を何にするのかはわかりましたが、今度はIDをどこから持ってくるのかがわからず悩んでいる様子でした。

あ「大丈夫?」
H「わからなーい。」
あ「表示のときにDBからデータを取ってきてたと思うんだけど、その時にIDは取ってきてる?」
H「…?」
あ「じゃあ、まず表示の処理の部分を見てみて!」
(ウトウト)
あ「Hくーん!!」

睡魔と戦いながらなんとか現状を確認しIDのデータも取り出すことが出来ました。

あ「今、繰り返しの中でIDを取ってきてるよね。ってことは、取り出してきた全ての人のデータを取り出してきてることになるんだけど、変数って複数データを持てたっけ?」
H「あー。持てない。これ?(配列)」
あ「配列も複数データを持てるんだけど、今回はデータ数がわからないから別のやつのほうがいいなー。」
H「えー。(考え中)」
あ「思い出せない?Listがいいかな。」
H「あー!List!…。」
あ「大丈夫?テキスト持ってくる?」
H「お願いします。」

とListについて忘れてしまっているようだったので、以前取り組んだテキストで復習をしながらIDを保存していき、今回も更新機能の作成途中で時間がきてしまい終了となりました。

今回は、前半睡魔でウトウトしてしまいなかなか進まず、後半は時間が過ぎてもやりたいというほどやる気がありました!
次回は開始時から睡魔に勝ってくれると嬉しいです。
今回、DB接続の流れがしっかりわかっていないことがわかったので、次回はそこを理解するところから行いましょう。

次はRくん。
Rくんは前回に引き続き、Unityの『ドミノ倒し』に取り組んでもらいました。
前回、ドミノ倒しの基本的な動きの処理はすでに作成済みで、並び方などを変える課題に取り組んでいました。
ドミノの並びを直線からカーブに変え、うまく倒れなくなってしまっていました。

あ「前回のカーブのやつだけど、処理自体は問題なかったよ!やっぱり、角度とかの問題だね。もう一回調整してみて。」
R「はーい。」
(調整中)
R「先生。出来ないよ!これこんなに時間かかるの?絶対できない。」
あ「そうだね。時間はかかるかなー。出来るよ。微調整していくしかない!ブロックを増やすともう少しやりやすくなると思うよ!」

Rくんはやる気もあり積極的に取り組んでくれるのですが、同じ課題がずっと続くのが苦手なのでアドバイスを出来るだけするようにしています。
しばらくすると、

R「先生!出来た!!」
あ「おっ、出来たじゃん!OK!じゃあ、次は階段を作ろう。」
R「えー。また調整が必要ー。」
あ「うん。今後の課題も調整は必要になってくるよ!」
R「はー。」

配置の調整が大変で途中やる気がなくなってきてしまいましたが、少し休憩を挟むとまた取り組み始めてくれました。
今回もなかなかうまくいかず、

R「先生ー、出来ないよ!初めのブロックを倒すと跳ね返って逆方法に倒れる!」
あ「階段からはみ出てる部分をなくしてみて!」
(修正中)
R「出来ない。」
あ「出来るよ!前回もカーブが出来ないって言って終わったけど、今回調整して出来たじゃん!」
R「うーん。まぁ。」
あ「でしょ。今回はもう時間がないから終わりにして、次回もう一回調整していこう!」
R「はーい。」

と今回は階段でのドミノを作成途中で時間がきてしまい終了となりました。
どんどんブロックが増えていってより大変になるので、同じ課題を何度もやっていても焦らず1つずつ調整していきましょう!

最後はMちゃん。
Mちゃんは前回に引き続き、スクラッチの『条件の付け方』です。
前回は絵の修正だけで終わってしまったので、今回は動かす処理の続きを行ってもらいました。

前々回、「もし」ブロックのおさらいをしながら真ん中より「左」にスプライトがあるときは「左」と表示するようにしたので、今回は真ん中より「右」にある場合です。
今回も、ゲームに夢中になってしまい、なかなか課題を始めることが出来ませんでしたが、後半やっと少しやる気が戻ってきたようでした。

あ「何をやってたか覚えてる?」
M「…。(首を横に振る)」
あ「じゃあ、まず問題の確認からしよう。スプライトがどこにいるかで表示する内容を変える課題だよ。いったん、旗ボタンを押してみて!」
M「何も起きない。」
あ「うん。今、真ん中より右にいるから左に移動させてもう一回旗ボタンを押してみて。」
M「…。」
あ「なんて表示された?」
M「左。」
あ「うん。左は前に作ったから表示されたけど、右にいたときは表示されなかったよね?今回は右を表示されるようにしてほしい。」
M「やだー。」
あ「えーやってほしいなー。」
M「えー。」
あ「じゃあ、まず今回使ってるブロックの確認をしよう!「もし」ブロックは覚えてる?」
M「うーん。」
あ「左の表示のときに使ってたよね。もしの後の空欄に、条件を入れる。例えば、ここだとx座標が0より小さいってしたよね?これが条件で、もしの中には、この条件のときにやりたいことを書くんだった。今回は右のときと左のときで表示内容を変えたい。この中だったらどれがよさそう?」
M「…。これ。(「もし~ならば」)」
あ「うん。それでもできるね。」
M「えー。適当に選んだのに。」
あ「適当に選んだの?じゃあ、復習しておこう!」

と「もし~ならば」についても復習をし、今回は「もし~ならば」ブロックを用意したところで時間がきてしまい終了となりました。

説明を聞いてはくれていましたが、反応はあまりなかったので次回ももう一度ブロックのおさらいをしましょう。
次回こそは完成できるかな?
少しずつでも進めていきましょうね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)