小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】変数ってなんだっけ?

2021/10.20

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
えりちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜日のレッスンを報告します!
※2本立ての2本目です。

先生はたくちゃん先生とえりちゃん先生
生徒はHくん(中3)とHくん(小4)、Mちゃん(小4)、Hくん(中1)でした。

私はMちゃん(小4)、Hくん(中1)を担当しました。
それでは、レポートスタートです。

まずはロジカルコースのMちゃん。
全かに引き続き、かけ算九九の課題を進めていきます。

今回は正解不正解の処理を作って完成させていきます。

え「もし正解したら、そうじゃなかったら、っていうブロックを使いたいんだけどどれかな?」
M「えーっと…、これ?」
え「そうそう!もしブロックだね、それを使おう!」

もし~でなければブロックを用意したので、もしの条件を作っていきます。

え「正解したときの条件を作っていこうか。」
M「うん。」
え「正解したときって、何と何が一緒になればいいかな?」
M「うーん…。」
え「ちょっといきなり難しかったかな。じゃあ正しい答えってどっかに記録してると思うんだけど、どこだと思う?」
M「これ?」
え「そう!正しい答えっていう名前の箱だよね。じゃあそこと何を比べたらいいかな?」
M「…入力した数字?」
え「そうだね!○○と聞いて待つブロックで入力した数字ってどこに記録されるか覚えてる?」
M「ううん。」
え「そっか。この水色の”こたえ”っていうところに記録されるよ。」

比べなきゃいけないもの、それが記録されているものを把握したところで条件を作ります。
もし、のところに「正しい答えと入力された答えが同じだったら」となるようにブロックをはめ込みました。
さらに、正解だった時と不正解だった時の処理を追加します。↓

旗ボタンを押して実行してみると…、正しい答えを入力したときは「正解!」、間違って入力したときは「不正解!」と正解の数字を教えてくれるようになりました!

正解だった場合

正しく動いているので、これで完成です!

次の課題に入る前に、今回ちょっとあやふやになっていた変数について復習します。
変数とは、数字や言葉を記録しておける箱なんだよ、ということ。
また、箱には自由に名前を付けることができるよ、ということ。
そして、箱に数字や言葉を入れるときは「変数を○○にする」ブロックを使うんだよ、ということを再度学びました。

先生が出した問題にもちゃんと答えられていたので、変数のイメージは前よりも付いたと思います。
今後も変数はたくさん使うので慣れていきましょうね!

復習が終わったので、次の課題である「おみくじ」に入ります。
まずは「おみくじが入っている箱の画像」と「おみくじの箱からくじがちょっと出ている画像」の2種類を作ってもらいました。

途中、おみくじが学校にあるんだよ、というお話を聞かせてくれました。
先生の通っていた小学校にはなかったのでとっても面白いお話でした!

おみくじの画像が完成しそうなところで今日はタイムアップ。
今日は変数を再度復習することで少し頭の中で整理ができていたようでした。
この先の課題でも変数を使うことがたくさんあるし、使えると便利なのでマスターしていきましょうね!

また、イラストを描くのもとても楽しそうにしていました。
毎回Mちゃんは細かいところにこだわって描いてくれるので、先生も出来上がりが楽しみです。
次回はおみくじの完成を目指して一緒に頑張っていきましょう!

つづいては、同じくロジカルコースのHくん。
前回に引き続き、終了試験のカードゲームを進めていきます。

今回は、いつも得意なタイピングがうまくいかなかったようで、より気合を入れてスクラッチに臨んでいました。

え「よし、じゃあ今日の目標を確認しようか。」
H「はい。」
え「前回は技の2つ目ができたんだっけ?」
H「はい。でもちょっと動きを修正しないとなのでそこからやります。」
え「OK。じゃあ今日は技2つ目を完成させるのを絶対の目標にして、余裕があったら技3つ目に入ろうか。」
H「はい。」

目標も決められたところで作成を進めます。

終了試験なのでみまもることしかできないのですが、Hくんの頭の中にはやりたいことがちゃんと出来上がっているようで、特に手が止まってしまう様子もなく自力で進められていました。

レッスン残り10分になったのでどこまでできたのか確認します。

え「今日はどこまでできた?技2つ目は完成したかな?」
H「はい。この氷のやつなんですけど出来上がりました。」
え「おぉ、いいね!技3つ目はどう?作り始められた?」
H「はい。このオーラのやつなんですけど、体力が1千万だったらずっと敵に攻撃を当てられるっていう風にしてます。」
え「おお、すごい。迫力あるなぁ。これはまだ改良する感じ?」
H「うーん、調整はするかもだけど完成です。」
え「そっか、じゃあ今日は2つ完成できたんだね!」
H「はい。」
え「じゃあ次回の目標も決めようか。これで技が3つ完成したから次回は4つ目の技の作成に取り掛かろう!」

ということで今日は2つ技を完成させたところでタイムアップ。
順調に技が出来上がってきていますね。
残すところあと2つ。技が完成すればだいぶ形になってくると思うので頑張って完成させましょうね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)