小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【火2】久しぶりで疲れたー!

2021/11.19

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
あさみ先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は火曜後半のレッスンを報告します!

生徒はJくん(中2)、Mくん(中1)、Mちゃん(小5)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはJくん。
Jくんは今回、前回に引き続きVisual Studioで『電卓』に取り組んでもらいました。
前回、削除機能を作成中で、普通の削除と実数の削除までは出来ていたので、今回は負のときの削除に取り組んでもらいました。

Jくんは今回も、集中して黙々と取り組んでくれていて、しばらくすると

J「出来ました。」
あ「見せてー。」
(確認中)
あ「上手くいかなくなりやすい部分もちゃんと出来てるね。今回はスムーズに出来たね!」
J「はい。」
あ「じゃあ、次は計算の処理だね。」

次に取り組んでもらった計算の処理は、Jくんには珍しくかなり苦戦をしていました。
Jくんが苦戦している原因は、どの時に何をするのかがごちゃごちゃになっているのが原因でした。
Jくんは、演算子(+,-,×,÷)と「=」のボタンを押したときをまとめようとしていました。

あ「今、1つのイベントハンドラ内で演算子(+,-,×,÷)と「=」の分岐を作って計算もしようとしてるよね?」
J「はい。」
あ「そうするとごちゃごちゃになっちゃうから、演算子(+,-,×,÷)と「=」でイベントハンドラを分けよう!演算子(+,-,×,÷)を押したときと「=」を押したときにしたいことは違うよね。」

と計算はどの時に行うのか、「=」を押したときに計算をするためには演算子(+,-,×,÷)を押したときに何をする必要があるのかを整理してもらいました。
始めは、なかなか整理が出来ないようでしたが、1つずつ一緒に確認をいていくと、

J「あー!そういうことか!」

と理解してもらえたようで、その後はスムーズに計算処理を作成していってくれて、今回は計算処理が完成し終了となりました。

残る機能もあと少しです。
引き続き整理をしながら進めていきましょう!

次はMくん。
Mくんは今回、前回に引き続きVisual Studioで『ファイルの読み込み・書き込み』の課題に取り組んでもらいました。
前回は画面のデザインだけ作成をしていたので、今回は処理の作成からです。

今回取り組んでもらった課題は「注文集計ツール」で、
・合計表示ボタンを押すと、ファイルを選択して読み込み、読み込んだデータの合計を求めて表示する
・書き込みボタンを押しと、保存するファイルを選択し、そのファイルに表示した合計結果を書き込む
の2つの機能があります。

Mくんは、ファイルを選択して読み込んだり、ファイルを選択して保存する際に使用するopenFileDialog、saveFileDialogが苦手ですが、読み込みの処理は前に取り組んだ課題などを見返しながら一人で作成が出来ていました。

書き込みの処理も、いろいろと確認をしながら作成していってくれていたのですが、なかなかうまくいかない様子でした。

M「先生!」
あ「はい。」
M「読み込みは出来たんですけど、書き込みができないです。ここでエラーが出ます。」
(エラーが出ていたのは、sw.WriteLine()という命令で、ファイルに書き込む命令です。)
あ「WriteLineは書き込む命令だからあってるんだよね。てことは、swがあってないんじゃない?書き込みのときに使うのってなんだったっけ?」
M「え…。(テキスト見返し中)あっ!」
(修正中)
あ「そうだよね。」

原因は、swの準備の際にStreamReaderを使用していたことでした。
書き込みのときはStreamWriterでStreamReaderは読み込みのときに使用します。
今回は、読み込みの処理をコピーしてきて、必要な部分だけを修正していたため修正漏れでエラーが出ていました。
他にも、何度かうまくいかないことがありましたが、復習をしながら1つずつ解決をしていき今回の課題が完成して終了となりました。

コピーするときには確認を細かくしてくださいね。
次回から新しいテキストに入ります。
まだ、覚えられていないところもあるので、引き続き復習をしながら進めていきましょう!

最後はMちゃん。
Mちゃんは今回、久しぶりのレッスンでした。

あ「今回久しぶりだよね。」
M「はい。」
あ「スクラッチの問題集の途中だったんだけど、覚えてないかな。」
M「うーん…。」
あ「確認をしようか。問題はシュートゲームで、自機から発射した弾が敵とぶつかると敵が消えるってところまで終わってたみたい。いったん、ここまで出来てるかどうか動かして確認をしてみて!」
M「はい。」
(確認中)
M「出来てました。」
あ「じゃあ、今日はここから。敵が左端まで来ちゃったときにゲームオーバーになるようにしよう。」
M「はい。」

しばらくいろいろと考えてくれている様子でしたが、なかなかうまくいっていないようでした。
左端に着いたかどうかの条件は作れていたのですが、今回の課題はクローンを使用していたので思うようにいっていませんでした。
そのことを説明し他の方法に変更をしてもらうと、スムーズにゲームオーバーの処理を作成してくれました。
ゲームオーバーの表示のときの「撃墜数は〇〇です。」の〇〇の部分にどうやって変数を入れるかで悩んでいましたが、前に使ったブロックを復習して、表示も完成させることが出来ました。

完成したものはこちらになります。

今回で、スクラッチの問題集の課題が全て終了しました!
次回の新しい課題も、復習をしながら完成させていきましょうね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)