小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】どんなクイズにする?

2021/12.14

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
あさみ先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜のレッスンを報告します!

生徒はOくん(小6)、Rくん(小5)、Tくん(小4)でした。
それでは、レポートスタートです。

まずはOくん。
Oくんは今回、前回に引き続きスクラッチの『シュートゲーム』に取り組んでもらいました。
前回はボールを投げる強さを決めるバーをスペースキーが押されたときに止まるようにするところまで完成していたので、今回はスペースキーが押されたときにボールを投げる動きを付けてもらいました。

Oくんは今回も集中して取り組んでくれていました。

O「先生。「1秒でバスケットゴールへ行く」ってしてボールをゴールに動かしたけど、うまくいかない。」
あ「どうなっちゃうの?」
(確認中)
あ「これね。画像の中心の部分にいっちゃってるんだな。」
O「あー、そういうこと。」

下記画像のように青枠の部分が元の中心位置に指定されていたので、ボールを投げてもゴールに入っているようには見えませんでした。
Oくんは、それを緑枠の部分が中心になるように修正をしてゴールにボールが入る動作を作成してくれました。



次に、投げる力を決めるバーの止まる位置によって、飛ぶ距離が変わるようにしてもらったのですが、その条件で苦戦してしまいました。
Oくんが作った条件では思うようにいかないのですが、前に取り組んだ他の課題ではうまくいったとのことで…。

O「前の課題では出来てたのに。」
あ「それは前の課題がおかしいよ。」
O「出来てたのにー。もうやりたくない。」
あ「じゃあ、残りの時間もあんまりないから次回にする?」
O「次回もやりたくない。」
あ「今日やるか、次回やるかだよ。」
O「えー…。次回。」
あ「よし、じゃあ次回にしよう。」

と今回はここまでとなりました。

次回、ボールを投げる距離を変える条件をもう一度考え直しましょうね。

次はRくん。
Rくんは今回、前回に引き続きスクラッチの『リストの使い方(クイズ)』に取り組んでもらいました。
前回はリストの使い方を覚えてもらいましたので、今回は、クイズの問題用のリストに問題を入れるところからです。

あ「まず問題を追加していこう。」
R「はーい。」
あ「それ問題じゃないよ。」
R「いったん全部にこんにちはって入れたい。」
あ「入れてどうするの。クイズ探して!前回は探しただけでリストに追加してないでしょ。」
R「じゃあ、クイズやってもいい?」
あ「いいけど、やるだけじゃダメだよ。やりながらちゃんとリストに入れて!」
R「めんどくさい。」
あ「だって、後回しにしたらやらないでしょ!」
R「うーん。」

となかなか問題をリストに追加していってくれませんでした。

あ「Rくーん。やろー。Rくん今リストはいくつ用意してある?」
R「え?1つ。」
あ「問題追加した後に、答えも追加していくから答え用のリストも用意しておこう!そうしたら問題と答えを一緒に追加していけるから。」
R「はーい。」

しばらくはお友達に意識がいったりしていましたが、お友達にクイズを出しながらリストに問題と答えを追加していってくれました。

R「あと1問!」
あ「頑張れー。」
R「終わったー!休憩取っていい?」
あ「いいよ。」

と休憩を挟み、最後にリストに追加した問題をランダムに1つ表示する処理を作成してもらいました。
ランダムに表示する処理はスムーズに作ることが出来ていました。
今回は、ここで時間がきてしまい終了となりました。

次回は、最初から集中して進めていこうね!

最後はTくん。
Tくんは今回、前回に引き続きスクラッチの『紐くじ』に取り組んでもらいました。
前回、紐を引っ張る動作を作成していましたが、今回はまず、全部の画像が旗ボタンを押したときに最初の位置に戻るようにする処理を付けてもらうことにしました。

Tくんは今回、やる気をどこかに落としてきてしまったようで、なかなか集中して取り組むことが出来ませんでした。

あ「最初の位置を決めよう!位置を決めるのは画像を動かしてじゃなくて、旗が押されたときに必ず指定の位置に戻るようにだからブロックでだよ。」
T「…。」
あ「Tくーん。位置を決めて!位置を決めるときには何を使ってたっけ?」
T「わかんなーい。」
あ「わかんないの?じゃあ、復習しよう。」
T「いや。わかるわかる。」

あ「できた?」
T「…。」
あ「位置を決めるのはどれ?画像を動かしたときに何が変わるの?」
T「xとy。」
あ「そうだよ!両方変えられるブロックなかったっけ?」

とブロックを探し位置を決めていってもらったのですが、

あ「どう?」
T「半分ぐらいは出来た。」
あ「どれが出来たやつ?見せて?」

と確認をすると、同じ処理だからとコピーして使っていたため、位置の指定を変更していませんでした。
動かして画像が全て同じ位置にきてしまうことを確認してもらい、修正を行ってもらいました。
時間がかかりましたが、何とか全ての開始位置の設定が完了しました。

次に、景品をランダムに決める処理を考えてもらいました。

あ「ランダムにって時にはどのブロック?」
T「それはわかる。乱数。」
あ「そうだね。じゃあ、乱数を使って景品がランダムに決まるようにするには何から何までの乱数?」
T「1から4。」

と乱数を作るところまで作成し、今回は終了となりました。

次回は、しっかりやる気を抱えてきてね!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)