小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

池ちゃん先生に突撃インタビューしてみた プログラミングの先生ができるまで④〜(先生、やることになりました)〜

2021/05.26

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
アシスタントのさっちゃんです!

 

前回は池ちゃん先生のプログラミングができるようになったきっかけを教えてもらいました。

 

が、プログラミングができるようになっても当初は作る方が好きで、先生になる気配はなかった池ちゃん先生。

 

しかしそんな池ちゃん先生に転機が訪れます。

 

イフキッズの運営会社である当社、インフィニット・フィールドにて、2005年から新入社員の研修の研修担当になったからです。

 

しかも3か月で新入社員を一人前にしてほしいとの依頼を受けての先生デビュー!

 

はてさて、一体どうやって乗り切ったのでしょうか?

 

「ちなみに新入社員の方って少しくらいはプログラミングわかる方たちだったんですか?」

 

池ちゃん先生

「いや、全然。他業界で働いていたけど、ITをやりたい!という人を積極的に採用していたから。学歴も前職も関係なくね。

 

だから、高卒の人もいたし、大卒の人もいたし、フリーターの人もいたし、前職が大工さんっていう人もいたね。大工さんは今はうちにはいなくて、独立して会社を経営されているけれど、経営しながらもエンジニアの知識を活かして仕事をされているよ」

 

「ITまったく未経験の方を育てたわけですか・・・。すごい・・・」

 

池ちゃん先生

「いや、教えるの初めてだったし、こっちも教え方を教えてもらってると思ってたね。

 

毎日、現場帰りに本屋に通ってプログラミングの入門書を読んで、この言い方わかるかな、と研究して、実際にレクチャーして、わからないと思ったところを新入社員のみんなにフィードバックしてもらってね。

 

あとは、もう一人立ちしてプログラミングができる社員に講義を聞いてもらって、この言い方で伝わるかを検証したり」

 

「うわあ・・・」

 

池ちゃん先生

「でもそうやってやってて気づいたのは、入門書っていうのは世の中にいっぱいあるけれど、実践に即した問題集ないな!ということ。

 

大学にいたときも感じた、知識は入れられるけど出し方を示してくれるものがないなあ、みたいな。

 

なので、知識を使えるようにするための問題集を作り始めたんだ

 

「作った?!問題集を?」

 

池ちゃん先生

「作ったね。200問くらい。今もその問題集、新入社員に使ってもらってるけど、今は250問になったな。

 

いきなり難しいのだと萎えるし、だんだん難しくなるように難易度をランク付けした問題集にした」

 

「いやあ、でも200問って・・・。量、多くないですか・・・」

 

池ちゃん先生

「多い多い(笑)

当時もこの問題集渡して新入社員のみんなにやってもらってたけど、『量が多い』『池ちゃん先生が怖い』って言われた(笑)

 

ただまあ、これくらいやらないとやっぱり実践に対応できる力はつかないなあ、というところもあって」

 

「しかもそれ、作るだけじゃないですよね。実際に新入社員さんが解いたもの確認しないと力がついてるか見極められませんものね」

 

池ちゃん先生

「そうそう。だから赤ペン先生みたいなこともやってた。問題を解いてできてきたプログラムを全部チェックしたり」

 

「ペーパーテストチェックするよりしんどそうです・・・」

 

池ちゃん先生

「まあねえ(笑)

そのうち、『この問題、市販の入門書は解き方載ってないから、解き方の解説もつけてほしいです』って言われて」

 

「まさか、解説書も作ったんですか?!」

 

池ちゃん先生

「作ったよね(笑)ほしいって言われたし。

 

前半を文法解説、後半を実際にアプリケーションにこの文法をどう使うかを解説したもの、みたいな解説書をね。

 

あ、あれに似てる。ディアゴスティーニ。ほら、一冊一冊は薄いけど、やっていくと最終的には結構な難易度にたどり着くタイプの教育書。あの感じだね」

 

「す、すごい」

 

池ちゃん先生

「いや、すごいというか、最初からできたわけじゃなくて、新入社員のみんなや、他の社員のみんなに協力してもらいながら作っていったものだから。

 

協力してくれたみんなにありがとう、かな」

 

「実際のところ、3か月で新入社員をプログラマーにするミッションは成功しましたか?」

 

池ちゃん先生

「なにをもって成功かは難しいところだけど(笑)

 

でも、みんなちゃんと現場でプログラムを書けるようにはなったよ。他の会社に派遣された新入社員に聞くと、『他の会社から来ている新人プログラマーの中で自分が一番できるなって感じてます』って言う人も多かったし」

「ミッションクリアですね!!」

 

池ちゃん先生

「そうだね(笑)

このときのカリキュラムは今も生きているし、とてもやりがいのある経験をさせてもらったな」

 

「プログラミング、私でもできるようになりますかね?」

 

池ちゃん先生

「なるんじゃないかな? まあ、プログラミングは向き不向きも確かにあるけど、押さえておくべきところを押さえておけばできるようになるよ」

 

押さえておくべきポイントも気になりますが、プログラミングの向き、不向きも気になる。。。

 

ということで、プログラミングの先生から見た、プログラミングの向き、不向き、そしてどうすればプログラミングはできるようになるのかを次回、探っていきたいと思います!

 

どうぞ次回もお楽しみに!!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)