荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

荒川区の小学生プログラミング教室/
イフキッズアカデミー日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

お年玉の使い方、子どもと一緒に考えよう!

2018/01.3

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」の
池ちゃん先生です。

 

「お年玉」
大人にとってはあまり嬉しくなくても
子供にとっては大切なお正月の一大イベント!!


みなさんのご家庭では、
お年玉の管理はお父さんやお母さんが?

それともお子さん自身がされていますか?

「普段手にすることのない金額を子どもが管理するのは不安」
「正しいお金の使い方を学習させるために子どもに管理させる」
「教育資金として貯金」

 

などなど、ご家庭によって様々な意見に別れる事と思います。
家庭内のルールですから

どの意見にも正解も不正解もありません。

すでにされているご家庭もあるとは思いますが

こんな取り組みも参考にしてみてはいかがでしょうか。


1)子ども名義の通帳を作ってあげる
また子どもがお金を取られた!と錯覚しないように、

本人名義の通帳をつくって、そこにお金を貯めていくようにします。

通帳に金額が増えていくのを見て貯める楽しさを

覚えるかもしれません。

そして通帳は親が持っていて、子どもが使いたいときに

一緒におろしに行く。きょうだいのいる場合は、
子ども一人ひとりにわけてつくってあげてください。

 

2)お小遣い帳をつける

普段手にすることがない金額が一度に入るので、
気分も大きくなり日常なら買うことがないような物にまで

手を出してしまうかも。。。

お小遣い帳をつけることで

本当に必要で購入した物、無駄に使ってしまった物とが
明確にわかりますし、金銭感覚を身に付けることにつながるので

無駄使いを気をつけることができますね!

子どもが大きくなるにつれて

自分の意見を持つようになります。

その時に、お年玉の行方についても話題に出ることが

多いと思います。


親が子を思う意見と子どもの意見。
それぞれにありますので
しっかりと話し合いをして、
何が欲しいのか、どうして欲しいのか、

子供の気持ちを理解し、信頼してお金を

預けることも大切ですね!

 

 

無料体験授業実施中!

お申込みは、こちらから。
 

LINE@にお友だち登録すると、特典いっぱい!!

友だち追加

 

お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズアカデミー(IF Kids Academy)