小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】何を合計する?

2021/03.1

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜前半のレッスンを報告します。
※二本立ての一本目です。

本日の先生はたくちゃん先生、よしだ先生。
生徒はMちゃん(小4)とRFくん(小4)、Hくん(中3)、RYくん(小4)、Tくん(小1)でした。(イニシャルと学年がかぶったRくんは名字付きです。)

では、よしだ先生よろしくお願いいたします。

こんにちは!よしだ先生です。

今回私はMちゃん(小4)、RYくん(小4)、Hくん(中3)を担当しました。

それでは早速スタートです。

まずはMちゃん(小4)です。

前回セーブとロードの問題を途中まで解いてくれました。
今回はその続きからやっていきましょう。

セーブで現在の絵の座標を変数に保存してくれましたね。
「ロード」と入力したら保存した座標に移動するようにします。

まずはほかの命令と同じように「こたえ」が「ロード」のときというブロックを用意します。

次はここに座標を変えるブロックを入れますね。

M「どこに移動すればいいんだっけ?」
よ「問題文を見てみよう。どこに移動するって書いてある?」
M「セーブで保存した座標って書いてある。どこに保存したっけ?」
よ「変数に保存したよね。変数を使うブロックは分かるかな?」
M「オレンジのブロック!」

どこに座標を保存したか忘れてしまっていたMちゃんですが変数の使い方は覚えていてくれました。

ロードの機能を付けたら後は想定していない(右、左、セーブ、ロード以外)の命令を入力したときに「その命令は受けられない」と表示するようにします。
Mちゃんは「もし~でなければ」のブロックを使ってどの答えでもないときの処理を作ってくれました。

完成したのがこちら↓

そのぞれの命令と処理、そしてどの命令でもないときの処理が書かれていますね。

今回は入力した文字によって処理を分岐させる問題でした。
「もし~でなければ」のブロックは今後も良く使うので使い方を覚えておいてくださいね。

次はRYくん(小4)です。

RYくんには今回新しく静電気の問題に入ってもらいます。
下敷きで髪の毛を擦ると髪の毛が下敷きに吸い寄せられますよね。
それをプログラムで再現していきます。

左右の矢印キーで下敷きを動かし、動かした回数によって髪の毛が下敷きに吸い寄る時間を変化させます。

RYくんは変数を用意して下敷きを動かすたびに変数の数字を増やしていきました。
下敷きを上げた時に変数の数字を使って髪の毛が吸い寄る時間を決めるようです。

RYくんは特に詰まることなく課題を終わらせてくれました。
しかし、今日のレッスン時間はまだまだ余っているので追加の問題を出します。

よ「下敷きって一回擦っただけで髪の毛が吸い付くかな?」
RY「うーんくっつかない?」
よ「そうだね、ある程度擦らないと吸い付かないようにしてみよう」

RYくんは変数を増やして右に動かした回数と、左に動かした回数を別々にカウントしてくれました。
この二つの変数がそれぞれ5以上にならないと下敷きに吸い付かないようにしてくれました。

これで追加の問題も終わり今日のレッスンは終了です。

問題集も次回の問題で最後です。
引き続き頑張っていきましょう!

最後はHくん(中3)です。

プロフェッショナルコースのHくん、前回に引き続きSQLドリルを進めてもらいます。

今回は取得するデータのグループ化を行えるGROUP BY句について勉強をします。
グループ化することでデータの数を数える COUNT 関数やデータの平均を計算する AVG 関数などをグループ毎に行うことができます。

今回Hくんが苦戦してしまったのはSUMという合計を求める関数です。
問題では社員番号ごとにグループ化して、社員ごとの給料(AMOUNT)合計を求めるよう指示されています。

社員番号でGROUP BYを使うところまでは上手くいきましたが合計の計算が上手くできません。
SQL文を見せてもらうとHくんは合計を求める際にSUM(*)と書いていました。
*は全てのデータを意味しています。今回使用するテーブルには給料(AMOUNT)の他に社員番号と支給日、給料番号が入っています。
SUM(*)と書いてしまうとどれを合計していいかわかりませんよね。

今回求めたいのは給料の合計なのでSUM(AMOUNT)と書くことで合計を求めることが出来ました。

SUMやCOUNT関数はSQL以外にExcelなどでも同じように使うことが出来ます。気になるようだったら自宅のパソコンでExcelを開くと良い復習になるかもしれません。

この問題の後は特に詰まることもなくHくんは課題を進めてくれました。
次回は今回も使ったGROUP BY句の続きでグループ単位で集計した結果を絞り込む問題です。頑張っていきましょう!

よしだ先生ありがとうございました。
MちゃんはScratchで変数ともしブロックの練習中です。
変数を使うことで、ある時点の状況を保存したり、保存された情報を元に再現したりすることができるのですが、それを利用した問題を完成させてくれました。
今後もよく使うので、覚えておいてね。
次はRYくん。マッチ棒のシミュレーションの時は苦戦を強いられたRYくんでしたが、その後はいつもの安定感が戻りましたね。いよいよ最後の課題です。頑張ろうね。
最後はHくん。SQLを使ったデータベースの操作を学習中。グループ化と合計の組み合わせで詰まってしまったようですが、よしだ先生からアドバイスをもらったことで無事解決できたようです。よしだ先生も書いてくれていますが、Excelでも似たようなことができたりするので、試してみるといいかも!


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)