小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】壁を突破せよ!

2019/12.11

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30


今回は土曜日のレッスンをお届けします!

先生は、なべ先生とたくちゃん先生、ささい先生です。

急に寒くなった土曜の午前。
寒さにも負けず、生徒のみんなはやってきてくれました。

このレポートでは、ささい先生の担当した
Tくん(小2)、Hくん(小5)、Mちゃん(小2)の様子を
お伝えしていきます。

では、ささい先生よろしくお願いします!

こんにちは、ささい先生です!

まずはTくんから。

Tくんの今日のお題は、
前回に引き続き、クリエイティブの修了試験です。

今日の目標は、前回頑張って考えてくれたお話を
プログラミングして作り終わること。

まずはTくん、
タブレットに触れて前回の続きを見て思い出します。

ささ「どう?できそう?」
T「うーん、まだ。」
ささ「よし、頑張ってみよう!」

Tくんはここから、プログラミングをしていくのですが…

Tくんのイメージによると、
ポイントになるところは大きく2つあるように感じました。

まずは、たくさん降る”あるモノ”を1つずつプログラムするところ。
もう1つは、キャラクターがお話しするところ、です。

ではTくん、頑張ってプログラムしてみましょう!

どういう風にしたらイメージを実現できるか一生懸命考えながら、
途中、なべ先生やたくちゃん先生にもアドバイスを貰いつつ…

T「先生、出来ました!!!」
Tくんは、ついにお話を完成させてくれました!

その作品がコチラ↓

Tくんの発表の中にもあった工夫した点は、
“雨を何個も増やしたこと。”

本当に雨がたくさん降っている表現が素晴らしいですね!
1つ1つのプログラミングもしっかりされていますし、
カメが途中で「冷たい!」とお話しするところも良く出来ています!

よく頑張りました!
(余談ですが…何度か繰り返すと、
 カメが違う位置でお話しするところも見どころなんです。)

次回からはScratchのクラスにクラスアップします。
頑張っていきましょうね!

続いて、Hくん。

Hくんの今日のお題は、前回に引き続き、
スクラッチでガチャガチャを完成させることです。

前回、重要ポイントだった乱数と”もし~”の組み合わせを
今回は突破できるように頑張っていこうね!

まずHくんは、前回のプログラムを見て、
上手く動かなかった部分を洗い出します。

一通り見直したところで、先生と一緒に
①どのタイミングで乱数を決めるか。
②乱数が決まったらどうやってコスチューム(景品)を出せば良いか。
研究しました。

ささ「今、乱数で「2,3,4」のどれかの数が出ると決めました。ということは、出るパターンは3つだね?」
H「うん。」
ささ「じゃあ、その出たパターンで”もし~”を使って分けてみたら…」
H「そっか、”もし~”にすればいいんだ!」
ささ「そうそう。その”もし~”を使うためには、乱数の箱を用意して…」
H「あー!箱の数字で〇(数字)になったら、コスチュームを変えればいいんだ!」

お見事です!!!
乱数と”もし~”の組み合わせ方が頭の中で繋がったようです!

あとは、頭の中で組み上がったプログラムを組み込んで…クリア!

実物がお見せできればいいのですが、大人の事情でお見せできません。
すみません。

この勢いで、レア景品にも挑戦です。
この課題のポイントは「レア状態のプログラムのやり方」です。

そこでHくんは、「レアってどういうこと?」を先生と一緒に研究。

すると…「あ~!こうすればいいんだ!」と閃きが!

見事完成できました。1/10の確率でレア景品が出てきます。

いいですね~。

前回課題になった部分を見事クリアしてくれたHくん。
よく頑張りました!

次の閃きにも期待しています!

続いて、Mちゃん。

Mちゃんの今日の課題は、前回ちょっと触れた、
スクラッチで割り算をする問題の挑戦です。

割り算は、まだ習っていない部分ですが、
頑張ってクリアしていこうね!

まずは、先生と一緒に指を使いながら
問題の割り算がどういうことか掴んでいきます。

ささ「今、目の前に10本指があります。”÷2”するということは、この10本指を2グループに分けちゃうことです!じゃあ、1グループは何本ある?」
M「5。」
ささ「そうそう。ということは、答えはいくつになればいいと思う?」
M「5!」

Mちゃんは、どうすればいいか、少しずつイメージが沸いた様子。
あとは、プログラムでコレを表現してみましょう。

しばらくすると…「できた。」とお声がけが!

実際に実行してみると…、しっかりとクリア。
素晴らしいです!

続いて、()を使った計算にも挑戦。
ここもまだ習っていない部分のようでしたが、
イメージを先生と一緒に学び…

なんと、自分の力で()の問題をクリアしてくれました!
素晴らしいです!

今日はまだまだ止まらず…ランダムの問題にも挑戦。

乱数について、どのブロックを使えば乱数が出てくるか
なべ先生と一緒に学びました。

ココも問題なくクリア!いい調子です!

今回は、サクサクとクリアしてくれたMちゃん。
次は、乱数を使ってスプライトに動きをつけることに挑戦です。

頑張っていきましょう!

ささい先生、ありがとうございました。

Tくん、合格おめでとう。雨の演出は凝っていて、よかったです。
次からScratchなので、また頑張って覚えていこうね。

Hくんは、さえていましたねぇ。プログラミングには直感も大事。
今回覚えたことは今後も出てくるので、次も直感で完成させられるかな。

Mちゃんはまだ学校で習っていないことに挑戦中。ちょっとずつ、ちょっとずつマスターしていっているので、このペースでゆっくり出来るようになっていこう!。
学校で割り算が出てきたら、思い出してね。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週木曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)