小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【土】 ナイスシュート!

2019/12.17

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は土曜日のレッスンの模様をお届けしていきます!

先生は池ちゃん先生とささい先生。
生徒のTくん(小2)、Kくん(小6)、Aくん(小4)は、
元気な声で「おはようございます!」の挨拶とともにIFキッズ来てくれました。

それでは、元気にレポートスタートです!

こんにちは、ささい先生です!

まずは、Tくん(小2)から。

Tくんは本日から、
ロジカルコース「Scratch(スクラッチ)」のスタートです。

これから、色んな問題がでてきます。
1つずつクリアしていくことで、たくさんのコトが出来るようになります。
楽しみながら進めてみてくださいね。

まず第一歩として、
スクラッチの使い方を見ながら、操作に慣れていきます。

Tくん、パソコンに出てきたスクラッチの画面をみて、
「コレ見たことある!」と教えてくれました。

なにやら楽しそうな表情をしています。(笑


ちなみに、スクラッチでは日本語をローマ字で入力していきますが、
Tくんに色々と聞いてみると、パッと頭で変換できる様子。

自分の名前もシッカリと分かることを教えてくれました。
あとはパソコンのキーボードでたくさん入力して慣れていくだけですね!


さっそく、使い方を1ページずつ読みつつ、
ブロックを組み立てながら、丁寧に操作をしていきます。

集中して進めてくれたTくんは、なんと、

・ブロックを繋げると、プログラミング出来るということ。
・画像を追加できるということ。
・数字(や文字)は、取っておいて使うことが出来るということ。
・どんなときに動いてほしいか、決めることが出来るということ。

などなど、今日は色んなことを覚えてくれました!
よく頑張ってくれました!


途中、数字Aと数字Bを足し算する場面では、

ささ「AとBの箱(変数)同士の足し算になっているけど、コレは答え、何になるんだろうね?」
T「う~ん…。」
ささ「うんうん。じゃあさ、さっき箱Aと箱Bにはどんな数字を入れた?」
T「Aは4、Bは2を入れたよ。」
ささ「そうだね。そしたらその箱が1つになったら、数字はいくつになると思う?」
T「6?」
ささ「お!じゃあ、このプログラムも6になるか、動かしてみよっか!」

Tくん、さっそく旗マークをポチッと押します。
すると…、ねこのスプライト(キャラクター)が「6」と言ってくれました!

そこでTくん、あることに気付きます。
T「あれ、オレンジの名前の横(変数名のことです。今回はAとB)に4,2ってあるよ。そっか、 4と2の足し算をしたんだ! 」

そうです!
ブロックの組み立て中は、なんとなーくの理解だったものでも、
実際に動かしてみるとしっくりきた!ということが、たくさんあります。

Tくんは今回そんな体験をしてくれたように思います。


今日は、新しいことが盛りだくさんでした。

これから、「もしかしたら、前に使ったことあるアレかも…?」
なんて場面もでてくると思います。
そのときは、ゆっくり思い出しながら、やってみてくださいね。

それでは、次回の頑張りも期待しています!

続いて、Kくん(小6) 。

Kくんの本日のお題は「シュートゲーム」。

シュートゲームでは、
投げる強さを決めるゲージや当たり判定など様々な要素があります。
1つずつクリアしていきましょう!

Kくんの本日のお悩みポイントは、
「投げる強さを決めるバーの伸び縮み」です。

バーの伸び縮みのプログラミング方法は1つではありません。
が!実は、スクラッチでは、うまくいかない方法というのもあります。

前回バーの移動が出来るようになっていた、Kくん。
いきなり「う~ん。」と悩んでいます。

そこで、バーの伸縮方法を池ちゃん先生に相談しました。

すると池ちゃん先生から
池「その方法は、避けた方がいいかもしれないねー。」
と、アドバイス。
変数を使わずに、バーを上(最大)まで移動し、その後、バーを下(最小)まで移動していたのです。そのため、最大まで行って、最小に戻ってきたとき、ようやく次の指示に従ってくれるため、スペースキーで動いている途中にバーを止めたかったのですが、止まらなかったようです。

アドバイスをもらったKくんは、変数を使う方法に挑戦します。
ココは、頭を回転させ見事クリア!

いいですね~。
ヒントを参考にしつつ完成に向かってプログラムを作っていきます。

この後も、強さに合わせたボールの移動の設定、ボールの当たり判定、スコアの計算、そしてゲームクリア時の表示なども、試行錯誤しながらコツコツとこなしていき…見事完成!

よく頑張りました!
今回、答えではなく、ヒントを頼りに、試行錯誤しながらプログラムを作りましたので、覚えたことも多かったと思います。
次回以降で活かして欲しいなぁ。

さて、次は新しい課題に入っていきます。
次回も、粘り強い頑張りを期待しています!

ラストは、Aくん(小4)。

Aくんの本日の課題は、「レジ打ち」。
さっそく問題をみて、着々と作り上げていきます。
この課題はスーパーのレジを作ろうという内容。


チラッと様子をみてみると…、

A「みてください。」(バーコードリーダーで商品にタッチして、商品の金額を表示させます。)
ささ「おー、出来てるね~。でも…高いね!(笑」
A「そうなんです。とても高い魔法道具を売ってるんです。」

バーコードリーダーに商品が触れると、
ピッと音がなり、お値段もしっかりと表示されます。

が、かなりお高い魔法ショップに仕上がっていました。(笑
色んなショップがあっていいと先生は思います。

さて、お値段はさておき、
レジ打ちの課題をパパッと完了させてくれたAくん。
ここで池ちゃん先生からツッコミをくらっていました。

池「課題に、○○円と出してってなっているけど、数字しか出てないよ」

単にいくら?というところは出来ていたのですが、
指定されていた仕様が実現できていなかったのです。

突っ込まれたとはいえ、優しい内容だったので、あっという間に仕様通りに完成。

ココで止まらず、次の課題「静電気」にも挑戦します。
この課題は下敷きで頭を擦って、髪の毛が立つという現象をシミュレーションしてみようという内容。

矢印キーで下敷きを操作し、キャラクターの頭のあたりを擦ると、髪の毛が立ち上がるようにしてくれました。

A「できました~。」
ささ「おー!ちょっと見せてほしいなー。」

と、確認してみると…さすがです。出来ています!

ただ1つだけ!
下敷きを多く擦るほど、髪の立ち上がり時間が長くなるようにプログラミングしてくれたのですが、1本だけ惜しい!
長くならず早くなっていました。

そこで、それを伝えてみると…、
「あー、まって。そっか、こうすればいいんだ。」
と、アドバイスする間もなく自ら気付き修正をはじめ…

見事完成。
Aくんの勘の良さは、今日もエンジン全開でした!


さて次回は、また新たな課題に入っていきます。
いつも通り楽しみながら取り組んでみてくださいね!

ささい先生ありがとうございました。
Scratchを始めたTくんと、もうベテランになってきているKくん、Aくんのレッスンでしたが、三者三様に成長してくれてよかったぁと言うレッスンでした。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)