小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)

小学生・中学生向けのICT教室/
イフキッズプログラミング日暮里

03-6806-6861
(平日10:00~18:30)TOPへ戻る
メニュー
最近のブログ一覧




最近の生徒様の声


お知らせ一覧




タグ

【木1】みんなプログラミングカー上手だなぁ

2020/06.20

こんにちは!
キッズプログラミング教室「イフキッズアカデミー」
池ちゃん先生です!


※クラス分け
【火1】・・・火曜日16:00〜17:30
【火2】・・・火曜日17:40〜19:10
【木1】・・・木曜日16:00〜17:30
【木2】・・・木曜日17:40〜19:10
【土】・・・土曜日10:00〜11:30
【日】・・・日曜日10:00〜11:30

今回は木曜前半のレッスン模様を報告します!

先生はささい先生。
来てくれた生徒さんは、Mちゃん(小4)、Rくん(小4)、
Tくん(小1)、Hくん(中3)です。

では、ささい先生よろしくお願いいたします。

こんにちは、ささい先生です。
さっそくレポート始めていきます。

まずはMちゃんから。

クリエイティブコースのMちゃん、
まずはプログラミングカーからスタートです。

Mちゃん、さっそく問題を読むと
「えーっと、ここはこうで…こうやって…」と、
通るルートを順々に確認しながら進めていきます。

少しすると、「先生できました!」とお声が。

さ「お、早いね!見てもいい?!」
M「はい、いいですよー。」

Mちゃんの考えた道順を確認していきます。

………ばっちりです!
しっかり条件通りに動いてくれました。

この調子で次の問題も、スッとクリア。


続いてタブレットの問題に挑戦です。

本日のお題は「水族館」。
指定ブロックを使いつつ、
水族館の水槽をテーマにお話を作っていきます。

登場キャラクターを作り終えると、
Mちゃん、ここでお困りの様子です。

M「う~ん、お話は出来るけど、繰り返しをどこで使えばいいんだー(悩)」
さ「繰り返しも指定ブロックの1つだもんね。」

どうやら、繰り返しブロックを使うタイミングで悩んでいるようです。
そこでMちゃんの作成途中に作品を確認し、ちょっとした提案をしてみます。

さ「おー、今お魚が追いかけっこしてるね。」
M「うん、タッチ鬼って知ってる?」
さ「なんとなくわかるよー。」
M「それをやってるの。」
さ「そっかそっか。そしたら追いかけるところって、何度も追いかけっこしても良さそうじゃない?」
M「あー、ここで繰り返しか!」
さ「いいんじゃないかな?!」

追いかける場面で繰り返す様子がイメージ出来た様子のMちゃん。
すぐに取り入れていきます。

自分なりに工夫を更に加えて、
最後は見事完成させてくれました!

その作品がコチラ。↓

見事、お魚さんたちによるタッチ鬼が実現しました!
鮮やかな2匹のお魚たちが遊ぶ様子は微笑ましいです。

よく頑張りました!!

本日は、課題をクリアしたところでタイムアップ。
次回もこの調子で頑張っていきましょう!

続いてRくん。

クリエイティブコースのRくん、
まずはプログラミングカーからスタートです。

プログラミングカークリアまで残り3つ。

前回から難易度がグッと上がったプログラミングカー。
Rくん、今が頑張りどきです!

さっそく今日の課題に入ります。

R「ループを使う問題だ。」
さ「おー、そうだね。前回も使ったものだね。ちょっと頑張ってみよっか!」

まずは自分なりに、試行錯誤をしながら進めていきます。

しばらくすると…
何やら考え込んでいる様子のRくん。

さ「悩んでるねぇ。」
R「う~ん、難しい。使える向きと枚数が決まってるから、ループが必要なのはわかるけど、なかなか難しい。」

Rくんの話を聞いてみると、
クリアの糸口がなかなか見つからないところが
悩みの種になっていました。

そこで、一緒にヒントを模索していきます。

さ「まずは、単純に進むルートを紙で並べてごらん。」
R「うん、行き方はわかるよ。」
さ「お、いいねー。じゃあさ、そのルート、何か同じような動きしてる部分はないかな?」
R「う~ん。」

Rくんが教えてくれたルートを一緒に見ていきます。

さ「お、今おんなじ動きしたよね?次もそうじゃない?そしてその次も……この部分ループにしてみたらどうかな?」
R「あー。なるほどー。」

イメージがはっきりしてきたようで、
ここで再度、自力で挑戦していきます。

しばらくすると…「先生、できたかも。」とお声が。
早速、できたものを確認していきます。

ウィーン…ウィーン…。バッチリですね!

類似部分を見つけ出し、活かて進める部分を
しっかりと考え抜いてくれました!


この調子で、続いてタブレットに入ります。

R「あー、前回途中で終わってたところだ。」

Rの現在作成中の作品は、
プログラミングが作りこまれています。

今日はその仕上げですね!
頑張りましょう!

Rくんが最後に悩んでいたのは、
2つのキャラクターを一緒に動かしたいという部分でした。

R「お手紙が終わるまで次に行かないってことだったので、同時に動かすところで悩んでます。」
さ「そっかそっか。ちょっと見てもいいかな?」
R「はい。」

Rくんの作りこんだ作品を確認していきます。

すると、惜しい部分を発見!
ここでRくんに提案をしてみました。

さ「おー、いいところまできてるね。ちなみにお手紙はまだ使えるかな?」
R「えっと…(確認しながら…)まだ1,2こ使ってないので、それ使えると思います。」
さ「よし、そしたら○○の部分が終わったらお手紙渡して、2つのキャラクターが同時に受け取るのはどう?」
R「あー、一緒にやればいいんだ!」

提案をするとすぐに閃いた様子で、またまた作成に突入。
たくさん改良を重ねつつ、自分の理想に近づけていきます。

そしてついに…作品が完成!↓

かくれんぼで遊んだ3人は、みんなでご飯を食べます。
お腹いっぱいになった3人は、少し運動をしながら大きくなった身体を元に戻す…。

仲良し3人組の様子がしっかり伝わります!
よく頑張りました!

今回は、課題をクリアしたところでタイムアップ。
次回の作品も楽しみにしていますよ。

続いてTくん。

クリエイティブコースのTくん、
まずはプログラミングカーからスタートです。

前回は、ルートを決める紙を使わなかったTくん。

今回も「僕、使わないよ!」と、
強い向上心で課題に挑戦してくれました。

まずは最初の課題に取り組んでいきます。
前回に引続き、トンネル(一方向のみ通過可)が登場。

うまくできるかな?

T「ここはこうでしょ?次は…」
さ「お、動かして確かめながら進めてくれてるね!グッド!」

しっかりと動きを確認しながら進めていきます。

しばらくすると「できたよー。」とお声が。
さっそく確認です。

さすがです。
最初の課題をバッチリクリアしました。


次の問題にも挑戦したTくん、ここで始めて修正が出てきました。

T「できた!動かすよー。」
さ「うん、見るよ!(確認中…)お?今のところ…」
T「あ、ここ足りてなかった!」
さ「そうだったね、今足りてなかったところ自分でわかったね。そしたら、うまくいかなかったところからすぐ直せそうじゃない?」
T「うん!」

自ら、うまく行かない部分を探し当てたTくん。
もう一度動きを確認しながら、ルートを決めていき最後はしっかりクリア!
グッジョブです!


続いてタブレットに挑戦です。

お題は前回に引続き「水族館」。

前回までで1つ決められたブロックを使ってくれたので、
今日は残りの2つを組み込めば完成です!

T「う~ん、どうやろう。」
さ「まずはお話をもう少し考えてみたらいいんじゃない?せっかく2つのキャラクターがいるし、動いたり、会話したり…」

少し頭で整理している様子のTくん。
自分なりにお話作りを進めていきます。

T「ねえねえ。当たった時ってどうしたらいいかな?」
さ「何か始まるスタートにするといいかもねぇ。」
T「スタートって?」
さ「例えば、当たったら会話する、とかね。」
T「あー、できそう!」

ヒントを元に発想を得た様子のTくん。
イメージをブロックで表現していき…しっかり完成!↓

水槽を駆け回る2匹のお魚をまずは表現。
青いお魚がエンゼルフィッシュと出会うごとに、
挨拶するシーンがしっかり描けています!

よく頑張りました!

本日は、課題が終わったところでタイムアップ。
Tくんの次回作にも期待しています!

ラストはHくん。

プロフェッショナルコースのHくん、
本日の課題は「成績を個別に表示しよう」です。

前回の課題では、生徒の成績一覧を1つの表として表示させました。
今回は、その表を国語・数学・英語と3つの表として個別に表示させます。

Hくんがこの課題で一番ネックとなった部分は、
読み込んだデータをどの様に分けて表示させるかでした。

H「いやー、わからないです。」
さ「お手上げって感じだね。笑 ちょっと、見ていい?」

内容を確認してみると、
データを読み込んでリスト(データを保存する箱)に
入れることは出来ていました。

しかし、保存した箱からデータを1つ1つ
取り出すことが悩みの種となっていたのです。

さ「ここは一個一個取り出して、表示する必要があるところだね。これ、前の課題にヒントあると思うだ。」
H「リストビューかー。探してみます。」

Hくん、さっそく課題を探してきました。

さ「そうそう、ここだね。1つ1つのデータをリストビューに表示している例があるじゃない?これ参考にしてみようか。」
H「あー、なるほど。やってみます。」

例を参考に、Hくんしばらく取り組みます。

そのあとしばらく様子を見ていたのですが、
なかなか苦戦している様子。

そこでHくんに、1つ提案をしてみました。

さ「よし、そしたらインターネットでいい例がないか探してみようか。」
H「はい、やってみます。」

そこで、

・どんな風に検索したらいいか
・どんな言葉を打ち込めば効率的か

など、ポイントを伝えつつHくんに検索してもらいました。

前半戦は、このリサーチをしているところでタイムアップ。

後半戦では、いい資料がないか探しつつ
クリアに向けて解決策を見つけていきましょう。

ささい先生ありがとうございました。
久々にプログラミングカーが3台も活躍した回でした。最近はみんなクラスアップして、Scratchばかりなので。
Mちゃんはちゃんと決められたブロックをうまく話に組み込めたね。実現したいことと要求されたことのバランスがうまく取れていてすごく良かったです。
Rくんはうまく作り込めたね。お手紙をうまく使えているので、今後もいろいろと考えてみてね。
Tくんはかわいい作品ができあがりました。次回も楽しみにしています。
最後Hくんは、次回(木曜後半)に続くと。


ということで今回の報告は以上になります。
次回もお楽しみに!

無料体験授業実施中!
毎週火曜日 16:00~17:30、17:40~19:10
毎週土曜日 10:00~11:30、11:40~13:10
※木曜日、日曜日も臨時で実施していることがあります
 お気軽にお問い合わせください

お申し込み・お問い合わせは、こちら



お電話でも受け付けております。
03-6806-6861
(平日10:00~18:00)

イフキッズLINE@お友だち募集中!
新着授業レポートの通知、無料説明会やイベントの案内など、
耳よりな情報を配信中です。
加えて、お友だち登録されている方には、
イベント参加費の割引、
入会の際の割引、プレゼントなどの特典も!


友だち追加
   お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming) お問い合わせボタン|プログラミングスクール・習い事のイフキッズプログラミング(IF Kids Programming)